3バナー

 

26. のトピック 労災補償制度

章の編集者:  ポール・レイとミシェル・ルサージュ


 

目次 

テーブル類

業務関連疾患および職業病: ILO 国際リスト
ミシェル・ルサージュ

労働者の報酬: 傾向と展望
ポール・レイ

ドイツの傷害保険制度における予防、リハビリテーションおよび補償
ディーター・グレイナーとアンドレアス・クラニグ

イスラエルにおける労災保険と補償
ハイム・チャヨン

日本における労災補償
小木一貴と鈴木晴子

国別ケーススタディ: スウェーデン
ピーター・ウェスターホルム

テーブル類 

以下のリンクをクリックして、記事のコンテキストで表を表示します。

1. ILOの職業病リスト案
2. イスラエルの受給者
3. 日本での保険料率
4. 日本の企業、労働者、コスト
5. 日本の産業別給付金

1919 年、国際労働機関 (ILO) は創設の年に、炭疽菌は職業病であると宣言しました。 1925 年、労働者補償(職業病)条約(第 18 号)によって、最初の ILO 職業病リストが作成されました。 職業病は42つ挙げられていました。 第 1934 号条約 (18 年) は第 1964 号条約を改正し、121 の職業病のリストを追加しました。 1964 年、国際労働会議は雇用災害給付条約 (第 XNUMX 号) を採択しました。今回は別のスケジュール (職業病リスト) が条約に追加されました。これにより、新しい条約を採択することなくスケジュールを修正することができます ( ILO XNUMX)。

業務上疾病・職業病の定義

ILO の第 XNUMX 版では、 労働安全衛生百科事典、職業に起因する疾病(職業性疾病)と、労働によって悪化するか、または労働条件のために発生率が高い疾病(職業性疾病)を、労働者に影響を与える可能性のある病態と区別した。仕事とのつながり。 しかし、一部の国では、仕事に関連する病気は、実際には職業病である仕事に起因する病気と同じように扱われています。 職業病と職業病の概念は、常に議論されてきました。

1987 年、労働衛生に関する ILO/WHO 合同専門委員会は、 業務上疾病 認識されている職業病だけでなく、労働環境と仕事のパフォーマンスがいくつかの原因要因の1989つとして大きく寄与している他の障害を説明するのが適切かもしれません(ILO/WHO合同労働衛生委員会1964). 職業被ばくと特定の疾病との間に因果関係が存在することが明らかな場合、その疾病は通常、医学的にも法的にも職業上のものと見なされ、そのように定義されます。 ただし、すべての業務関連疾患を明確に定義できるわけではありません。 121 年の ILO 雇用災害給付勧告 (第 6 号) のパラグラフ 1(XNUMX) は、職業病を次のように定義しています。職業病としてのプロセス、取引、または職業。

とはいえ、仕事に関連した病気を特定するのは必ずしも簡単ではありません。 実際、何らかの形で職業や労働条件に関連している可能性のある病気は多岐にわたります。 一方では、本質的に職業的であり、一般に XNUMX つの原因物質に関連し、比較的容易に特定できる古典的な病気があります。 一方、職業との強い関連性や具体的な関連性がなく、原因物質の可能性が多数あるあらゆる種類の障害があります。

多因子の病因を伴うこれらの疾患の多くは、特定の条件下でのみ仕事に関連している可能性があります。 この主題は、1992 年 1993 月にオーストリアのリンツで ILO が主催した労働関連疾患に関する国際シンポジウムで議論された (ILO XNUMX)。 仕事と病気の関係は、次のカテゴリで特定できます。

    • 職業病、 職業と特定の、または強い関係を持ち、一般に原因物質が XNUMX つだけあり、そのように認識されている
    • 業務上疾病、複雑な病因を有するそのような疾患の発症において、作業環境の要因が他の危険因子とともに役割を果たす可能性がある複数の原因物質を伴う
    • 労働人口に影響を与える病気、仕事との因果関係はありませんが、健康への職業上の危険によって悪化する可能性があります。

         

        一般的な職業病の特定基準

        職業病の定義には、主に XNUMX つの要素があります。

          • 特定の作業環境および/または活動と特定の疾病効果との間の曝露-影響関係
          • これらの病気が、残りの人口の平均的な罹患率を超える頻度で関係者のグループに発生するという事実。

             

            曝露と影響の関係を明確に確立する必要があることは明らかです。(a) 臨床および病理学的データ、および (b) 職業的背景と仕事の分析は不可欠であり、(c) 疫学的データは、感染症の曝露と影響の関係を決定するために役立ちます。特定の職業病とそれに対応する特定の職業における活動。

            原則として、そのような障害の症状は、運動中に遭遇する物理的、化学的、生物学的またはその他の要因によって引き起こされる病理学的変化の知識に基づいてでなければ、職業病を診断できるほど十分に特徴的ではありません。職業。 したがって、問題の要因の作用過程に関する知識の向上、使用される物質の数の着実な増加、および使用される物質の質または疑われる物質の種類に関する知識の向上の結果として、それはより多くの、そしてより正確な診断が可能になると同時に、これらの疾患の範囲が広がります。 この分野の研究のブームと並行して、疫学調査の開発と改良は、曝露と影響の関係に関する知識を深めることに大きく貢献しており、とりわけ、さまざまな職業病の定義と特定を容易にしています。 疾病を職業起源として特定することは、実際には、臨床的意思決定または応用臨床疫学の具体的な例です。 病気の原因を決定することは正確な​​科学ではなく、利用可能なすべての証拠の批判的レビューに基づく判断の問題であり、次の点を考慮する必要があります。

              • 関連の強さ。 職業病とは、リスクへの暴露に関連して病気が明らかに実際に増加する病気です。
              • 一貫性y. さまざまな研究報告は、一般的に同様の結果と結論を示しています。
              • 特定のy. リスクへの露出は、罹患率または死亡率の原因を単純に増加させるのではなく、明確に定義された疾患または疾患のパターンをもたらします。
              • 適切な時間関係。 病気は暴露後、適切な時間間隔で続きます。
              • 生物学的勾配。 暴露レベルが高いほど、病気の重症度が高くなります。
              • 生物学的妥当性. 毒物学、化学、物理的特性、または研究されたリスクの他の属性について知られていることから、曝露が特定の障害につながることを示唆することは、生物学的に理にかなっています.
              • コヒーレンス. すべての証拠 (人間の疫学、動物研究など) の一般的な統合は、その広い意味で、一般的な常識の観点から、原因となる効果があるという結論につながります。

                           

                          リスクの大きさは、疾病が職業に起因するとみなされるかどうかを決定するために一般的に使用されるもう XNUMX つの基本的な要素です。 量的および質的基準は、職業病にかかるリスクを評価する上で重要な役割を果たします。 そのようなリスクは、その大きさ(例えば、物質が使用される量、暴露された労働者の数、さまざまな国での病気の有病率)の観点から、またはリスクの深刻さの観点から表現される場合があります。これは、労働者の健康への影響に基づいて評価される場合があります (たとえば、がんや突然変異を引き起こす可能性、毒性の高い影響を与える可能性、またはやがて障害につながる可能性など)。 職業病の有病率と重症度に関する数値は、症例報告とデータの収集と評価の手順が異なるため、慎重に検討する必要があることに注意する必要があります。 数値は概算にすぎないため、暴露された労働者の数についても同じことが言えます。

                          最後に、国際レベルでは、もう XNUMX つの非常に重要な要素を考慮に入れる必要があります。特定の数の国の法律でこの病気が職業病であると認められているという事実は、この病気を対象に含める決定の基礎となる重要な基準となります。国際リスト。 実際、多くの国で受益権を有する疾患のリストに含まれていることは、それが社会的および経済的にかなり重要であり、関連するリスク要因が認識され、広く遭遇していることを示していると考えられます.

                          要約すると、国際リストに追加される新しい職業病を決定するための基準は次のとおりです。この関係の特定の性質)、暴露された労働者の数またはリスクの深刻さに基づくリスクの大きさ、および疾病が多くの国のリストで認識されているという事実。

                          個々の疾患の識別基準

                          曝露と影響の関係(曝露と被験者の障害の重症度との関係)および曝露と反応の関係(曝露と罹患した被験者の相対数との関係)は、職業病を決定するための重要な要素です。疫学研究は、過去 8 年間の開発に大きく貢献してきました。 病気と職場での暴露との因果関係に関するこの情報により、職業病のより良い医学的定義を達成することができました。 したがって、以前はかなり複雑な問題であった職業病の法的定義が、ますます医学的定義に結び付けられるようになっているということになります。 被害者に補償を受ける権利を与える法制度は、国によって異なります。 労働災害給付条約(第 121 号)の第 XNUMX 条は、労働者に補償給付を受ける資格を与える職業病のスケジュールの形式に関するさまざまな可能性を示しており、次のように述べています。

                          各メンバーは、次のことを行うものとします。

                          1. 少なくともこの条約の付表 I に列挙された疾病を含む疾病のリストを規定すること。 また
                          2. その法律に、少なくともこの条約の付表 I に列挙された疾病をカバーするのに十分な広さの職業病の一般的定義を含めること。 また
                          3. (a)項に従って疾病のリストを規定し、職業病の一般的な定義によって、またはリストされていない疾病の職業上の起源を立証するためのその他の規定によって、または規定されたものとは異なる条件下で現れる疾病のリストによって補足する。

                          ポイント(a)は リストシステム、ポイント (b) は 一般定義システム or 総合補償制度 一方、ポイント (c) は一般に 混合システム.

                          リスト制度は、一定数の職業病しか対象にならないというデメリットがありますが、職業病と推定される疾病をリストアップできるというメリットがあります。 多くの場合、病気が被害者の職業に直接起因することを証明することは、不可能ではないにしても非常に困難です。 勧告第 6 号のパラグラフ 2(121) は、「反対の証拠が提出されない限り、そのような疾病の職業上の起源を推定すべきである」と示しています。 (所定の条件による). また、予防が必要な場所を明確に示すという重要な利点もあります。

                          一般的な定義システムは、理論的にはすべての職業病をカバーしています。 それは最も広範かつ柔軟な保護を提供しますが、病気の職業上の起源を証明することは被害者に任されており、特定の予防には重点が置かれていません。

                          一般的な定義と特定の疾患のリストとの間にはこの顕著な違いがあるため、混合システムは他の XNUMX つの利点を欠点なしに組み合わせているため、多くの ILO 加盟国に支持されてきました。

                          職業病一覧

                          第121号条約及び第121号勧告

                          ILO のリストは、職業病に関する政策の策定を調和させ、その予防を促進する上で重要な役割を果たしています。 実際、労働安全衛生の分野でかなりの地位を獲得しています。 予防できる病気や障害を明確に示しています。 そのままでは、すべての職業病が含まれているわけではありません。 多くの国の産業で最も一般的であり、予防が労働者の健康に最大の影響を与える可能性があるものを表す必要があります。

                          雇用とリスクのパターンは多くの国で大きく継続的に変化しており、疫学調査と研究を通じて職業病に関する知識が進化しているため、最新の知識の状態を反映してリストを修正および追加する必要があります。これらの病気の犠牲者に公平です。

                          先進国では、鉄鋼製造や坑内採掘などの重工業が大幅に縮小し、環境条件が改善されました。 サービス産業と自動化されたオフィスは、相対的に重要性が増しています。 労働力のはるかに大きな割合を占めているのは、外で働くことに加えて、家事を管理し、子供の世話をしている女性です。 これらの開発が女性にさらなるストレスを与える一方で、子供のためのデイケアの必要性が高まっています。 夜勤やローテーションシフト勤務が常態化。 あらゆる面で、ストレスは今や重要な問題です。

                          開発途上国では、重工業が急速に台頭し、国内および輸出のニーズに対応し、これらの急増する人口に雇用を提供しています。 農村部の人々は、雇用を求めて貧困から逃れるために都市に移動しています。

                          いくつかの新しい化学物質の人間の健康へのリスクは知られており、毒物学的および発がん性の発生率を目的とした短期の生物学的試験または長期の動物暴露に特に重点が置かれています。 ほとんどの先進国では労働人口の暴露はおそらく低レベルに制御されているが、他の多くの国では化学物質の使用についてそのような保証を仮定することはできない. 特に重要な例は、農業における殺虫剤と除草剤の使用です。 それらが短期的に作物収量を増加させ、マラリアなどのベクター媒介性疾患の制御を強化することは深刻な疑いの余地はありませんが、健康に大きな影響を与えずに使用できる制御された条件を明確に知りません.農業労働者またはそのように生産された食品を食べる人々の. 特定の国では、非常に多くの農業従事者がそれらの使用によって中毒になっているようです. 工業化が進んだ国でさえ、農場労働者の健康は深刻な問題です。 孤立と監督の欠如により、彼らは現実の危険にさらされています。 顕著な問題は、使用が禁止されていない国にこれらの化学物質を輸出するために、使用が禁止されている国で一部の化学物質の製造が継続されていることです。

                          先進工業国における閉鎖された近代的な建物とその中の電子事務機器の設計と機能は、大きな注目を集めています。 継続的な反復動作は、衰弱症状の原因であると広く考えられています。

                          職場でのタバコの煙は、それ自体が職業病の原因とは見なされていませんが、将来問題になる可能性が高いようです. 非喫煙者は、近くの喫煙者が放出する煙による健康被害の認識に対してますます不寛容になっています。 開発途上国でたばこ製品を販売しなければならないという圧力は、近い将来、前例のない病気の蔓延を引き起こす可能性があります。 非喫煙者がたばこの煙による汚染にさらされることは、ますます考慮されなければならない問題です。 一部の国では、関連する法律がすでに施行されています。 最も重要な危険は、さまざまな化学物質、感作物質、および感染症にさらされている医療従事者に関連しています。 肝炎とエイズは特別な例です。

                          すべての国で女性の労働力への参入は、職場要因に関連する生殖障害の問題の根底にあります。 これらには、女性が人間工学的負担を含む化学薬品や職場の要因にさらされた場合の不妊症、性機能障害、胎児および妊娠への影響が含まれます。 同じ問題が男性労働者に影響を与える可能性があるという証拠が増えています.

                          人口の変化とリスクのパターンの変化というこの枠組みの中で、リストを見直し、職業性であると特定された病気を追加する必要があります。 したがって、第 121 号条約に添付されたリストは、職業に起因するものとして最も広く認識されている障害と、健康に対する最も危険に関与する障害を含むように更新されるべきである。 これに関連して、121 年 1991 月にジュネーブで ILO により、第 1 号条約に追加された職業病のリストの改訂に関する非公式協議が開催されました。その報告書の中で、専門家は表 XNUMX に示す新しいリストを提案しました。 .

                           


                          表 1. 職業病の ILO リスト案

                           

                          1.

