火曜日、2月15 2011 19:03

ILO 条約 - 施行手続き

このアイテムを評価
(1の投票)

ILO 条約を批准した国は、その規定を「有効にするために必要な措置を講じる」ことを約束します (ILO 憲章第 19 条 (5))。 政府が引き受けた義務を尊重するよう奨励するために、他の国や労働者および使用者の組織 (個人ではなく) が行動を起こす方法はいくつかあります。 組織は、十分な情報を記載した書簡を国際労働事務局長 (4 route des Morillons, 1211 Geneva 22, Switzerland) (ファックス番号 41-22-798-8685) に送信するだけで済みます。 ここに記載されている手順は、地域アドバイザーが実施するセミナーやワークショップなど、国際労働基準を推進するための ILO の活動によって補完されています。

第22条の手続き。 政府は、批准した条約の適用に関する報告書を国際労働事務局に提出しなければなりません(第 22 条)。 政府はまた、これらの報告書のコピーを国内の最も代表的な使用者および労働者の組織に提供する義務があります (第 23 条)。 これらの組織は、レポートにコメントを付けたり、手段の適用に関する追加情報を提供したりできます。 条約と勧告の適用に関する独立した専門家委員会 (CEARC) は、報告書と作成されたコメントを調査し、法律や慣行の変更を勧告したり、進歩の事例を記録したりするために政府にコメントを送信する場合があります。 CEARC は毎年、三者構成の国際労働会議に報告書を提出します。 会議は、本会議に報告する前に選択されたケースに対処するアプリケーション委員会を設置します。 会議の報告書は、各国政府に対し、ILO 条約を批准することによって引き受けた義務を尊重するよう訴え、時には「直接接触」ミッションを受け入れるよう促している。 .

第24条の手続き。 ILO 憲章のこの条文に基づき、「使用者または労働者の産業団体」は、ILO 加盟国が締約国である ILO 条約を順守しなかったと主張する表明を行うことができます。 受領できるようにするには、そのような組織からの陳述書が書面で提出され、ILO 憲章の第 24 条を参照し、関係する加盟国が条約の管轄内で効果的な遵守を確保できなかった点を示す必要があります。名前および/または番号) を批准しています。 その後、ILO 理事会は委員会を設置して、代表者の意見を審査し、コメントを求めて政府に通知し、理事会が発行を命じることができる報告書を作成することができます。 また、直接接触ミッションにつながる可能性もあります。 政府が第 24 条の表明の報告に基づいて行動しなかった場合、理事会は、ILO 憲章の第 26 条に規定された苦情手続きを開始することができます。

第26条の手続き。 ILO 憲章のこの条項は、批准した条約の遵守を確保できなかったとされる加盟国に対して、国際労働事務局に苦情を申し立てることを認めています。 苦情は、同じ条約を批准している別の加盟国、国際労働会議への代表(政府、使用者または労働者)、または ILO の理事会によって提出される場合があります。 統治体は、苦情を検討して報告する調査委員会を任命することができます。 その後、調査委員会の事実認定と勧告が公開されます。 推奨事項には、直接連絡先のミッションが含まれる場合があります。 調査委員会の勧告に関して意見の相違がある場合は、国際司法裁判所に苦情を申し立てることができ、その決定は最終的なものです。

結社の自由手続き。 結社の自由と団体交渉に参加する権利が ILO 加盟国の中心にあるため、ILO はこれらの権利の侵害を主張する苦情に対処するための特別な手続きを確立しました。 結社の自由に関する理事会委員会は、使用者または労働者の国内組織または国際組織が ILO 加盟国に対して行った苦情を調査し​​ます。これは、加盟国が結社の自由と団体交渉に関する XNUMX つの主要な ILO 条約を批准していない場合でも同様です。 この委員会はまた、政府がこれらの基本原則を確実に尊重することを支援するために直接接触ミッションを受け入れるよう勧告することもできます。

効果。 ILO には、職場の安全性を高めるよう命令する権限を与えられた警察や労働監督官は存在しませんが、各国政府は、ILO 条約を批准する際に引き受けた義務を履行するという嘆願に敏感です。 ILO の手続きの使用によってもたらされた世論の圧力は、多くの場合、法律と慣行の変更につながり、それによって労働条件の改善につながりました。

 

戻る

読む 7343 <font style="vertical-align: inherit;">回数</font> 26:先週の水曜日、10月2011 23 29で変更
このカテゴリの詳細: « 国際労働機関 国際標準化機構 (ISO) »

免責事項: ILO は、この Web ポータルに掲載されているコンテンツが英語以外の言語で提示されていることについて責任を負いません。英語は、オリジナル コンテンツの最初の制作およびピア レビューに使用される言語です。その後、特定の統計が更新されていません。百科事典の第 4 版 (1998 年) の作成。

内容