                          病原体による疾患

                           

                          1.1

                          化学薬品による疾病

                           

                           

                          1.1.1

                          ベリリウムまたはその毒性化合物によって引き起こされる病気

                           

                           

                          1.1.2

                          カドミウムまたはその有毒化合物によって引き起こされる病気

                           

                           

                          1.1.3

                          リンまたはその有毒化合物によって引き起こされる病気

                           

                           

                          1.1.4

                          クロムまたはその有毒化合物によって引き起こされる病気

                           

                           

                          1.1.5

                          マンガンまたはその有毒化合物によって引き起こされる病気

                           

                           

                          1.1.6

                          ヒ素またはその毒性化合物によって引き起こされる病気

                           

                           

                          1.1.7

                          水銀またはその有毒化合物によって引き起こされる病気

                           

                           

                          1.1.8

                          鉛またはその有毒化合物によって引き起こされる病気

                           

                           

                          1.1.9

                          フッ素またはその毒性化合物によって引き起こされる病気

                           

                           

                          1.1.10

                          二硫化炭素が原因の病気

                           

                           

                          1.1.11

                          脂肪族または芳香族炭化水素の有毒なハロゲン誘導体によって引き起こされる疾患

                           

                           

                          1.1.12

                          ベンゼンまたはその毒性同族体によって引き起こされる疾患

                           

                           

                          1.1.13

                          ベンゼンまたはその同族体の有毒なニトロおよびアミノ誘導体によって引き起こされる疾患

                           

                           

                          1.1.14

                          ニトログリセリン等の硝酸エステルによる疾患

                           

                           

                          1.1.15

                          アルコール、グリコールまたはケトンによって引き起こされる疾患

                           

                           

                          1.1.16

                          窒息剤によって引き起こされる病気: 一酸化炭素 シアン化水素またはその有毒な誘導体 硫化水素

                           

                           

                          1.1.17

                          アクリロニトライトが原因の病気

                           

                           

                          1.1.18

                          窒素酸化物による疾患

                           

                           

                          1.1.19

                          バナジウムまたはその有毒化合物によって引き起こされる病気

                           

                           

                          1.1.20

                          アンチモンまたはその毒性化合物によって引き起こされる病気

                           

                           

                          1.1.21

                          ヘキサンが原因の病気

                           

                           

                          1.1.22

                          ミネラル酸による歯の病気

                           

                           

                          1.1.23

                          医薬品による疾患

                           

                           

                          1.1.24

                          タリウムまたはその化合物による疾患

                           

                           

                          1.1.25

                          オスミウムまたはその化合物による疾患

                           

                           

                          1.1.26

                          セレンまたはその有毒化合物による疾患

                           

                           

                          1.1.27

                          銅またはその化合物による疾患

                           

                           

                          1.1.28

                          スズまたはその化合物による疾病

                           

                           

                          1.1.29

                          亜鉛またはその毒性化合物による疾患

                           

                           

                          1.1.30

                          オゾン、ホスゲンによる病気

                           

                           

                          1.1.31

                          刺激物による疾患:ベンゾキノンおよびその他の角膜刺激物

                           

                           

                          1.1.32

                          前項 1.1.1 から 1.1.31 に記載されていないその他の化学物質に起因する疾病で、当該化学物質への労働者の曝露と罹患した疾病との間の関連が確立されているもの。

                           

                          1.2

                          物理的要因によって引き起こされる病気

                           

                           

                          1.2.1

                          騒音による聴覚障害

                           

                           

                          1.2.2

                          振動による疾患(筋肉、腱、骨、関節、末梢血管または末梢神経の障害)

                           

                           

                          1.2.3

                          圧縮空気での作業によって引き起こされる病気

                           

                           

                          1.2.4

                          電離放射線による疾患

                           

                           

                          1.2.5

                          熱放射による病気

                           

                           

                          1.2.6

                          紫外線が原因の病気

                           

                           

                          1.2.7

                          極端な気温による病気(例、日射病、凍傷)

                           

                           

                          1.2.8

                          上記の項目 1.2.1 から 1.2.7 に記載されていないその他の物理的要因によって引き起こされた疾患で、この物理的要因への労働者の曝露と罹患した疾患との間の直接的な関連が確立されている場合。

                           

                          1.3

                          生物剤

                           

                           

                          1.3.1

                          汚染のリスクが特に高い職業で感染した感染症または寄生虫症

                          2.

                          標的臓器系別疾患

                           

                          2.1

                          職業性呼吸器疾患

                           

                           

                          2.1.1

                          硬化性鉱物粉塵(珪肺症、炭疽珪肺症、石綿症)および珪肺結核症によって引き起こされるじん肺。

                           

                           

                          2.1.2

                          硬質金属粉塵による気管支肺疾患

                           

                           

                          2.1.3

                          綿、亜麻、麻、またはサイザル麻の粉塵 (byssinosis) によって引き起こされる気管支肺疾患

                           

                           

                          2.1.4

                          認識されている感作物質または作業プロセスに固有の刺激物によって引き起こされる職業性喘息

                           

                           

                          2.1.5

                          国の法律で規定されている有機粉塵の吸入によって引き起こされる外因性アレルギー性肺胞炎

                           

                           

                          2.1.6

                          シデロシス

                           

                           

                          2.1.7

                          慢性閉塞性肺疾患

                           

                           

                          2.1.8

                          アルミニウムによる肺疾患

                           

                           

                          2.1.9

                          認識された感作物質または作業プロセスに固有の刺激物によって引き起こされる上気道障害

                           

                           

                          2.1.10

                          前項 2.1.1 から 2.1.9 に記載されていないその他の呼吸器疾患で、この病原体への労働者の暴露と罹患した疾患との間の直接的な関連が確立されている、病原体によって引き起こされたもの

                           

                          2.2

                          職業性皮膚疾患

                           

                           

                          2.2.1

                          他の品目に含まれない物理的、化学的、または生物学的因子によって引き起こされる皮膚疾患

                           

                           

                          2.2.2

                          職業性白斑

                           

                          2.3

                          職業性筋骨格障害

                           

                           

                          2.3.1

                          特定の危険因子が存在する特定の作業活動または作業環境によって引き起こされる筋骨格疾患。

                          そのような活動または環境の例としては、次のものがあります。

                          (a) 急速または反復運動

                          (b) 無理な努力

                          (c) 過剰な機械力の集中

                          (d) ぎこちない、または中立でない姿勢

                          (e) 振動

                          局所または環境の寒さがリスクを高める可能性があります。

                           

                           

                          2.3.2

                          鉱夫の眼振

                          3.

                          職業がん

                           

                          3.1

                          以下の薬剤によって引き起こされるがん:

                           

                           

                          3.1.1

                          アスベスト

                           

                           

                          3.1.2

                          ベンジジンと塩

                           

                           

                          3.1.3

                          ビクロロメチルエーテル (BCME)

                           

                           

                          3.1.4

                          クロムおよびクロム化合物

                           

                           

                          3.1.5

                          コールタールおよびコールタールピッチ; すす

                           

                           

                          3.1.6

                          ベータナフチルアミン

                           

                           

                          3.1.7

                          塩化ビニル

                           

                           

                          3.1.8

                          ベンゼンまたはその毒性同族体

                           

                           

                          3.1.9

                          ベンゼンまたはその同族体の有毒なニトロ誘導体およびアミノ誘導体

                           

                           

                          3.1.10

                          電離放射線

                           

                           

                          3.1.11

                          タール、ピッチ、瀝青、鉱油、アントラセン、またはこれらの物質の化合物、生成物または残留物

                           

                           

                          3.1.12

                          コークス炉排出量

                           

                           

                          3.1.13

                          ニッケル化合物

                           

                           

                          3.1.14

                          木材からのほこり

                           

                           

                          3.1.15

                          前項目 3.1.1 から 3.1.14 に記載されていないその他の病原体によって引き起こされたがんで、この病原体への労働者の暴露と罹患したがんとの間の直接的な関連が確立されている場合。

                           


                           

                          報告書の中で、専門家は、国際レベルでの社会保障給付の調和に貢献するために、リストを定期的に更新する必要があることを示しました。 ある国の基準が他の国の基準よりも低いことを推奨する道徳的または倫理的な理由はないことが明確に示されました。 このリストを頻繁に改訂するその他の理由には、(1) 仕事に伴うリスクの認識を高めることで職業病の予防を促進すること、(2) 有害物質の使用と闘うことを奨励すること、(3) 労働者を医学的監視下に置くことなどが含まれます。 職業病の予防は、労働者の健康の保護に関係する社会保障制度の本質的な目的であり続けています。

                          リストを次の XNUMX つのカテゴリに分類する新しい形式が提案されました。

                          1. 病原体(化学的、物理的、生物学的)によって引き起こされる疾患
                          2. 標的臓器系の疾患(呼吸器、皮膚、筋骨格)
                          3. 職業がん。

                           

                          戻る

                          水曜日、2月23 2011 20:56

                          労働者の報酬: 傾向と展望

                          労働者補償制度 (WCS) は、仕事に関連した怪我や障害を負った労働者に医療とリハビリテーション サービスの支払いを提供するために作成されました。 また、障害のある期間中、負傷した労働者とその扶養家族の収入を維持します。 それらは、組合員が資金に寄付を行い、その資金が、仕事中に負傷したために働くことができなくなった組合員に支払われる、ギルドやプロビデンス協会によって維持されたシステムの後にパターン化されました. 通常はわずかな貯蓄が使い果たされると、そのようなシステムのメンバーではない労働者にとって唯一の選択肢は、慈善団体に頼るか、雇用主に対して訴訟を起こすことでした. このような訴訟は、次のようなさまざまな理由でほとんど成功しませんでした。

                          • 従業員が必要な法的能力を発揮できないこと、および雇用主と比較してリソースが不足していること
                          • 負傷の原因となった事故は、雇用主の責任ではなく、労働者自身の不注意または過失の結果であるという雇用主の弁明を克服することの難しさ
                          • 労働者が、民事訴訟の裁定に必要となることが多い長い期間を待つことができないこと。

                           

                          WCS は、労働者が必要に応じて請求を提出し、特定の法域で WCS を作成する法律または規則で定義されているように、負傷/障害が「業務関連」であったことを示す情報を提供することのみを要求する「過失のない」システムです。 必要な財政支援は、政府機関によって蓄積された資金によって提供され、すぐに利用できます。 これらの資金は、雇用主への税金、雇用主が支払う保険料によって維持される強制保険メカニズム、またはこの XNUMX つのさまざまな組み合わせから得られます。 WCS の編成と操作については、Ison による前の章で詳しく説明しています。

                          過去 XNUMX 世紀にわたる法改正や規制改正によって対処されてきたギャップや欠陥にもかかわらず、WCS は、雇用の過程で負傷した労働者のニーズを提供する社会システムとしてかなりうまく機能してきました。 彼らの最初の焦点は、職業病よりも容易に特定できる事故(すなわち、職場または仕事での予期せぬ出来事)でした。 発生と負傷との関連は即時性があるため、職場との関係は、関連する法律や規制の枠組みの中で確立するのが多かれ少なかれ簡単になります。 その結果、安全組織は、特定の種類の傷害に関連する個人、仕事、および職場環境の種類を定義する事故の疫学を発展させようと試みてきましたが、多かれ少なかれ成功しています。 これにより、さまざまな種類の労働関連の傷害を研究し、その予防へのアプローチを特定することに専念する、かなりの規模の安全産業の発展につながりました。 雇用主は、予防可能な事故の費用負担を回避することを期待して、これらの予防措置を採用することを余儀なくされました。 これらのコストは、職場の混乱、生産的な労働者の一時的または永久的な喪失、雇用者が支払う労働者の補償税および/または保険料の増加という形で表されています。 追加の誘因は、労働安全衛生法が多くの国で可決されたことです。この法律は、雇用主が職場の検査とコンプライアンス違反に対するさまざまな形の罰則の使用を通じて適切な事故防止措置を採用することを義務付けています。

                          しかし、この取り決めは、職業病の分野ではうまく機能していません。 そこでは、職場の危険と労働者の病気との関係は、多くの場合、ばく露から初期の徴候や症状までの潜伏期間が長いことが多いこと、および労働者のライフスタイルや行動などの影響の交絡効果を反映して、はるかに微妙で複雑です (たばこの喫煙など)、仕事に関係のない病気の偶然の発症などです。 (ただし、後者は、特定の状況下で WCS の管轄下に置かれる可能性のある職場での曝露によって、影響を受けたり、悪化したり、促進されたりする可能性があります。)

                          この記事では、最初に、関連する XNUMX つの仮説の妥当性に焦点を当てます。

                          1. WCS は、補償された怪我や病気の事例から得られたデータの分析を通じて作成された適切な職場リスク評価に基づいて、予防プログラムを開発することができます。 と
                          2. WCS は、強力な金銭的インセンティブを提供できます (例: プレミアム格付けまたは ボーナスマルス) 効果的な予防プログラムを開始するよう雇用主を説得する (Burger 1989)。

                           

                          要するに、職場または職場でのリスクの性質と程度は、潜在的に有害な物質 (化学的、物理的、生物学的など) の存在などの変数を使用して労働者の報酬データを分析することによって導き出すことができます。関係する労働者、曝露時の状況(例、その性質、量および期間)、労働者に対する病態生理学的影響、結果として生じる疾患または機能障害の程度と可逆性、およびそのような事例の職種間の分布、職場と産業。 潜在的なリスクの特定と評価は、それらを排除または制御するためのプログラムの開発につながります。 これらのプログラムの実施は、労働関連の怪我や病気の減少につながり、労働者にとって有益であるだけでなく、雇用主が負担しなければならない直接的および間接的な経済的負担も軽減します。

                          補償されたケース、リスク評価、効果的な予防努力、および雇用主の財政的負担の軽減の間の関係は、通常信じられているほど単純ではないことを示すつもりです。 さらに、リスクに関する知識を向上させ、職場の安全性を高め、WCS により多くの正義を導入するために、産業医、弁護士、人間工学者によって提供された多くの提案について説明します。

                          研究結果

                          損害保険会社のデータベースの価値

                          Léger と Macun (1990) によると、事故データベースの価値は、安全性能の測定、事故原因の特定、および労働人口内のサブグループのリスクへの暴露をどの程度まで可能にするかに依存します。決定。 正確で効果的な事故統計は、雇用主、労働団体、政府検査官による効果的な事故防止プログラムの設計に大きな価値をもたらします。

                          どのようなデータがコンパイルされますか?

                          統計は、補償に関する法律および規則によって定義され、したがって WCS によって認識される事故および疾病に限定されます。 特定の国または法域内、異なる国および法域間、および時間の経過とともに、そのように認識されたケースには多くの変動があります。

                          たとえば、フランスでは、 国立安全研究所 (INRS) は、危険にさらされているセクターのリストと組み合わされた職業病のリストに基づいています。 スイスでは、職業病は LAA (傷害保険法) によって、職場の状況との関連性に応じて分類されています。 そこでは、XNUMX つのカテゴリが定義されています。最初のカテゴリでは、病気のリストを伴う有害物質のリストが提供されます。 XNUMX 番目のセクションでは、曝露と病気の間の強い因果関係の可能性を示したことに基づく病気のリストが提供されます。

                          労働災害の定義もさまざまです。 たとえばスイスでは、通勤中の事故は労働災害とは見なされませんが、作業活動に関連するかどうかに関係なく、職場で発生するすべての事象 (例: 昼食の調理による火傷) は「労働災害」の定義に含まれます。 」。

                          したがって、特定の法域で認識され集計される事例の数は、WCS の対象となる事故と疾病の関連する法的定義によって決定されます。 これは、1955 年から 60 年の間に職業病として認識されていた職業性難聴に関するスイスの統計によって示されている可能性があります。 それが認識されるやいなや、報告された症例の数が著しく増加し、身体的要因に起因する職業病の症例の総数に匹敵する増加がもたらされました. その後、数年にわたって、これらの症例の数は減少する傾向にありました。 これは、職業上の難聴がそれほど問題ではないという意味ではありません。 難聴は時間の経過とともにゆっくりと進行するため、これまで公式に認識されていなかった症例の最初のバックログが記録されると、毎年集計される新しい症例の数は、騒音曝露と難聴のリスクとの間の一定の関連性を反映していました. 現在、腱滑膜炎、上顆炎、回旋筋腱板の問題、手根管症候群などを含む、一般に「人間工学的障害」と呼ばれる筋骨格障害が最近公式に認められたことを反映して、物理的要因によって引き起こされる報告された症例数の顕著な増加が見られます。 .

                          事例の報告

                          すべての国で、仕事に関連していると考えられる事故や疾病の多くの事例が、故意または不作為によって報告されていないことは明らかです。 報告は通常、雇用主の責任です。 しかし、何人かの著者が示しているように、報告しないことは雇用主にとって有利かもしれません。労災保険料や税金が高くなる。 これは、労働時間の損失を伴わない場合、および職場で従業員の健康サービスによって治療される場合に特に当てはまります (Brody, Letourneau and Poirier 1990)。

                          職業上の負傷や疾病の事例を認識して報告し、患者に補償を受ける権利があることを通知することは、医師の責任です。 ただし、一部の症例は、健康問題の仕事関連の性質を認識していない一般開業医によって治療されているため、報告されていません. (ヘルスケアの職業上および法律上の側面に関する知識は、医学教育の不可欠な要素であるべきです。ILO などの国際機関は、すべての医療専門家の学部および大学院のトレーニングにそのような科目を含めることを奨励する必要があります。)一部の医師は、必要な事務処理の負担と、労働者の補償請求が争われた場合に行政手続きまたは聴聞会で証言する必要があるというリスクを受け入れることに消極的です. 一部の法域では、労災補償訴訟の法定または予定料金が医師の慣習的な料金よりも低いという事実が、適切な報告を妨げるもう XNUMX つの要因となる可能性があります。

                          事例の報告は、労働者が自分の権利と対象となる WCS についてどれだけ知っているかにも左右されます。 たとえば、ウォルターズとヘインズ (1988) は、カナダのオンタリオ州の高度に工業化された地域で、組合員と非組合員の 311 人の労働者のサンプルを調査し、「内部責任システム」の使用と知識を評価しました。 これは、従業員と雇用主が工場レベルで健康と安全の問題を解決することを奨励するために、現地の法律によって作成されました。 85% が自分の労働条件が自分の健康に害を及ぼす可能性があると感じている一方で、仕事に関連した健康問題のために仕事から時間を失ったと報告したのは XNUMX 分の XNUMX だけでした。 このように、自分たちの仕事が自分たちの健康に有害な影響を与えるという信念にもかかわらず、法律で規定されている権利とリソースを使用した人は比較的少数でした. 仕事を拒否したり、仕事の健康への影響を懸念したりする彼らの説明には、法律で定められた「内部責任システム」への言及がほとんど含まれていませんでした。 実際、彼らが報告した主な連絡先は、指定された安全衛生担当者ではなく、上司でした。

                          法律の認識は、労働組合に加入している労働者の間でより大きく、労働安全衛生に関連する行動をとることに関連していることがより多いことを研究者は発見した (Walters and Haines 1988)。

                          一方で、業務に関係のないけがや病気であっても補償を請求したり、復職できる状況にあるにも関わらず給付金を請求し続ける労働者もいます。 いくつかの研究は、リベラルな補償範囲が請求を提出するインセンティブになる可能性さえあることを示しています. Walsh と Dumitru (1988) によると、実際、「給付が改善されると、追加の請求や損害が発生する可能性があります」。 これらの著者は、背中の怪我 (米国の労働者の補償請求の 25% を占める) の例を使用して、「補償が賃金に匹敵する場合、労働者は怪我による休暇をより要求している」と指摘し、「システムは米国における障害補償の増加は、特定の種類の障害請求の頻度を増加させ、LBP からの回復の遅延に寄与している」と「補償要因は回復を遅らせ、症状を長引かせ、病気の役割の行動を強化する可能性がある」.

                          Judd と Burrows (1986) は、59 年間で 38% が「XNUMX か月以上仕事を離れており、XNUMX%半年以上。」 「医療および法律サービスは、このように高い確率で長期の無効状態をもたらす可能性があり」、「回復は、少なくとも補償の和解に関しては、被害者の最善の利益に反するように思われる」ことが示唆されています。

                          事件の許容性

                          上記のように、国の統計は、ケースの種類の許容性の変化を反映しています。 例としては、スイスの難聴の場合のように、補償可能な病気のリストに新しい病気を追加することが含まれます。 南アフリカでの賃金表の制限の変更のように、新しいタイプの労働者への適用範囲の拡大。 新しいタイプのビジネスへの適用範囲の拡大。

                          事故とは異なり、職業病は容易に補償されません。 少なくとも 1995 か月の仕事を失った労働者の大規模なサンプルに関する調査が、フランス語圏のスイスで実施されました。 事故は大部分が仕事に関連するものとして受け入れられ、迅速に補償されることが確認されましたが、受け入れられた病気の割合はごくわずかでした (Rey and Bousquet 1995)。 病気の場合の最終結果は、医療費を支払うのは WCS ではなく、患者の健康保険です。 これは、雇用主のコストを増加させません (Rey and Bousquet 1989; Burger XNUMX)。 (米国のように、雇用主が一般的な健康保険の費用も負担する場合、WCS が許可する費用は民間の医療提供者が請求する費用よりも低いことが多いため、費用はさらに高くなる可能性があることに注意してください。 )

                          Yassi (1983) は、トロントで開催された Weiler 教授の講義に関するレポートを書きました。 Yassi が引用した Weiler の発言の一部は、ここで言及する価値があります。

                          労災補償法は、事故による障害の補償にはかなりうまく機能しましたが、これは職業病については言えません。一方、事故による負傷の最も困難なケースでさえ、小切手は 2 か月ほどで郵送されました。がんの請求を裁定するための平均時間は約 50 か月です (呼吸器疾患の請求と同じです)。 傷害に対する請求のごく一部のみが拒否されます (約 XNUMX%)。 対照的に、重篤な疾患に対する請求の却下率は XNUMX% をはるかに超えています。

                          特に印象的なのは、職業性がん症例の過小報告です。「職業性がんの推定数の 15% 未満が理事会に報告されています」

                          病気と仕事の間の因果関係を証明する必要性 (例えば、認識された毒物、または容認されたリストに載っている病気) は、補償を受けようとする労働者にとって大きな障害です。 現在、ほとんどの先進国では、WCS が補償する職業病は全体の 10% 未満であり、これらのほとんどは皮膚炎などの比較的軽度の病気です。 そして、最終的に補償される 10% のほとんどでは、補償可能性に関する基本的な問題が最初に訴訟を起こさなければなりませんでした (Burger 1989)。

                          問題の一部は、特定の法域における法律が、職業病の補償に対して「人為的な障壁」と呼ばれるものを作り出していることです。 これらには、たとえば、補償対象となるためには、病気が職場に固有のものであり、「日常生活の病気」ではない必要がある、特定の病気のスケジュールに記載されている、感染症でないという要件が含まれます。病気の主張は、病気の存在が認識された時ではなく、暴露された時から始まる制限期間内に提出されなければならない(Burger 1989)。

                          もう 1989 つの抑止力は、多くの職業病の原因が多因子性であるという認識の高まりです。 これにより、職業上の曝露が病気の原因であると特定することが困難になる場合があり、逆に、労働者の主張を否定する人々が、職業以外の要因が原因であると主張することができます. 排他的な職場の因果関係を証明することの難しさは、障害のある労働者にしばしば圧倒的な立証責任を負わせてきた(Burger XNUMX)。

                          Mallino (1989) は、補償に向けた人工バリアの科学的側面について論じ、次のように述べています。

                          これらの人工バリアのほとんどは、現代医学とはほとんど、またはまったく関係がなく、ほとんどの職業病は本質的に多因性であり、最初に暴露されてから実際に病気が現れるまでの潜伏期間が比較的長いと結論付けられています。

                          外傷や死亡のほとんどの場合、原因と結果の関係は明らかです。労働者がプレス機で手を失ったり、足場から落ちたり、穀物エレベーターの爆発で死亡したりします。

                          仕事関連のがんなど、これらの病気の多くでは、特定の原因を特定し、それを特定の職場での曝露または一連の曝露に具体的に関連付けることは、不可能ではないにしても困難なことがよくあります.

                          さらに、リスクに直面する平等は存在せず、補償されたケースのみに基づいて職業上の危険の程度と性質を評価することは非常に問題があります。 個々の雇用部門における過去の報酬経験は、通常、保険会社が雇用に関連するリスクを評価し、雇用主に課される保険料を計算する際の基礎となります。 これは、鉱業や林業などの産業が危険であることが知られているにもかかわらず、予防プログラムのインセンティブをほとんど提供しません.

                          しかし、より実り多いのは、Morabia (1984) が論じた「均質なグループ」の概念です。 セクター間で同様の労働者をグループ化すると、リスクは業界の種類よりもスキルレベルに関連していることが明確に示されます。

                          労働災害に直面している労働者間の不平等

                          リスクの不平等は、いくつかの変数によって測定されます。

                          スキルレベルの影響

                          熟練労働者と非熟練労働者の間のリスク曝露の違いは、企業の生産の種類とは無関係であり、職場の種類と有毒物質への曝露だけに限定されません (Rey and Bosquet 1995)。 たとえば、カナダでは、Laflamme と Arsenault (1984) は、さまざまなカテゴリの生産労働者の間での事故の頻度がランダムに分布していないことを発見しました。 労働力の少数派である熟練度の低い肉体労働者が、最も高い割合の事故に見舞われました。

                          さらに、怪我も偶然に配布されたわけではありません。 熟練していない出来高払いの労働者では、腰椎損傷の頻度が他のグループや他の場所よりも高くなっています。 Laflamme と Arsenault (1984) によって記述されたタイプの労働組織における未熟練労働者は、危険因子を集中させた。 他のグループの労働者とのリスクエクスポージャーの違いは、予防措置が熟練労働者に集中する可能性が高いという暗黙の「政治的」態度のように見えるものによって悪化しました。その中にリスクが集中していた。

                          実務経験の効果

                          最も脆弱な労働者は、新しく雇用された場合でも、頻繁に転職する場合でも、仕事の経験が最も少ない労働者です。 たとえば、INRS と CNAM からのデータ (コンセルヴァトワール ナショナル デ ザール エ メティエ) フランスでは、派遣労働者の事故率が正社員の 2.5 倍であることを示しています。 この違いは、基本的な訓練を受けていないこと、特定の仕事の経験が少ないこと、およびその仕事に対する準備が不十分であることが原因です。 実際、研究者は、非正規雇用労働者の大部分は、効果的な予防プログラムなしに職場で高いリスクにさらされている経験の浅い若い労働者の集団を代表していると指摘しています。

                          さらに、事故は雇用の最初の月に最も頻繁に発生します (François and Liévin 1993)。 米海軍は、陸上勤務の人員の負傷の発生率が最も高いのは、仕事の最初の数週間の間に発生したことを発見しました. すべての入院の約 35% は、新しい仕事の割り当ての最初の月に発生しました。 その後、この頻度は急激に減少し、割り当ての時間が長くなるにつれて減少し続けました。 同様の傾向が海上勤務の人員にも見られたが、率は低く、おそらく海軍での勤務時間が長かったことを反映している (Helmkamp and Bone 1987)。 著者らは、彼らのデータを、国家安全評議会の米国労働統計局からの 1979 年のレポートのデータと比較し、同様の結果を見つけました。 さらに、彼らは、上記の現象が年齢の増加とともにわずかに変化するだけであることを指摘しました. 若年労働者は、上記の理由で事故のリスクが最も高くなりますが、「仕事に慣れていない」要因は、すべての年齢層で依然として重要です。

                          賃金制度の種類の影響

                          労働者への支払い方法は、事故の頻度に影響を与える可能性があります。 Berthelette (1982) は、インセンティブ賃金に関する出版物を批判的にレビューし、出来高払い方式の賃金は事故のリスクが高いと指摘しています。 部分的には、これは「手抜き」をして仕事のリスクを無視するインセンティブ、過労、および疲労の蓄積によって説明できます。 出来高払いインセンティブのこの負の効果は、家具産業における Laflamme と Arsenault (1984) によっても、他の産業活動における Stonecipher と Hyner (1993) によっても認識されました。

                          「健康労働者効果」(HWE)

                          仕事による健康への有益な影響と、失業による健康への悪影響については、十分な証拠があります。 ただし、HWE は、仕事が健康に良いことを暗示しているわけではありません。 むしろ、労働人口が人口全体よりも健康であることを意味します。 これは、慢性疾患、重度の身体障害者、または年を取りすぎている人が仕事を見つけて保持することが困難であり、仕事のリスクに対処する能力が最も低い人はすぐに仕事を放棄せざるを得なくなり、最も健康な労働力が残されるという事実を反映しています。そして最も適した労働者。

                          HWE は、疫学者によって、人口全体の死亡率または罹患率と比較した労働者の死亡率以下 (または、罹患率以下) として定義されています。 企業を病気の研究の場として利用する疫学者にとっては、そのような影響を最小限に抑える必要があります。 Choi (1992) は、HWE に関する記事の中で、この選択バイアスを宣言する理由だけでなく、方法も検討しています。

                          エルゴノミストの観点からは、職業上のインセンティブの欠如や自分の仕事の要件を満たしていないことへの恐れなどの職業的要因に加えて、経済的資源の低下や家族の問題などの非職業的要因も問題になる可能性があります。 . 労働者が仕事を始めてから数日または数週間という非常に早い段階で自主的に仕事を辞めた場合、年齢のために労働者が仕事の要求に対応する能力が低下している可能性を考慮する必要があります。

                          たとえば、年齢とともに腰痛 (LBP) の発生率が減少することは、高齢の労働者が必ずしも腰痛に対する耐性が高いことを意味するものではありません。 代わりに、腰痛の素因を持つ人 (例えば、解剖学的欠陥、筋肉の質が悪い、および/または体調が悪い人) は、悪い背中が重いものを持ち上げるのに適していないことを発見し、他の種類の仕事に移行したことを示唆しています (Abenhaim およびSuissa 1987)。

                          Abenhaim と Suissa による研究では、背中の痛みのために少なくとも 2,532 日仕事を失った 74 人の労働者のサンプリングから、ケベックの労働者補償委員会からデータが得られました。 欠勤日数が 11.1 か月未満の有償労働者の 7.4% は休業日数の 68.2% を占め、0.1 か月以上休業した労働者の 73.2% は休業日数の 76% を占めました。 後者のグループの労働者 (労働力の 125%) は、医療費の 1981% と補償および補償金の支払いの 45,000% (総額 85 億 XNUMX 万ドル (XNUMX 年)) を負担していました。これらの費用はそれぞれ約 XNUMX カナダ ドルかかりました。男性に見られる高い発生率 (症例の XNUMX%) は、背中の怪我の可能性が高いタスクに男性の人口が多いことで説明できます. 男性の脆弱性が高いなど、他の説明はあまりありそうにありません.または補償請求を提出する男性のより大きな割合. Abenheim と Suissa は次のように述べています。

                          加齢による背中の痛みの増減パターンは、おそらく健康な労働者効果によるものです。 労働者は 45 歳になる前に背中を脅かす仕事に就く可能性が高く、高齢になるとこれらの仕事を辞める可能性が高い.この研究の結果は、この種の医療の大部分を費用は、「客観的な徴候がない」背中の痛みによる「管理されていない」複数の期間の欠勤によるものです。 より社会的に重要なケースは、長期間の欠勤と重度の医療支援を受けている人々の中にあります。 予防と労働安全衛生政策は、この発見を心に留めておくべきです。

                          簡単に言えば、労働災害と疾病の統計を集計する際に考慮されていない多くの要因が、データの基本的な基盤を修正し、労災補償当局やその他の人々が到達した結論を完全に変える可能性があります。 これは、特定のハザードを制御するプログラムを設計し、その実施の緊急性をランク付けするための基礎としてこれらのデータを使用する人々にとって特に関連性があります。

                          人生と仕事の出来事; ストレス

                          ストレスは、仕事関連の怪我や病気の原因となる主要な要因です。 職場でのストレスは、仕事から生じるか、家庭や地域社会での生活から職場にもたらされるかに関係なく、行動、判断、身体能力、協調に影響を与え、事故や怪我につながる可能性があり、その証拠が増えています。免疫系に影響を与え、病気にかかりやすくなる可能性があります。 さらに、ストレスは、リハビリテーション療法への反応だけでなく、残存障害の程度と期間にも大きな影響を与えます。

                          Helmkamp と Bone (1987) は、陸上勤務から海上勤務へ、およびその逆の直後の数週間の事故率の増加を説明しようとして、移行と生活パターンの変化によって生じたストレスは、寄与要因。 同様に、Von Allmen と Ramaciotti (1993) は、慢性的な背中の問題の発症における仕事関連および仕事外の心理社会的要因の両方の影響を指摘しました.

                          航空管制官を対象とした 27 か月間の前向き研究では、社会的ストレスのレベルが事故の発生と劇的に関連していました。 高レベルのストレスを報告した 25 人の労働者の研究グループの 100% は、低ストレス レベルを報告した労働者よりも 69% 高い総罹患率を示し、80% 高い怪我を負う可能性がありました (Niemcryk et al. 1987 )。

                          したがって、少なくとも米国では、職業上のストレスが障害の原因であるとする労働者の補償請求が急増していることは驚くべきことではありません。 そのような請求は多くの法域でまだ許可されていませんが、その増加率は、手根管症候群やその他の人間工学的障害などの反復性損傷に対する最近の請求の急増によっておそらく超えられています.

                          申し立てられたストレスに基づく請求は、上記の補償に対する「人為的な障壁」の別の例を提供します。 たとえば、米国の一部の法域 (主に個々の州) では、ストレスに基づく請求を一切受け付けていません。一部の法域では、ストレッサーが突然、離散的、恐ろしい、または衝撃的な出来事である場合にのみ請求を受け入れます。 「異常」であること(つまり、日常生活や仕事のストレスを超えていること)。 一部の司法管轄区では、ストレス クレームがその実体に基づいて裁定されることを認めていますが、法令や判例法がガイドラインを構成するのに十分な一貫性をまだ確立していない司法管轄区もあります。 したがって、労働者がストレスに基づく請求で勝訴する可能性は、請求の本案と同様に、請求が提出され裁定される場所の要因となるようです (Warshaw 1988)。

                          リスクの認識

                          雇用主が労働条件の改善を決定する前に、また労働者がより安全に働くことを選択する前に、警戒すべきリスクがあることを彼らが確信しなければなりません。 これは個人的に認識されなければなりません。 「教科書の知識」はあまり説得力がありません。 例えば、労働組合に加入していない労働者は、潜在的な労働災害について不平を言う可能性が低い(Walters and Haines 1988)。

                          リスクテイク、つまり職場で危険を受け入れる個人の意欲は、組織の文化に大きく依存します。 危険を冒すことを奨励する無礼な態度 (Dejours 1993) や、より慎重なアプローチ (Helmkamp and Bone 1987) を見つけることができます。

                          事故率が低く、労働者が重大な事故を目撃したことがない場合、特に労働者が潜在的な危険に注意を払うための労働組合がない場合、事実上、リスクの否定が行われる可能性があります。 一方、労働者が重傷や死亡のリスクを認識している場合、追加の危険手当を要求する場合があります (Cousineau、Lacroix、および Girard 1989)。 したがって、意図的なリスクテイクは、余分な支払いに対する欲求または必要性によって刺激される可能性があります。

                          職場でリスクを負うことに対する態度は、一般的に、私生活における予防に対する労働者の態度を反映しています。 Stonecipher と Hyner (1993) は、サラリーマンは、教育水準が低く、低賃金である傾向のある賃金労働者 (時給ベースで支払われる) と比較して、健康診断プログラムへの参加と健康的なライフスタイルの追求のレベルが有意に高いことに注目しました。 したがって、上記のように、事故や怪我の発生率が高くなりやすい低技能で低賃金の労働者は、たばこやアルコールの過度の使用にふける可能性が高く、食習慣が悪く、利益を得る可能性が低くなります。予防医療サービスの。 その結果、彼らは二重の危険にさらされているように見えます。

                          企業内の組織文化とリスク レベル

                          企業の組織文化の特徴は、職場でのリスクの認識に影響を与える可能性があり、したがってリスクを管理するための行動に影響を与える可能性があります。 これらには以下が含まれます:

                          企業規模

                          労働災害や疾病のリスクは、企業の規模に反比例します。 たとえばスイスでは、ハイテク産業以外の小規模な企業 (従業員が XNUMX 人まで) が、CNA によって認識されている職業病の症例の非常に高い割合を占めています (Caisse nationale suisse d'assurance en cas d'accidents—スイスの国家事故保険会社)。 大企業とは対照的に、これらの小さな店は、最も訓練された、最も経験豊富な、健康の観点から最も勤勉な労働者を採用する機会が少ない. それらの所有者と管理者は、職場の危険について知識がなく、それらに対処するための時間と資金を持っている可能性が低くなります. 彼らが検査を受けることはめったになく、彼らが必要とするかもしれない技術支援や専門家サービスへのアクセスを得ることは、大規模な対応者よりも困難である(Gressot and Rey 1982)。

                          責任の拒否

                          スイスでは、雇用主は労働者の安全に責任を負い、労働者は職場で確立された安全システムを遵守する必要があります。 残念ながら、法律と現実は同じではありません。 100人以上の従業員がいるスイスの職場を調査したところ、関係者のそれぞれが事故の責任を否定し、相手を責める傾向があることが明らかになりました。 このように、雇用主は従業員のアルコール依存症や安全規則の無視を犯人として指摘し、従業員は職場の不備と効果のない管理を非難した。 さらに、保険会社によって最も危険であると評価された業界は、リスクを過小評価する傾向があります (Rey et al. 1984)。

                          損害賠償訴訟の防止により、雇用主のコストが削減されます

                          理論的には、WCS は、効果的な予防プログラムを首尾よく実施し、労働者の補償税またはそれらに課される保険料を引き下げることによって、怪我や病気の頻度と重症度を下げることに成功した雇用主に報いるように設計されています。 しかし、この仮説は多くの場合、実際には検証されません。 予防プログラムの費用は、大幅な賃金上昇があった期間中の総給与のパーセンテージに基づいて保険料が支払われる場合は特に、保険料の削減額を超える可能性があります。 さらに、特定の業界の企業グループの経験を反映する「手動」料金を支払う小規模な組織とは対照的に、保険料率が個々の企業の経験に基づいている可能性がある非常に大規模な組織でのみ、削減が意味を持つ場合があります。または地理的領域。 後者の場合、XNUMX つの企業の改善は、グループ内の他の企業の不利な経験によって相殺される以上のものになる可能性があります。

                          また、事故や負傷の数と重症度は減少する可能性がありますが、特に先進国では、医療費の高騰と障害に対するより寛大な支払いにより、保険料が押し上げられているという現実もあります。

                          理論的には(そしてこれはよくあることですが)、予防プログラムのコストは、改善された補償経験が持続するにつれて保険料の「リベート」を継続し、仕事に関連する怪我や病気の間接的なコストを回避することによって回収されます. 後者は、職場の混乱、欠勤、および生産性の低下という観点から表現される場合があります。 これらは、労災補償の費用よりも大きくなる可能性があります。

                          雇用主と経営者の態度

                          ほとんどの雇用主は、従業員の健康と福利厚生について真剣に懸念しており、多くの大規模な組織では、この懸念が正式なポリシー ステートメントで明示的に述べられていることがよくあります。 しかし、あまりにも多くのマネージャーが、昇給や賞与、組織内での昇進に関して、自分自身のステータスを気にかけています。 怪我や病気の数を抑えるための賞やその他の表彰をめぐる組織のセグメント間の競争は、事故の隠蔽や労働者の補償請求の拒否につながることがよくあります。

                          重要な要因は、予防プログラムには、特にスタッフの時間と労力、およびコンサルタントの費用など、お金やその他のリソースの先行投資が必要ですが、その見返りはしばしば、無関係なまれなイベントによって遅れたり、隠されたりすることです. これは、企業が財政的に逼迫し、支出を抑制または削減しなければならない場合に、重大な障壁となります。 支払いの遅れは、会計年度またはその他の会計期間の終わりに業績が「収益」によって判断されるプラント管理者やその他の役員にとっても重大な問題になる可能性があります。 このような幹部は、組織内でより高い地位に昇進するまで安全プログラムへの投資を延期し、この問題を後継者に任せたいという誘惑にかられる可能性があります。

                          労使連携

                          労使の協力は、仕事に関連した怪我や病気を防ぐためのプログラムの成功に不可欠です。 理想的には、問題を特定し、それらに対処するためのプログラムを設計し、それらの実施を監視するために、合同の労使委員会が作成されます。

                          しかし、使用者と組合との関係が過度に敵対的になった場合、そのような協力が禁止されるか、少なくとも困難になることがあまりにも多い。 たとえば、雇用主は、職場の運営や活動への組合の「侵入」に抵抗し、組合員が潜在的な職場の危険に敏感になり、雇用主が不十分または不適切な根拠と見なす可能性のあるものに基づいて労働者の補償請求を追求するよう奨励する組合の好戦性に憤慨することがあります。 一方、組合は、雇用主の関心の欠如と見なすものに対して、組合員の利益を促進するために積極的にならざるを得ないと感じることがよくあります。

                          提案された改革

                          WCS の改革は簡単なことではありません。 それには必然的に多くの関係者 (たとえば、労働者とその代表者、企業の所有者と使用者、政府機関、補償保険会社、立法者) が関与し、それぞれが保護すべき既得権益を持っています。 しかし、労働者とその扶養家族の健康、福利、生産性など、大きなリスクが伴うため、WCS の改革は緊急を要する問題となっています。 提案された改革には、次のようなものがあります。

                          統計とその分析の信頼性と互換性を高める

                          現在、統計を国際的に比較可能にする取り組みが進行中です。 ヨーロッパ諸国の単一の式は、賞賛に値する XNUMX つの例です。 現在の慣行に対応する指令があり、産業部門、物理的または化学的要因、または事故を取り巻く状況によって、事例の頻度または深刻度を調べています。

                          この式は、スイスの CNA のような現在の慣行から根本的に逸脱したものではないため、上記のバイアスが回避されるとはほとんど期待できません。 しかし、スイスでは、企業レベルでの安全衛生専門家の関与に関する新しい要件、特にリスクに関する情報は保険会社の統計だけに頼るのではなく、アクセスも必要であるという考えに、当局は好意的に反応しています。正確な疫学研究に。

                          ヨーロッパでは、共同体の加盟国が、データ収集のための統一された公式の原則に従うことを決定したようです。 しかし、Johnson and Schmieden (1992) によると、米国では、被保険者プールの規模と発生する費用にもかかわらず、保険ケースに関するデータ バンクの作成は成功する可能性が同じではないことが最近の研究で示されました。保険会社による。

                          米国では、労働者の補償は大きなビジネスであり、91.3 年には約 1988​​ 万人の労働者が対象となり、その年に雇用主に 34 億ドル以上の費用がかかり、約 43 億ドルが労働者に支払われました。 現在、労働者の補償費用は他の医療費よりも急速に増加しています。この事実は、従業員の健康保険費用の増加に焦点を当ててきた多くの雇用主の注意を逃れたようです。 . ヨーロッパ諸国とは対照的に、米国では統一されたデータベースが開発される可能性ははるかに低いようです。 それにもかかわらず、出発点として、現在利用可能な労働者の補償データを、健康科学リソースセンターと図書館に収集して配布させることにより、関心のある人々がアクセスしやすくすることが有用であることが示唆されています (Johnson and Schmieden) 1992)。 米国とカナダの 340 の関連図書館に関する彼らの調査によると、このトピックに関する情報サービスを提供しているのは約半分の図書館のみです。 この分野でのコレクションの将来の必要性を予見したのはわずか 10% でしたが、ほとんどの回答者は必要性を示さなかったか、回答しませんでした。 労災補償費用の急速な上昇に対する懸念が高まる中、雇用主、保険会社、およびそのコンサルタントがそのようなデータ リソースの開発を強く求めることは当然のことと思われます。

                          このようなイニシアチブが北米で行われたのはこれが初めてではないことに注意してください。 1981 年にオンタリオ州の鉱山および採掘プラントの安全性に関する連邦と州の合同調査委員会が報告した後、次のようなデータベースを作成することが推奨されました。

                          • どの事故を含めるかについて明確かつ明確な定義を策定する
                          • 報告対象の各事故 (どのように、いつ、どこで、なぜ、怪我の程度など) と各労働者 (年齢、性別、仕事の種類、勤続年数など) をプロファイリングします。
                          • 生産レベル、労働時間などのデータとともに、労働力全体の特性 (スキルレベル、トレーニング、経験など) に関する背景データを提供します。

                           

                          利用可能な統計を解釈する際には、仕事を休む時間のしきい値で定義された指標を強調し、社会的および経済的影響を受けにくい指標をより重視する必要があります (Léger and Macun 1990)。

                          補償と予防の分離

                          WCS の目的は、関連する法律で規定されている労災補償給付のための資金の収集と分配に限定されるべきであると主張されてきましたが、労働者の怪我や病気の防止は、別の場所に追いやるべきである無関係な問題です。

                          たとえば、Mikaelsson と Lister (1991) は、スウェーデンにおける WCS の乱用により、スウェーデンの事故と病気のデータの妥当性が非常に疑わしく、予防プログラムを設計するための基礎としてまったく役に立たなくなることを示唆しています。 彼らは、スウェーデンの WCS は、複数の上訴を招請し、恣意性を認めていると主張している。 その費用は急速に上昇しているが、その主な理由は、怪我や病気と仕事との関係を示す実質的な証拠なしに補償が認められることが多い一方で、証拠の規則が実際の原因の有意義な調査を思いとどまらせるからである.

                          因果関係の問題はあいまいであるか、完全に回避されているため、スウェーデンのデータは、職業上の負傷と疾病の誤解を招く図を示しています。 いくつかの疾患の報告された発生率は水増しされている可能性があり (腰痛など)、他の疾患の原因は完全に見落とされている可能性があります。

                          ここで強調しておきたいのは、補償に関するスウェーデンの新しい法律は、特に腰痛 (LBP) に対する請求の増加の影響を受けて後退しているということです。 現在運営されているように、スウェーデンの WCS は、雇用主が職業上の病気や怪我の実際の原因を特定して排除するためのインセンティブを提供していません。 職業上の危険の性質、程度、および管理に関する有意義な調査は、スウェーデンの法律の他の条項に基づいて指定された他の機関に割り当てることができます (26.26 ページの「国別ケーススタディ: スウェーデン」を参照)。

                          Burger (1989) はさらに一歩進んで、すべての職業上の負傷と疾病は前提条件なしに補償されるべきであり、WCS は一般的な社会保険プログラムに組み込まれるべきであると示唆しています。 一方、彼は、因果関係のテストが WCS によってカバーされるために保持される場合、そのテストは、医学科学情報の有効性と品質に関するすべての伝統的な基準を厳密に観察して実行されるべきであると述べています.

                          補償医療を一般的なヘルスケアと統合する

                          一部の法域では、補償可能な怪我や病気の個人の治療は、そのような問題に対処する知識とスキルを持っていると認定された医師やその他の医療専門家に限定されています。 これにより、彼らのケアの質が保証されることが期待されます。

                          場合によっては、これが逆効果になることもあります。 労災による負傷の大多数は比較的軽微で、応急処置以外のケアはほとんど必要なく、医師にとって興味深い課題はほとんどありません。 そのようなケースの治療のために確立された法定料金がその地域で慣習的なものよりも低い法域では、治療の数と範囲を増やす経済的インセンティブがあります. たとえば、米国のニューヨーク州で切り傷や裂傷を治療する場合、労働者補償料金表では、縫合糸ごとに最大 1 ドルの追加料金が認められています。 したがって、長さに関係なく、接着剤の「バタフライ」で十分な場合でも、XNUMX本の縫合糸で傷が閉じられているのがわかります。 また、職場に便利なように、医師のオフィスや労働者の補償ケースを扱う診療所は、一般的に町の最も魅力的な部分ではない工業地区に配置されることがよくあります。 このような要因により、代償医療は診療分野の上位に位置しないことが多い。

                          さらに、別の観点からは、医療施設や人員が不足している地域では、労働災害や疾病は、仕事に関連する健康問題のケアの洗練度が最小限である可能性がある、最寄りの利用可能な診療所またはポリクリニックで治療する必要があります。 これは、都市部以外の工業化されていない地域や、規模が小さすぎて従業員に独自の医療サービスを提供できない企業に特有の問題です。

                          予防と補償を切り離す人々とは正反対の立場にあるのは、労働者の補償の一部として予防をより重視する人々です。 これは特にドイツに当てはまります。 これはスイスでも見られます。1984 年に、労働安全の全分野を対象とする事故と職業病に関する新しい法律 (LAA) が施行されてからです。 連邦調整委員会(CFST)は、その後、連邦と州の代表者、CNAの代表者、および公的および民間の他の保険会社の代表者とともに設立されました。

                          CFST は、とりわけ、事故や職業病を防止するための指令の形で技術規則を制定する責任を負っています。 また、職場検査の費用について、職場の安全執行機関に資金を提供する責任もあります (たとえば、カントンへの払い戻しによる)。

                          CNA は、労働災害および疾病に対する主要な保険会社であり、職場の安全の分野では、約 60,000 の企業における労働災害防止規則の適用を監視しています。これは、原則として、労働者を最も深刻な危険にさらしている企業です。 (例えば、爆発物を製造または使用する企業、大量の溶剤を使用する企業、化学会社)。 CNA はまた、職場での有毒物質の濃度制限、つまり雇用主が尊重すべき制限に関する指令を発行しています。

                          LAA とその規則を適用する機関として、CNA は雇用主と労働者にそれぞれの責任を通知する必要があります。 雇用主は、事故および職業病の防止 (OPA) に関する規則で要求されるすべての手順と措置を講じる必要があります。 労働者は、職場の安全性の問題について雇用主の指示に従う必要があります。

                          CNA(または他の、特に州の監視機関)によって実施される規制への準拠を確認するための工場訪問中、雇用主は、検査官がすべての施設および作業現場に立ち入ることを許可する必要があります。 違反が見つかった場合、CNA は雇用主の注意を喚起し、状況を是正しなければならない期限を設定します。 警告が無視された場合、CNA は執行決定により必要な措置を命じます。 コンプライアンス違反の場合、会社はより高いリスク カテゴリに分類される可能性があり、保険料の増加が保証されます。 保険会社 (CNA または他の保険会社) は、直ちに保険料を引き上げる決定を下さなければなりません。 さらに、執行機関(特に CNA)は、必要に応じて州当局の支援を受けて、強制的な措置を講じます。

                          CNA の技術サービスは工場訪問に参加しますが、雇用主は安全に関するアドバイスを提供することもできます。

                          職業病の分野では、雇用主は、規制が適用される労働者が、最寄りの医師または CNA 自身の医療サービスによって実施される予防健康診断を受けるようにしなければなりません。 CNA は、予防健康診断の内容を決定し、最終的に労働者の適性を決定します。

                          雇用主が法的義務を履行するために取らなければならないすべての技術的および医療的措置は、彼の負担となります。 CFST とその執行機関の検査と管理活動の資金は、追加保険料によって確保されます。

                          CNA およびその他の保険会社は、CFST がその行動に必要な基礎を形成できるようにするための情報を CFST に提供する必要があります。特に、事故および職業病の統計を確立する必要があります。 会社の医師やその他の安全専門家に関する新しい規制が公布されたとき、連邦社会保険局 (OFAS) は、92.023 年に報告番号 1992 を発行しました。 )、しかし同様に、スイスまたは海外で実施された疫学的研究についても同様です。

                          最後に、CFST は、あらゆるレベルで労働安全に関する情報と指導を促進する責任があります。 ジュネーブでは、CFST および CNA と共同で、大学の科学者、会議、ジュネーブの企業向けの実践的な安全コース、またはその他の関心のある人々のグループの支援を受けて、職場の視察が組織されています。 政府、雇用者、労働者の代表者からなる三者委員会がこのイニシアチブの背後にあり、州が大部分の補助金を出している。

                          一次元の因果関係を捨てて、職場のリスクと疾病を結びつける多因子的な見方を支持する

                          労働災害による人身事故の多くは、事故とトラウマの間に明確かつ直接的な因果関係があります。 このような「鉄則」は、一般に多因性に起因する職業病に直面した場合に課すことは困難です。 因果関係は、最初の暴露から病気の最初の認識可能な症状までの長い潜伏期間によってさらに複雑になります。 仕事関連のがんなどの多くの職業病について、特定の原因を特定し、それを特定の職場での曝露または一連の曝露に関連付けることは、不可能ではないにしても困難です。 したがって、これらの疾患を持つ多くの労働者は、労働者の補償ルートを追求するのではなく、一般的な医療制度 (たとえば、米国では、民間の健康保険、または十分な年齢に達している場合はメディケア、貧しい場合はメディケイド) に頼っています。必要な場合)および財政的支援が必要な場合は公共の福祉システムに。

                          その結果、「雇用者は実際のあらゆる目的で、職業病に対してほとんど、あるいはまったく支払わず、実際、公共福祉制度と労働者自身から補助金を受けている」(Mallino 1989)。

                          フランス語圏のスイスで実施された研究の結果 (Rey and Bousquet 1995; Von Allmen and Ramaciotti 1993) も同じ結論に達しました。 したがって、医療保険会社は、被保険者と納税者の費用負担で、重い荷物を運ぶ労働者の特定の背中の痛みなど、職場での活動に明らかに関連する健康被害の費用を負担する必要があります。

                          雇用主は、これらの健康被害の原因であるにも関わらず仕事の問題を是正することに制約を感じていないため、この異常は予防の観点からも不健康であり、それは労働者の補償制度によって登録された事例の存在に基づくべきです.

                          この種の問題を解決するために、Mallino は、直接的で直接的かつ唯一の原因ではなく、職業上の曝露が病気の一因であるという証明のみを必要とするアプローチを提案しています。 このようなアプローチは、多くの病気の多因性を確立した現代の医学とより一致しています。

                          マリノは、労働人口全体に基づく一連の推定を使用して、「30% ルール」と呼ばれるものを呼び起こします。 ばく露された労働者集団における特定の病気の発生率が、ばく露されていない同等の集団よりも 30% 高い場合、その病気は仕事に関連していると見なされます。 労働者の補償を受ける資格を得るには、その病気にかかった労働者は、自分が暴露されたグループのメンバーであり、暴露のレベルが病気を引き起こす要因になるのに十分であったことを証明する必要があります (Malino 1989)。

                          この確率の概念は、たとえば、病気の XNUMX つのカテゴリを識別するスイスの法律など、いくつかの法律に取り入れられていることに注意する必要があります。 XNUMX つ目は、職業病または職場で有害と認識されている化学的または物理的要因のリストにない事例を認識することを可能にします。 CNA の実際の実践では、個人レベルでの許容性は、特に筋骨格系への外傷について、確率の概念に基づいています。

                          リハビリと職場復帰の促進~セラピストの提案~

                          労災補償による人的および経済的コストを最小限に抑えるための主要なアプローチには、リハビリテーションと早期の職場復帰の促進が含まれます。 これは特に、背中の怪我やその他の筋骨格障害の場合に当てはまり、米国および北欧諸国の WCS 予算に非常に大きな負担をかけています (Mikaelsson and Lister 1991; Aronoff et al. 1987)。

                          Walsh と Dumitru (1988) によると、病気で休業した後、職場に戻るのが最も困難な労働者は、最高の保険に加入している労働者です。 この事実は、さまざまなアクター間の関係の改革につながるはずです。 「治療は進歩していますが、負傷後の回復を最適化するには、現在の給付金支払い制度の変更が必要と思われます。 請求者、雇用主、保険会社の間の敵対的相互作用を減らすシステムを調査する必要があります。」

                          アロノフ等。 (1987) 米国における腰痛のコストを引き合いに出した後、被保険者が仕事に復帰し、「慢性障害」の罠に陥らないようにするための再教育の方法を後押ししています。

                          「障害は医学用語で、身体または臓器の機能の低下を指します。 法的決定である障害は、タスク固有のパフォーマンスの制限を指します。 慢性障害症候群とは、働くことができる個人が障害を持ち続けることを選択する状態を指します。 多くの場合、障害は軽い怪我の結果ですが、実際には他の生活上の問題に対処できないことを表しています。 症候群の特徴は次のとおりです。少なくとも1987か月は仕事をしていません。 障害の請求および金銭的補償の請求。 主観的な苦情は客観的な調査結果と不釣り合いです。 回復へのモチベーションの欠如と仕事への復帰に対する否定的な態度」(Aronoff et al. XNUMX)。

                          Von Allmen と Ramaciotti (1993) は、さまざまな仕事で影響を受けた労働者の間で慢性 LBP に至るプロセスを分析しました。 この問題の複雑さは、割り当てが変更され、より負担の少ない職場に戻る可能性がますます制限される景気後退期にさらに顕著になります。

                          慢性障害症候群は、慢性疼痛を伴うことが多い。 米国の 1983 年のデータによると、75 万から 80 万人のアメリカ人が慢性的な痛みに苦しんでおり、年間 65 億ドルから 60 億ドルの費用が発生していると推定されています。 これらの個人のうち 31 万人もの人が腰痛を抱えており、その約 1987 分の XNUMX が社会的および仕事上の機能の制限を報告しています。 慢性疼痛では、痛みはもはや適応の目的を果たさず、しばしば病気そのものになります (Aronoff et al. XNUMX)。

                          慢性疼痛を持つすべての人が障害を負っているわけではなく、そのような患者へのアプローチが学際的であり、ケースの心理社会的側面への注意を特徴とする慢性疼痛センターに紹介することで、多くの人が生産性を回復することができます. このような治療の成功は、教育レベル、年齢 (年配の労働者は、若い労働者よりも機械的な問題を克服するのに苦労するのは当然である)、および紹介前の仕事を休んだ期間に関連している (Aronoff et al. 1987)。

                          労働者災害補償給付を差し控えて仕事に復帰する可能性が最も高い労働者には、早期の介入とリハビリテーション サービスへの紹介をできるだけ迅速に受けた人々が含まれます。 痛みを効果的に克服し、ストレス軽減戦略に成功した人。 肯定的な職歴を持つ人; そして、仕事が目的意識と仕事の満足感を提供する人。 (アロノフら 1987)。

                          一部の WCS では、給付金が突然打ち切られ、障害のある労働者が職場に復帰するとすぐにケースがクローズされます。 その後、障害が再発したり、新たな問題が発生したりした場合、労働者は官僚的な手続きに直面し、給付金の支払いが再開されるまで多かれ少なかれ長く待たなければなりません。 これは、労働者が仕事に復帰できるほど健康であると説得する際の大きな障害となることがよくあります。 これを克服するために、一部の WCS では、労働者が以前の仕事に戻ろうとしたり、再訓練によって新しい仕事を遂行できるようになったかどうかを確認したりするために、一定期間福利厚生を継続する試用期間を設けています。 このような状況下では、試行が失敗した場合でも、労働者は何も失うことはありません。

                          人間工学的アプローチ:リスク防止の観点から

                          フランス語を話す人間工学者 (SELF: フランス語を話す人間工学者の国際社会) は、仕事と事故を結びつける複雑な関係を示しています。 Faverge (1977) は、共同研究者によって炭鉱で行われた研究に基づいて、今日フランスの INRS によって実際に適用されている事故を分析するシステムを作成しました。

                          この方法が有用であるためには、健康への影響が深刻で重傷に至る必要はありません。 このように、VDU を伴う作業と視覚疲労との間には非常に複雑な関係が築かれてきました (Rey、Meyer、および Bousquet 1991)。

                          これらの関係を確立することで、エルゴノミストは、ワークフローのさまざまなレベルで予防措置を提案するための貴重なツールを所有しています。

                          仕事の人間工学的分析は、今日では SELF を超えた一般的な手法になりました。以下に引用されている著者には、ヨーロッパ人だけでなく、アメリカ人やカナダ人も含まれています。

                          仕事の人間工学的分析は、労働者の参加を差し控えることができないという点で独創的です。 これは、労働者が自分の仕事が課す制約のレベルについて知っていることに加えて、上で説明したように、労働者のリスクの認識は、労働者のテクニカル分析とは無関係の多くの要因に依存するためです。エンジニアと安全の専門家によって行われた状況。

                          作業を行う際、作業者は常に安全専門家のアドバイスに正確に従うとは限らず、作業に対する態度やリスクの認識にも依存します。 Walters と Haines (1988) が指摘したように:

                          危険に対する労働者の認識は、労働安全衛生における支配的な医療技術パラダイムとは異なる方法で形成され、表現されます。 たとえば、化学物質に関する主な情報源は、監督者、保健担当者、またはトレーニングコースではなく、彼ら自身の経験、同僚の観察、または単に彼らの感情です. 労働者は、技術的専門知識に具現化されているものとは異なる経験に基づく知識の複合体を採用しています。

                          ケベックでは、Mergler (Walters と Haines が引用) が (1987)、労働者の経験は機能障害の表現を表しているので、もっと完全に認識されるべきだと提案した. 多数の実地調査を行ってきたマーグラー氏は、労働条件を説明することで職を失うかもしれないと恐れている場合、労働者の証言を得るのは難しいことも知っています。

                          Durrafourg と Pélegrin (1993) では、保険会社と安全担当者の因果関係図式からさらに遠ざかりました。 これらの作家によると、予防が効果的であるためには、労働者の健康と労働状況は地球規模のシステムとして考慮されなければなりません。

                          主要なリスクには主な原因があるかもしれませんが (たとえば、聞こえる騒音のレベルや中毒のための有害な化学物質の存在など)、労働条件、衛生、安全に影響を与える問題の大部分はそうではありません。 Durrafourg と Pélegrin によれば、この場合のリスクは、「仕事の要求、労働者の状態、および仕事上の状況の制約の交差点で構成されています」。

                          たとえば、年配の労働者が年功序列の低い労働者よりも事故が少ない場合、それは彼らが「危険を回避するための注意と効果的なガイドラインの知識を身につけている」ためです。

                          人間工学的分析により、「職場での男性の注意深い知識に価値を与え、健康と安全を管理するために必要なすべての手段を与えるために行動できる要因」を特定できるようにする必要があります。

                          手短に言えば、最新の訓練を受けた人間工学者や労働医師によると、リスクは物理的、化学的、細菌学的環境に関する知識だけで表現されるのではなく、社会的環境や職場集団の特徴に関する知識によっても表現されます。 人間工学的な意味での仕事のより深い研究は、登録されたすべてのケースに対して必然的に行われるべきです。 この分析への取り組みは、既存の当局(職場検査、企業の安全衛生サービス、医療サービス)によってごく一部しか行われていませんが、効果的な予防のためにはこの方向への移行が必要です。

                          社会的保護の平等化

                          労働者の補償と予防プログラムのコストが一部原因であるだけに、コストの上昇に直面している雇用主は、先進国から、賃金と福利厚生が一般的に低く、健康と安全の規制と管理の負担が少ない発展途上国に仕事を移しています. 多くの場合費用のかかる予防措置を講じる必要性に直面して、一部の雇用主は単純に企業を閉鎖し、賃金コストの低い地域に移転しています。 この失業率の増加に伴い、労働者はリハビリ後に戻る仕事がなくなる可能性があり、そのため、できるだけ長く障害給付を受け取り続けることを選択します (Euzéby 1993)。

                          低賃金地域との競争に対処するために、雇用主は労働力を削減し、保持している労働者に生産性の向上を要求しています。 同時に、職場の安全性に関する考慮事項を見落としたり、先延ばしにしたりする傾向があるため、より多くの事故や怪我が発生し、WCS にさらなる圧力がかかる可能性があります。

                          雇用主による労働者の報酬の支払い/保険料 (通常は従業員数と給与の割合に基づく) が人員削減に伴って減少すると同時に、WCS のリソースも削減される可能性があります。 これは例えばスイスで起きており、CNA は職員を削減しなければなりませんでした。

                          米国では、職業上および環境上の健康と安全に関する法律の規制と施行における連邦政府の役割を縮小し、それを州および地方自治体に移す議会の動きは、この仕事を適切に行うのに十分な予算の割り当てと助成金を伴っていません。

                          Tchopp (1995) は、社会的保護の国際的な均等化を求めており、先進国では予防プログラムとともに WCS を維持し、開発途上国では労働条件と福利を改善します。 これらの国の目的は、労働者の生活を改善することであるべきだと彼は強調します。

                          まとめ

                          改善の余地はまだありますが、WCS は一般に、健康管理とリハビリテーション サービスを提供し、仕事に関連した怪我を負った労働者に障害給付を提供していますが、職業病の取り扱いには重大な欠陥があります。 後者は、関連する法律を拡大して、より正真正銘の職業病、労働力への影響を追跡する統計システムと疫学研究の改善、およびこれらの多くの多因性を示す医学的および科学的発展の適切な認識を含めることによって、大幅に改善されるでしょう。病気。

                          疫学に関するデータを提供するだけでなく、労働災害や疾病の予防における WCS の役割には問題があります。 予防への効果的なアプローチは、強制的な労働者補償税または保険料に対する雇用主のコストを削減するという理論は、実際には常に正しいと証明されているわけではありません。 実際、労働者の補償管理から予防の責務を分離し、労働安全衛生の専門家がより大きな役割を果たせる別の場所に割り当てることを主張する人もいます。 少なくとも、適切な政府の規制とより強力な施行が必要であり、理想的には開発途上国の条件を工業化された地域の条件と同等にするために国際化されています。

                          ILO は加盟国に対し、広い意味での事故防止と職業病の分野で確固たる政策を策定するよう奨励すべきです。

                           

                          戻る

                          基礎と開発

                          法定傷害保険制度は、1884 年の傷害保険法によって社会保障の独立部門として導入され、1885 年から存在しています。それには、次の法的責任があります。

                          • 事故保険制度は、あらゆる適切な手段を用いて、 予防 労働災害と職業病。 将来的には、この役割を拡大する必要があります。
                          • 職場での事故や職業病の発症が発生した場合、このシステムには、傷害や損害に対する包括的な補償を提供する役割があります。 この能力における主な目標は、被保険者の健康を可能な限り回復し、被保険者を職業生活および社会生活(医療、職業および社会的リハビリテーション)に再統合することです。 さらに、恒久的な健康問題は、年金の支払いによって補償されます。 事件で死亡した場合、生存者は年金やその他の金銭的利益を受け取ります。

                           

                          その開発の過程で、システムは多くの点で継続的に修正および拡張されてきました。 これは特に、対象となる企業 (1942 年以降は包括的)、被保険者グループ (例えば、1971 年には学童、学生、幼稚園児を含む)、保険金請求の種類 (1925 年に通勤災害、通勤中に発生した事故を含むように拡張) を指します。作業設備、および職業病)および金銭的利益の指数化(1957年以降の包括的)。 予防とリハビリテーションのための対策、方法、実践を継続的に改善することも、非常に重要です。

                          構造と組織

                          傷害保険の実施は現在、110の傷害保険会社に法律で認められています (ベルーフゲノッセンハフテン). これらは、主に「公法法人」として公法で組織されています。 XNUMX つのドメインが区別されます。

                          • 産業分野 (例: 鉱業、化学、貿易、または医療システム) ごとに組織された 35 の保険会社による産業災害保険 (海上での事故に対する保険を含む)
                          • 地域密着型21社の農業災害保険
                          • 大部分が政府部門 (連邦、州、地方自治体のグループで、郵便サービス、鉄道、消防署には別の資金がある) に対応する 54 の保険会社による公共部門の傷害保険。

                           

                          最も重要なセクターである労災保険は、以下の議論で最も注目されています。 公法法人として、 (ベルーフゲノッセンハフテン) 政府の管理下に置かれるため、法制度の一部となります。 一方、彼らは多くの点で独立しており、自治を行っています。 各通信事業者の自主管理機関である代表者会議と取締役会は、選挙で選ばれた雇用主と従業員の代表者で構成されています。 彼らは、法的枠組みの中で事故保険を適用するために必要な決定を下します。 保険給付の前提条件と範囲は個々のケースで法律によって規制されていますが、傷害保険制度は、保険料の設定、特に予防の分野でかなりの自己管理の意思決定の自由度を保持しています。具体化と組織の規制。 の行政機関 (ベルーフゲノッセンハフテン) また、組織、人員、予算の問題を決定します。 政府当局による監督により、自己管理および管理担当者の決定が法律に従っていることが保証されます。

                          事故率と財政の推移

                          労働災害および通勤災害の件数は、1991 年の新しい連邦州の法人化により増加するまで、長い年月をかけて減少し続けました。労働災害保険制度の傾向は次のように要約できます。 1,000 人の常勤労働者あたりの報告対象となる労働災害および通勤災害の頻度は、1960 年から 1990 年の間に半分以下に減少しました。事故率がXNUMX分のXNUMX近く低下。 死亡事故は約 XNUMX 分の XNUMX 減少しました。 職業病はこの傾向とは異なり、この期間に一様な変化パターンは見られませんでした。 新しい職業病が職業病のリストに徐々に追加されるにつれて、予防とリハビリテーションの両方に関して、職業病の症例数が増加しています。

                          損害保険のケースの数と重大度が全体的に減少したことは、コストに好影響を与えました。 一方、次の要因がコストの増加に寄与しました: 金銭的給付の指標化、医療費の一般的な増加、被保険者の拡大、保険適用範囲の拡大 (特に職業病)、および改善への取り組み。システムの予防およびリハビリテーション対策を強化します。 全体として、支出は、保険料の計算に使用される給与ベースよりも上昇しませんでした。 労働災害保険の平均保険料は、1.51 年の 1960% から 1.36 年には 1990% に減少しました。ドイツ再統一に伴う費用の結果、平均保険料は 1.45 年には 1994% に上昇しました。

                          1960 年から 1994 年にかけて、責任の XNUMX つの領域 (予防、リハビリテーション、および金銭的補償) の費用の配分は次のように変化しました。

                          • 予防の費用は 2.6% から 7.1% に増加しました。 これは、システムの予防措置の着実な改善、強化、拡大によるものです。
                          • 再生費用(支払いを含む)の部分は、20.4%から31.2%に増加しました。 この分野では、ヘルスケア業界のコスト増を事故件数の減少だけでは吸収しきれません。
                          • 年金および年金の費用の部分は、77% から 61.7% に減少しました。 年金と年金のインデックス化にもかかわらず、これはリハビリテーション費用と同じ程度には増加しませんでした.

                           

                          ドイツの社会保障制度の他の部門では、この時期に保険料の負担が大幅に増加しました。 平均して、ドイツ連邦共和国の社会保険のすべての部門の保険料コストは、25.91 年の賃金 100 マルクあたり 1960 マルクでした。 この数字は、40.35 年までに支払われた DM100 当たり DM1994 に上昇した。社会保険制度全体の保険料負担に対する平均傷害保険料の割合は、5.83 年の 1960% から 3.59 年には 1994% に減少した。国民総生産は約0.5%のままでした。 したがって、事故保険の分野でのみ、経済は社会税をある程度軽減することができます。

                          この前向きな傾向の決定的な原因は、上に示したように、事故の頻度と重大度が低下したことです。 さらに、傷害保険制度は、リハビリテーションの実践をさらに発展させることで、多くの場合、長期にわたる障害を予防または最小限に抑えることに成功しています。 その結果、その期間に被保険者数が 40% 増加したにもかかわらず、年金のケースはほぼ一定でした。

                          事故の頻度の減少は、生産方法の近代化 (特に自動化) と、生産部門からサービスおよび通信産業への構造転換など、多くの原因と発展に起因する可能性があります。 事故保険制度による予防への取り組みは、この財政的および人道的成果に大きく貢献しています。

                          ドイツの傷害保険制度の基本原則と特徴

                          この制度は、労働災害や職業病に苦しむ個人に包括的な社会保障を提供することになっています。 また、工場内での事故や病気の責任者の負傷者に対する責任の負担からも解放されます。 次の基本原則は、システムのこれらの XNUMX つの目的にまで遡ることができます。

                          労働災害に対する雇用主の責任は、損害保険制度の公法上の給付義務に置き換えられます (「雇用主の責任の軽減」)。 事業主または他の会社の従業員に対する被保険者による民事損害賠償訴訟は除外されます。

                          事業主は、労働災害に対する責任を負い、災害保険制度によって責任リスクが軽減されるため、単独で災害保険制度に支払います。

                          傷害補償の原則に基づく保険給付は、雇用主に対する民事責任の請求に代わるものです。

                          保険給付は、保険関係の正式な証明とは別に、また雇用主からの傷害保険会社への通知とは別に提供されます。 これにより、法的に保険保護の対象となるすべての人に、より信頼性が高く効果的な保護手段が提供されます。

                          保険給付は、原則として、誰に過失があったとしても、権利者による訴訟がなくても提供されます。 これにより、雇用関係は過失の問題をめぐる紛争から解放されます。

                          傷害保険制度は、保険給付の重要な補足事項として、労働災害や職業病の防止を担っています。 このシステムは雇用主を責任から解放しますが、安全で健康的な職場環境を整える責任から解放するわけではありません。 予防とリハビリテーションおよび経済的補償との密接な関係は、基本的に重要です。

                          基本的な組織の原則はすでに上で説明されています(自己管理の権限を持つ公法の法人として組織され、産業部門に従って構成されています)。

                          さまざまな責任領域の相互関係は、次の XNUMX つの原則によって特徴付けられます。主な目標は、適切な予防措置 (「補償よりも予防​​を優先」) を通じて、保険のケース数をできるだけ少なくすることです。 保険請求が発生した場合、主な目標は、負傷した当事者を医学的、職業的、社会的に可能な限りリハビリすることでなければなりません。 その場合にのみ、残りの障害は金銭の支払いの形で補償されます(「年金前のリハビリテーション」)。

                          以下のセクションでは、これらの基本原則が、傷害保険制度の特定の責任範囲内でどのように機能するかを示します。

                          防止

                          予防のタスクは、次の考慮事項に基づいています。リハビリテーションと補償の枠組みの中で、労働災害と職業病の費用を負担する傷害保険制度は、まず第一に、負傷の発生を予防する能力を備えている必要があります。できるだけ。 雇用主は、従業員に対する直接の責任が傷害保険制度に取って代わられたとしても、職場の健康と安全に責任を負い続けることを認識する必要があります。 事故保険と事故防止の関係は、関係者、特に雇用主に対して、職場の安全への資本投資が、主に人道的な意味で、人的被害を防ぐことによって報われることを明確にする必要があります。けがに起因する傷害保険料と会社の費用の。 支店ごとに労災保険制度を構築し、関係者を自主管理の枠組みに巻き込むことで、高度な予防実践経験が得られ、被害者の受容と動機付けにつながります。 事故保険と事故防止とのこの密接な関係は、ドイツのシステムを他のほとんどの国のシステムと区別するものであり、一般的に政府職員による職場の安全の検査を提供しています。 損害保険会社の技術的監視サービスに加えて、このような職場安全当局もドイツに存在します。 XNUMX つの機関は相互に補完し、協力しています。 政府の監督機関 (工場検査) の責任は、損害保険会社の技術的監視サービス (労働時間の規制、青少年や妊婦などの特にリスクの高いグループの保護、環境保護) の責任を超えています。

                          事故保険制度の予防義務は、基本的な前提条件のみを規定しており、特に、個々の工場または施設全体に適用される特定の支店内の特別な機能に関して、運送業者の自己管理をかなりの裁量に許可しています。規則。

                          システムの予防概念の最も重要な側面には、次のようなものがあります。

                            (ベルーフゲノッセンハフテン) 特定の危険区域での事故防止指示を発行する必要があります。 これらの指示は、雇用主および被保険者によって法律と見なされなければなりません。 これらの指示の遵守は、制裁 (罰金) を通じて運送業者によって強制される場合があります。 これらの規制は、業界での経験に基づいており、技術開発の要件に合わせて継続的に調整されます。

                          各通信事業者は、ビジネスに助言および監督する独自の専門的な監視サービスを維持しています。 これらには、特別に訓練された監視員 (特にエンジニアや科学者) が配置されており、サービスを提供している業界の分野に応じて、他の分野の専門家によってサポートされています。 監視サービスの権限は、拘束力のある規制に関するアドバイスから、健康への深刻な脅威が発生した場合の工場の一部の閉鎖まで多岐にわたります。

                          キャリアは、会社の医師や安全の専門家にアドバイス、トレーニング、情報資料、および作業支援を提供します。 これらの内部作業安全専門家は、監視サービスの重要なコンサルタントです。 この業界固有の協力は、事故の危険性と労働関連の健康上の危険を事前に発見し、適切な保護措置を可能にすることを目指しています。

                          運送業者の監視サービスは、雇用主が会社の医師や安全専門家を雇う義務を遵守しているかどうかを確認します。 一部の業界団体は、独自の医師と専門家を維持しており、会員企業は独自に手配していない場合に頼ることができます。

                          工場で労働安全対策を実施するために割り当てられた個人の訓練と継続教育は、ほとんどの場合運送業者の手に委ねられています。 トレーニングプログラムは、業界の個々の部門のニーズに合わせて調整されています。 それらは、プラントの責任のさまざまなレベルに応じて対象を絞り、区別されます。 多くの傷害保険会社は、独自のトレーニング センターを運営しています。

                          傷害保険会社は、職場の安全に関する質問に雇用主や管理者に対応し、情報を提供し、予防を改善するための動機付けを維持します。 中小企業への注目は、最近の予防努力の焦点となっています。

                          運送業者の技術監視サービスは、職場における健康と安全のリスクについても従業員に助言します。 これに関連して、社内の従業員の利益を代表する労働者協議会との協力がより重要になります。 従業員は職場環境の整備に参加し、経験を活かす必要があります。 多くの場合、従業員の参加を強化することで、安全上の問題に対する実際的な解決策を見つけることができます。 安全性の向上は、従業員のモチベーションと仕事の満足度を促進し、生産性にプラスの効果をもたらします。

                          運送業者の技術監視サービスは定期的に工場を検査し、事故や職業病の事例を調査します。 次に、必要な保護対策を講じるために、存在する危険に対応する多くの個別の測定を行います。 これらの測定結果、職場および問題の分析結果は、産業医療から得られた知識とともに、最新のデータ処理方法を使用して編集され、予防をさらに促進するためにすべての工場で使用されます。

                          キャリアは、特定の種類の機器と安全機能がテストされる専用のテスト サイトを維持しています。 これを通じて、また技術機器のメーカーやオペレーターのアドバイスを通じて、キャリアは詳細な情報を取得し、それを工場での実際の予防作業に変換し、国内、ヨーロッパ、および国際規格にも取り入れています。

                            (ベルーフゲノッセンハフテン) 安全と健康保護の分野における知識を向上させるために、多くのニーズと使用指向の研究プロジェクトを自ら実施、開始、または財政的に推進してきました。

                          従業員だけでなく雇用主の利益のために、キャリアのすべての事故防止作業は、職場の安全と健康対策を可能な限り効率的かつ経済的に組織することを目的としています。 実装戦略も実用的でなければなりません。 予防作業の有効性も監視されます。

                          保険による保護の範囲

                          被保険者

                          勤務中または研修中の従業員は、傷害保険制度の被保険者です。 年齢、性別、配偶者の有無、国籍、報酬水準、勤続年数にかかわらず、保険による保護が与えられます。 また、事業者が損害保険会社に登録していない場合や保険料を未払いの場合でも、保険の適用範囲が保証されます。

                          家内労働者や家内産業の従業員として活動している人、社会保険事業者からリハビリテーション措置を受けている人、および一部の支店の雇用主は強制的にカバーされています。 他のすべての雇用者は、システムを通じて自発的に保険に加入することができます。

                          農業災害保険制度では、働く従業員、農業事業主および事業主の配偶者が加入が義務付けられています。

                          政府の傷害保険制度では、従業員に加えて多くのグループが保険に加入しています (ただし、公務員や軍人は対象外です)。 これらには、学生、学童、幼稚園児が含まれます。 公益のために活動する人や働く受刑者も対象となります。 政府プログラムの保険加入者の大部分は、連邦政府、州政府、および地方政府が資金提供する保険料無料の補償を享受しています。

                          保険のケース

                          労災保険制度の保険事案(インシデント)は、労働災害と職業病です。 設備の使用中や操作中の事故、通勤中の事故も労働災害にカウントされます。 保険適用の判断基準は以下の通りです。

                          • 被保険者団体への加入
                          • 突然の労災による人身事故
                          • 事故時または健康被害時の保険対象活動の実行。 対象となる活動は、雇用関係に密接に関連するものです
                          • 保険が適用される活動によって引き起こされた事故または健康への傷害。

                           

                          被保険者側の過失は、請求を無効にするものではありません。 しかし、事故の唯一の実質的な原因が私的領域からのものである場合、補償は適用されません。 保険の対象となる活動の過程で発生したにもかかわらず、既存の健康上の問題の結果として発生した傷害には、保険の補償は適用されません。 これは主に心臓発作やディスクのスリップに当てはまります。

                          職業病 (特定のグループが一般大衆よりも高いレベルで仕事中にさらされる特定の影響によって引き起こされることが医学的に知られているもの) は、公式のリストに含まれています。 リストにない病気に関する新しい情報が存在する場合、保因者はその病気を職業病として補償することができます。

                          保険事案の届出・統計記録

                          一般に、傷害保険の給付は、負傷者が申請する必要はなく、運送業者の主導で提供されます。 これは、症例が別の方法で報告されることを前提としています。つまり、雇用主、医師、および病院は、運送業者に通知する義務があります。 これは、事故や職業病の発生に関する包括的な統計記録の基礎となります。

                          リハビリテーション

                          このシステムは、事故の発生または職業病の発症時に、包括的な医療、職業および社会的リハビリテーション給付を提供する法的責任を負っています。 この義務の目的は、可能な限り、健康を回復し、負傷者の仕事と社会への復帰を図ることです。 前述の「年金前の更生」の原則に沿って、傷害保険会社のすべての更生給付を「一から」提供する制度です。 これにより、個人の健康、教育レベル、個人の状況に合わせて調整された、迅速で一貫したリハビリテーション プログラムが保証されます。 保因者は、給付金の支払いや負傷者のケアを保証することに限定されません。 むしろ、保因者は、特に重度の火傷の犠牲者、脊髄、頭蓋骨、および脳の損傷の治療のために保因者自身の診療所を設立し、観察、付帯ケア、および、必要に応じて、リハビリテーション プロセスの修正ステアリング。 以下の事項が適用されます。

                          医療リハビリテーション

                          運送業者は、事故後できるだけ早く適切な治療が開始されるようにしなければなりません。 必要に応じて、これには専門医によるケアまたは産業医療が含まれます。 医師は、事故医療の訓練により専門化され、外科医または整形外科としての経験があり、技術的な医療行為を備えており、保険会社に関する特定の義務を果たす準備ができており、特にフォームとフォームの提出など、治療に参加する必要があります。専門家の意見。

                          事故が発生した後、負傷者は直ちに運送業者と契約を結んでおり、上記の資格を証明しなければならない医師の診察を受ける必要があります。 彼らは保因者によって、さらなる治療を開始し、重傷の場合に一般的な治療または特別な治療を提供する必要があるかどうかを決定する権限を与えられています。

                          特に重傷の場合、傷害保険制度は負傷者の治療に最高の要件を課します。 したがって、保険会社は、特別に資格のある病院のみがこの治療を受けることを許可しています。 これらの病院は、特別なガイドラインと監督の対象となります。

                          保因者は、特定の医師を使用して治療を監視および指示し、治療を監督し、保因者に報告し、必要に応じてさらなるリハビリテーション措置を提案する必要があります。

                          治療・リハビリテーション給付金は、傷害保険制度で全額負担(被保険者負担なし)。 これにより、システムの傷害補償の原則が満たされます。

                          職業リハビリテーション

                          医学的リハビリテーションだけでは負傷者が仕事に復帰できない場合、キャリアは職業リハビリテーションを提供しなければなりません。 法律は、個々のケースの状況(障害の程度、教育レベル、職業上の資格と傾向、負傷者の年齢)に応じたリハビリテーションを規定しています。 リハビリテーションは、職場を障害に適応させるなど、プラントに固有の措置をもたらす可能性があります。 事故が発生した工場または別の工場での職位取得の支援。 または雇用を提供する準備ができている雇用主への財政的支援。 まったく新しい職業のための再訓練を含む職業訓練も対象となります。

                          システムは医療および職業リハビリテーションを提供する責任があるため、負傷者と医師の参加を得て、医療リハビリテーション中に必要な職業リハビリテーション措置を計画し、開始することができます。 このタスクは、キャリアの特別な資格と経験を積んだ従業員である職業カウンセラーによって実行されます。 彼らは重傷者がまだ入院している間に訪問し、特に適切で有望なリハビリテーション手段を探して選択する際に被保険者に付き添い、彼らが社会復帰するまで付き添います。

                          社会復帰

                          医学的および職業的リハビリテーションは、負傷者が負傷前と同じように可能な限り生活を再開できるようにするための不可欠な前提条件です。 しかし、これを超えて、長期的な健康への影響に苦しむ人々が仕事を再開できるだけでなく、社会的、家族的、文化的生活も同様に再開できることも保証されなければなりません. この目的のために、キャリアは社会復帰給付も提供します。 たとえば、移動を促進するための車両支援、健康と社会生活への参加を促進する障害者スポーツ、家事援助、障害者に適したアパートの建設と装備などです。

                          金銭的利益

                          リハビリ中、負傷者は、事故の結果として働くことができなくなった最初の期間(組合契約により少なくとも13週間)、雇用主による継続的な賃金の支払いを請求できます。 その後、キャリアは、医療リハビリテーションの期間中、「代替料金」を提供する必要があります。 障害手当金は、一般に、事件発生時の正味給与に相当し、従業員の社会保障と失業保険への拠出金が差し引かれます (現在、ほぼ XNUMX%)。 職業リハビリテーション期間中は、障害給付よりも若干少ない、暫定的な賃金代替給付が支払われます。 これらの給付は、被保険者とその家族が経済的に安全であるように、医療および職業リハビリテーションの期間を通じて支払われます。 社会保障制度の他の部門への保険料の継続的な支払いは、保険の補償範囲のギャップを防ぎます。

                          年金による金銭的補償

                          保険年金

                          被保険者は、業務上の事故や職業病による健康上の問題が残っている場合に、補償として年金を受け取ることができます。 これらの年金は、リハビリテーション プロセスの終了時にのみ付与され、最低期間 (労災後 20 週間を超えて) の間、収入能力が明確に減少すること (通常は 13%) を前提としています。 年金は、収入能力の低下の程度と年間の勤労所得に応じて計算されます。

                          収益力の低下度合いの判断には、「抽象的傷害評価」の原則が適用されます。 したがって、労働災害や職業病による具体的な収入の損失(賃金の損失)ではなく、一般的な労働市場での稼ぐ力の損失が考慮されます。 収益力の低下の測定は、主に健康問題の重症度に依存し、医師の専門家の意見によって評価されます。 これにより、管理コストを最小限に抑えることができ、被保険者とその雇用主の負担も最小限に抑えることができます。 ほとんどの場合、年金の抽象傷害評価は、保険事故後に被保険者が以前よりも全体的な経済状況が悪化しないように機能します。 実際、多くの場合、年金は重要でない損害の補償に実際に貢献するように、ポジションの一定の改善がもたらされます。 抽象的傷害評価と「年金前のリハビリテーション」の原則は、被保険者の間で発達する「年金精神」の危険に反して機能します。 被保険者は、健康上の問題が続いているにもかかわらず、有給の雇用を求める動機があります。

                          抽象的な傷害評価の原則は、具体的な損害評価の要素によって補足され、すべての場合に適切な補償が行われるようにします。

                          年収は、年金が計算される XNUMX 番目の基準です。 これは、保険事故の前の年に被保険者が得たすべての賃金と自営業収入の合計を意味します。 年収は、被保険者が労働災害の時点で達成していた生活水準を反映する必要があります。

                          特定の条件下では、障害年金は全額または部分的に補償される場合があります。

                          遺族年金等の死亡給付

                          未亡人、男やもめ、孤児、および特定の条件下では親も、被保険者が業務上の事故や病気で死亡した場合、遺族年金を請求できます。 これらの年金の機能は、死亡によって失われた支援を補うことです。 計算は、傷害年金の場合と同様に、勤労所得に基づいています。 それは生存者の必要に応じて段階的に進められます (特に未亡人で子供がいる場合といない場合、片親または両親が孤児になった場合)。 遺族年金の場合、18 歳未満の孤児を除き、勤労所得と勤労代替所得が考慮されます。 後者の場合、損失補填の原則が適用されます。実際にサポートに依存している人だけが、必要かつ比例した範囲で利益を受け取ります。

                          遺族年金に加えて、搬送費用や埋葬費用が保証されます。

                          寡婦および未亡人年金は、再婚するまで支給されます。 再婚の場合、年金額のXNUMX倍の和解金が支払われます。

                          資金調達と保険料に関する法律

                          事故保険制度の XNUMX つの部門 (産業、農業、政府) の融資と保険料に関する法律にはかなりの違いがあります。 以下の説明は、労災保険のみを扱います。

                          労災保険制度の費用は、ほぼ独占的に雇用主からの保険料によって賄われています。 第三者に対する補償請求(特に交通事故)、キャピタルゲイン、延滞料金、罰金から得られる追加収入は、比較的重要ではありません。 労災保険制度は国からの財政支援なしに機能していることを強調しておく必要があります。 収益は法的義務を果たすためだけに集められ、利用されます。利益を得ようとすることは禁じられています。

                          事業者ごとの保険料は、保険料の対象となる従業員の賃金(または事業主の労働所得または保険金額)に基づいて計算されます。 保険料に関する法律は、産業部門や個々の事業における事故の発生とそれに付随する事故の脅威を特に考慮に入れています。 XNUMX つのレベルが区別されます。

                          第 XNUMX レベルの保険料は、業界の XNUMX つまたは複数の部門を共通のリスク グループとして産業保険会社に集めることによって付与されます。 たとえば、精密工具の製造よりも建設業界で、より深刻な保険事故が発生しています。 したがって、建設用キャリアの保険料は、精密工具製造のキャリアの保険料よりも平均してかなり高くなります。

                          第 XNUMX のレベルでは、個々の運送業者のレベルで、この運送業者に含まれる産業部門 (たとえば、建設業界のレンガ職人、屋根職人、用務員) が、さまざまなリスク グループの事故のコストに従って分類されます。 リスク グループへの産業部門の一般的な割り当てにより、各キャリアのリスク テーブルが作成されます。 個々の事業は、リスクテーブルに基づいて、リスクグループに従って運送業者によって評価されます。 ビジネスのさまざまな構成要素は、対応するさまざまなリスク グループに割り当てられます。 リスク表は、事故の頻度とコストに関する XNUMX 年間の統計調査に基づいて作成されています。 リスクグループによって、同じ業界団体内でグループ化された業界の個々の部門の保険料の額が区別されます。

                          1 番目のステップでは、個々の企業のレベルで保険料が再び変更されます。 ここでの基準は、過去 3 ~ XNUMX 事業年の労働災害 (通勤災害を除く) の数、重大度、およびコストです。 保険会社は、事故発生率が平均以下の企業の保険料を減額したり、事故発生率が平均を上回った場合に保険料の追加料金を課したりすることができます。 運送業者は、さらなる詳細について独立して裁定する権限を与えられています (追加料金を課すか、保険料の減額を認めるか、またはこの XNUMX つを組み合わせるか)。

                          事故の傾向に応じて業界のさまざまな部門と個々の企業の保険料を段階的に評価することは、雇用主に、事故保険料のコストが予防への取り組みと予防の成功にも依存することを認識させ、この取り組みに拍車をかけるはずです。方向。

                          傷害保険制度は、費用をカバーするための遡及的配分の手続きによって資金提供されています。 按分される金額は、予算年度ごとにさかのぼって計算された収入に対する超過支出です。 配分借方は、保険料の計算 (会社のリスクグループ、その保険料年度に支払われた合計賃金、および該当する場合は保険料の追加料金または減額) に従って、それぞれの保険会社の個々のメンバー会社間で分割されます。 当然のことながら、継続的な費用は事前に資金調達する必要があります。 これは、運転資金の収集と前払いの保険料によるものです。 保険料の長期的な変動を補うために、損害保険会社は準備金を積み上げなければなりません。 これらの資金は、研修施設や事故治療病院など、傷害保険制度の機能を果たす施設に優先的に投資されます。

                          労災保険料は事業主が計算できないため、保険会社が計算し、事業主に通知します。

                          産業部門ごとに組織されているドイツの傷害保険制度では、経済の構造変化により、一部の保険会社にとって弁護の余地のないほど大きな財政的負担が生じる可能性があります。 これは、特に石炭鉱業に当てはまります。 過去数十年で働く炭鉱労働者の数は大幅に減少しましたが、鉱業の保険会社は、それにもかかわらず、数倍の炭鉱労働者が雇用されていた時代からの年金を支払わなければなりません。 この極端な、もはや持続可能ではない業界部門の保険料負担の増加を是正するために、さまざまな保険会社間で負担を分担する方法が 1968 年の法律を通じて導入されました。均等化の権利を持つ保険会社間の財政的ギャップを埋めます。 これにより、立法者は、個々の損害保険会社内で適用される連帯の基本的な概念をすべての産業企業に拡張しました。

                           

                          戻る

                          対象範囲と目標のまとめ

                          カバレッジ

                          イスラエルの労災補償制度は、国民保険協会によって管理および管理されており、国民保険法、統合版 (1995-5755)、第 5 章「雇用災害保険」に基づいています。

                          被保険者と保険の条件

                          労働者災害補償制度は、すべての雇用者に強制的に適用され、従業員 (警察官、看守、国防職員を除く) に保険を適用します。定期的または一時的に雇用され、日給または月給、フルタイムまたはパートタイムで雇用されている従業員には、自営業者が含まれます。人、職業訓練生、イスラエルで雇用されている外国人居住者、受刑者、職業リハビリテーションを受けている人、イスラエルの雇用主のために海外で働くイスラエル居住者(一定の条件の下)、および法律によって給与が決定されている人(クネセト議員、裁判官、市長など) )、労働者の年齢や国籍に関係なく。

                          対象となる危険

                          この法律は、労働災害、職業病、障害または死亡から労働者を迅速かつ公正に保護するために給付を付与します。

                          被保険者が労災(労災または業務上疾病)により死亡した場合、その近親者(寡婦・男やもめ、孤児、父母その他の親族(以下、被扶養者という))が特別な条件の下で労災の対象となります。利点。

                          用語 労災 雇用に起因する負傷、障害または死亡に適用されます。 用語 労災 「コース中に、作業の結果として、および/または労働者の雇用主のために発生した」事故を意味します。 自営業者の場合の定義は異なり、「彼の職業を追求する過程および結果として」です。

                          被保険者が、自宅または宿泊先から職場までの運転中、乗車中、徒歩中、または職場から自宅、職場から職場への移動中に発生した事故にも適用されます。従業員が事故現場に立ち会った主な理由が従業員の仕事の要求または必要性である限り、従業員に生じた損害が交通事故のために発生した場合。

                          この保険は、業務災害保険の第 2 条に定義されている職業病にも適用されます。

                          職業病 仕事の結果として、または雇用主に代わって行動している間に、または自営業者の場合は職業を追求した結果としてかかる病気として定義されます。

                          職業病は、研究所によって認識され、細則(規則)で公開されたリストに指定されています。

                          このリストには、雇用に起因する傷害によって引き起こされる病気、物理的、化学的、または生物学的因子または特定の形態の仕事のパフォーマンスによって引き起こされる病気、および明らかに仕事に起因するものが含まれます。

                          全従業員が例外なく保険に加入しています。 すべての雇用主は、各カテゴリーの下で従業員に保険をかけなければなりません。

                          雇用主である政府にも保険加入が義務付けられており、すべての公務員が含まれます。

                          応募条件

                          対象者

                          • 被保険者が業務上傷害(労災または業務上疾病)を負った場合、傷害手当が支給されます。
                          • 労災により傷病者となった被保険者は、年金または助成金を受けることができます。
                          • 10%以上の医学的障害を持つ被保険者は、職業リハビリテーションを受ける資格があります。 障害の程度の判定方法については、以下をご覧ください。

                           

                          労災給付の受給条件

                          業務上けがをしたり、業務上疾病を起こしたりして、本来の業務やその他の業務に適する業務を行うことができず、実際に業務を行っていなかった場合に支給されます。

                          休業補償給付または年金(以下、 障害の便益) 労災による後遺障害が認められ、被保険者が傷害により後遺障害を負っている場合に限り、保険金が支払われます。

                          けがの結果は、仕事でけがをした人の健康状態と、同年齢および性別の健康な人の健康状態を比較することによって評価されます。 障害の程度を決定するテストは、主観的な考慮を考慮して、各傷害の固定パーセンテージの組み合わせです。 特定の職業では、特定の手足の喪失がより重要です。

                          障害の程度は医療委員会によって決定され、その中には次の XNUMX つのカテゴリがあります。

                          • 一審の委員会
                          • アピールボード。

                           

                          委員会は、最初に、障害の目的で認識されなければならなかった労働災害(傷害または職業病)と因果関係の程度との間の因果関係を決定します。 医療委員会は、対峙する機関から独立しています。 医療委員会は準法的機関であり、行政措置を実施するのではなく、裁定を下します。 準法的機関であるため、医療委員会は労働裁判所の管理下にあります。

                          扶養手当(年金または助成金)

                          被扶養者年金の受給資格を得るには、寡婦が 40 歳以上であるか、同居している子供がいるか、または自分自身を養うことができない必要があります。 男やもめには、彼と同居している子供がいる必要があります。 子供の定義: 被保険者の子が18歳まで、場合によっては22歳まで。

                          職業リハビリテーション

                          職業リハビリテーションを受ける資格があるためには、被保険者は、労働災害のために以前の仕事または仕事、またはその他の適切な仕事を行うことができず、職業リハビリテーションを必要とし、それに適している必要があります。

                          自営業者の保険料負担

                          保険料の滞納は、適格性を排除するか、金銭的給付率を低下させます。 傷害の時点で国民保険協会に自営業者として登録されていない自営業者は、給付を受ける資格がありません。

                          給付の種類(給付)

                          被保険者は、労働災害または疾病の場合、国民保険法に基づいて主に XNUMX 種類の給付を受ける権利があります。

                          現物給付

                          現物給付には、医療、回復施設、医療および職業リハビリテーションが含まれます。

                          医療処置には、入院、投薬と供給、整形外科および治療器具の修理と交換が含まれます。 医療処置は一般に、労働災害および被保険者の生涯におけるその影響によって必要とされる範囲で提供されます。 実際、医療サービスは、承認された医療サービスとして認められた承認された病気基金によって研究所に代わって提供されます。 職業リハビリテーションは、研究所によって直接または他の機関のサービスを通じて提供されます。

                          現金給付

                          傷害手当: これは、労働災害の結果として働くことができなくなった期間に対する支払いであり、負傷の翌日から最大 182 日間、四半期の保険料負担の賃金の 75% に基づいて計算されます。・怪我の1年前。 XNUMX 日あたりの傷害手当には上限があります (表 XNUMX を参照)。

                          表 1. イスラエルにおける労災給付の受給者

                          周期

                          遺族年金1

                          障害年金1

                          傷害保険1

                          周期

                           
                                   

                          支給日数

                          負傷者数

                             
                           

                          自己の
                          採用

                          職員

                          自己の
                          採用

                          職員

                          自己の

                          採用

                          職員

                          自営業

                          職員

                           

                          1965

                           

                          891

                          150

                          1,766

                          132,948

                          747,803

                          6,455

                          54,852

                          1965

                          1975

                           

                          2,134

                          508

                          4,183

                          237,112

                          1,067,250

                          10,819

                          65,291

                          1975

                          1980

                          382

                          2,477

                          950

                          6,592

                          23,617

                          1,017,877

                          10,679

                          63,234

                          19802

                          1985

                          445

                          2,841

                          1,232

                          8,640

                          165,635

                          921,295

                          6,619

                          50,302

                          1985

                          1986

                          455

                          2,883

                          1,258

                          8,760

                          169,035

                          964,250

                          6,472

                          51,351

                          1986

                          1987

                          470

                          2,911

                          1,291

                          9,078

                          183,961

                          1,026,114

                          6,959

                          50,075

                          1987

                          1988

                          468

                          2,953

                          1,229

                          9,416

                          172,331

                          1,004,906

                          6,683

                          47,608

                          1988

                          1989

                          481

                          2,990

                          1,375

                          9,824

                          240,995

                          1,126,001

                          8,259

                          51,197

                          1989

                          1990

                          490

                          3,022

                          1,412

                          10,183

                          248,234

                          1,159,645

                          5,346

                          51,367

                          1990

                          1991

                          502

                          3,031

                          1,508

                          10,621

                          260,440

                          1,351,342

                          8,470

                          55,827

                          1991

                          1992

                          520

                          3,078

                          1,566

                          11,124

                          300,034

                          1,692,430

                          9,287

                          64,926

                          1992

                          1993

                          545

                          3,153

                          1,634

                          11,748

                          300,142

                          1,808,848

                          8,973

                          65,728

                          1993

                          1994

                          552

                          3,200

                          1,723

                          12,520

                          351,905

                          2,134,860

                          9,650

                          71,528

                          1994

                          1995

                          570

                          3,260

                          1,760

                          12,600

                          383,500

                          2,400,000

                          9,500

                          73,700

                          1995

                          1 障害年金・遺族年金は、各年XNUMX月の受給者数。 傷害給付金については、年間の受給者数の合計です。

                          2 1980年現在、支給障害年金の年額は受給者の月平均。

                          負傷した人が少なくとも 12 日間働くことができなかった場合を除き、負傷した日から最初の XNUMX 日間は負傷手当が支払われません。

                          勤労障害給付(勤労障害年金): 20%以上の障害者を対象とし、病状に応じて賃金と障害の程度に応じた月額年金を支給します。 低所得層に属する障害年金の受給者は、追加の「所得支援」補足を受けます (表 1 を参照)。

                          就労障害助成金: これは、5 ~ 19% の障害を持つ人々を対象としています。これは、21 日当たりの傷害手当 XNUMX × 障害率に相当する XNUMX 回限りの助成金です。

                          特別年金: 75%以上の障がい者と65~74%の障がい者で歩行が困難な方を対象としています。 法律で定められた上限を上限として、個人的な費用と交通費の財政援助を提供します。

                          特別助成金: 75%以上の障がい者と、65~74%の障がい者で歩行困難な方が対象です。 車の購入を支援し(特別な条件の下で)、住宅問題の解決を支援し、障害のために必要な特別なアクセサリーを入手するのを支援します。

                          職業更生給付金: これには、診断の補助と専門家の指導、在学中のリハビリ手当(障害年金の補足として)、および旅費、授業料、学習教材などの学業に関連するさまざまな費用が含まれます。 特別な場合には、作業ツールの購入に対して助成金が与えられます。

                          被扶養者への給付

                          遺族年金: これは、子供の数を考慮して、被保険者が 40% 障害を持っていた場合に受給できる年金の 100% から 100% に相当します。 低所得層に属する扶養家族年金の受給者は、追加の「所得支援」補足を受けます (表 1 を参照)。

                          扶養手当: これは、家に子供がなく、被保険者の配偶者の死亡時にまだ 40 歳に達していなかった寡婦に、扶養年金の 36 か月分に相当する助成金が支給されます。

                          結婚助成金: これは再婚した未亡人または未亡人に送られます。これは、再婚直後の 36 回目と再婚の XNUMX 年後に XNUMX 回に分けて支払われる XNUMX か月の年金の支払いに相当する助成金です (遺族給付の権利は失効します)。

                          職業リハビリテーション: これは、職業訓練の形での職業研究、修学期間中の維持費の支払い、修学に関連する諸費用をカバーしています。

                          孤児扶養手当: これは、ほとんどの時間を高校または職業訓練で勉強する子供に適用されます。これは、9 月 1 日時点の平均賃金の XNUMX% であり、親の資力調査の対象となります。 保守手当は、年間を通じて支払われる報酬のレートによって更新されます。

                          Bar-Mitzvah グラント: これは、13 歳に達する男の子と 12 歳に達する女の子に、2 月 3 日時点の平均賃金の 1/XNUMX の率で支払われます。年。

                          次の死亡を付与します。 障害の程度が50%以上で障害年金を受給していた障害者が死亡したとき、または65歳以上(男性)または60歳以上の障害者が死亡したとき(女性)、または扶養手当を受け取っていた人の死亡時 - 死亡日の前の 1 月 150 日の平均賃金に等しい一時金。その年、故人の配偶者に(または配偶者がいない場合は子供に)。 所得補助の受給者への助成金は、記載されている平均賃金の XNUMX% に相当します。

                          その他の面

                          リハビリテーション

                          雇用災害保険の主な目的は、負傷者の職場復帰を奨励することにより、負傷者の福利厚生を向上させることです。 したがって、研究所は、10%以上の医学的障害を持つ障害者への職業リハビリテーションのサービスをサポートしています。 さらに、障害者は、研究所から障害年金を受ける権利に影響を与えることなく、仕事からの追加収入を得る権利があります。

                          補償範囲の延長

                          前述のとおり、機構の被保険者には、狭義の労働者ではない個人事業主、職業訓練生なども含まれます。

                          システムの説明

                          歴史

                          パレスチナにおける英国委任統治時代 (1922 年から 1948 年) に公布された最初の労働法は、1922 年の労働者補償条例でした。彼らの解釈 労働者の補償の分野における英国の革新は、イスラエルで導入されました。

                          上記の法律は、クネセトが 1 年国民保険法を可決した 1954 年 1954 月 XNUMX 日まで有効でした。この法律は、法律の規定に従って行動することを国民保険協会に許可しました。 国民保険法は、国民保険法が施行されるまでほとんど存在しなかった幅広い国民保険および法定手当プログラムを含む最初の包括的な社会保障法でした。

                          この法律には、保険給付の XNUMX つの主要部門が含まれていました。

                          • 老齢・遺族保険
                          • 労災保険
                          • 出産保険。

                           

                          これまで、国民保険法は何度も改正されてきました。 労働者の報酬に関連する主な改正は次のとおりです。

                          • 保険制度に自営業者を含める(1957年)
                          • 「労働災害」は、歩行中または運転中の事故に拡大されました。

                           

                          カバレッジの種類

                          業務災害に対する労災保険は、国民保険協会が管理しています。 この保険は、労働災害に対する現金給付と現物給付の両方をカバーしています。 従業員の保険に貢献する雇用主は、もはや不法行為法の下で責任を負いません。 ただし、不注意の場合は責任を問われる場合があります。 国民保険から支払われる給付は、従業員が受け取る報酬から差し引かれます。

                          労働災害をカバーするだけでなく、研究所は職業病をカバーしています。 労働災害保険規則の規則 44 および 45 の第 49 付録として、職業病のリストが添付されています。 このリストはほぼ包括的で、事実上 XNUMX 種類の職業関連疾患をカバーしています。 職業病認定制度は混合制度です。 これにはリストされている職業病が含まれますが、特定の条件に従って、他の職業病も補償されます。

                          国民保険法によると、「職業病」とは、法律(第 85 章)で職業病として定義され、仕事の結果として、または雇用のために、または自己の場合には、彼または彼女の職業の結果として雇用された人。

                          いくつかの補償原則

                          労働者災害補償法の主な役割は、雇用主が研究所に拠出したかどうかにかかわらず、負傷した人が法律によって与えられた利益を受ける権利があり、負傷した労働者はこれらの利益を請求する資格があるということです。

                          研究所の保険金請求責任者は、国民保険委員会によって、傷害または業務関連の疾病保険金請求が有効かどうかを決定する権限を与えられています。 原告が決定に不服がある場合、原告は労働裁判所に訴訟を起こすことができ、国立労働控訴裁判所に上訴する権利があります。

                          労働裁判所での手続きの申請者は、専門家の決定に従って、国民保険協会から無料の法律扶助が与えられます。

                          特典更新の仕組み

                          雇用災害給付金は、支払後の 91 月 1 日の平均賃金の上昇に関連して XNUMX 日目から調整され、インフレにより労働者が受け取る賃金の上昇に関連して年間を通じて調整されます。

                          傷害手当(182日)は源泉徴収されます。 障害給付と長期給付は、生活費の増分と、1 月 XNUMX 日の平均賃金の変化に応じて更新されます。 障害および長期給付は非課税です。

                          被保険者が老齢年金の受給資格(男性65歳、女性60歳)に達すると、XNUMX種類の給付から選択できます。

                          財政—寄付

                          すべての雇用主は、従業員のために貢献しなければなりません。 被保険者が複数の雇用主に雇用されている場合、それぞれが唯一の雇用主であったため、それぞれが保険料を負担するものとします。 自営業者、および従業員でも自営業者でもない人は、自分で寄付しなければなりません。 雇用主は、国民保険協会に拠出します。 31 年 1970 月 0.5 日までの平均率は 3.0% から 1% で、1971 年 0.7 月 4.0 日以降は 1% から 1981% でした。 0.7 年 2.4 月 1 日から、最低税率は 1986%、最高税率は 0.7% になりました。 1986 年 1 月 1987 日から、XNUMX 年以前と同様に、さまざまな業界のリスクの程度に関係なく、保険料の標準率 (XNUMX%) が決定されました。人件費が安いから。

                          職員の場合の月々の拠出率は、その月の収入額の割合とする。 それ以外の方の場合は、四半期ごとの収入による割合となります。

                          保険料は、被保険者の最大および最小所得の対象となります。 拠出金の最大所得は、従業員と非従業員の平均賃金の XNUMX 倍として計算されます。

                          国民保険法では、傷病手当金を受給していた従業員が受給していた期間について、保険料の納付を免除する規定があります。

                          防止

                          国民保険法は、労働災害の防止には関与していません。 国民保険法第 82 項は、被保険者の過失による傷害について規定しています。 制裁は、被保険者が XNUMX 日未満働くことができない場合、給付金の不払いという形で適用されます。

                          National Insurance Institute は、Institute of Occupational Safety and Hygiene などの事故防止分野の団体に貢献しています。

                          国民保険協会は、安全、工学、医学、工業化学、衛生などの分野で広く適用可能な実験手段の研究と開発など、労働災害の防止を目的とした活動の資金調達を支援するための基金を維持しています。

                           

                          戻る

                          金曜日、2月25 2011 01:02

                          日本における労災補償

                          対象範囲と目標のまとめ

                          カバレッジ

                          対象となる危険

                          日本における労災保険制度は、1947 年に制定された労働災害補償法に基づき、政府の管轄下にあります。 それは、「義務のために」被った怪我、病気、障害、または死亡から労働者を迅速かつ公正に保護するために、労働者に保険給付を提供します。 「義務のため」の定義は、関連する法律の規定では規定されていません。 しかし、行政機関が使用する基準は、この制度が雇用に起因する傷害、障害、または死亡に適用されることを明確にしています。および「この職務状況に起因する事故または状況による」。 したがって、この制度は、労働者が勤務中または通勤中に発生したすべての負傷、障害、および死亡に適用されます。 また、「危険を伴う作業に従事する労働者が、そのような危険の突然または慢性的な作用により健康を害する可能性がある疾病または障害」にも適用されます。 これらの職務上の疾病には、物理​​的、化学的および生物学的因子または特定の形態の業務遂行によって引き起こされる雇用および職業病に起因する傷害によって引き起こされるもの、および明らかに仕事に起因するものが含まれます。

                          対象となる産業と労働者

                          労災保険制度は、労働基準法が適用される事業所に雇用され、賃金を受け取るすべての労働者に強制的に適用されます。 企業規模の大小を問わず、常用・臨時雇用、日雇い労働者、フルタイム・パートタイム労働者を含む。

                          一部の農林水産業を除くすべての産業が制度の対象となります。 例外は、従業員が XNUMX 人未満の個人所有の農業事業、常用労働者を雇用していない林業事業者、従業員が XNUMX 人未満で重大な事故のない海域で操業している漁業事業者です。 公務員、地方公務員、船員は、それぞれ別の労災補償制度が適用されます。

                          支払いの種類

                          業務中のけがや病気に対して、次のような保険給付が利用できます。

                          • 医療上の利点: 原則として療養(例外的に治療費の現金給付)
                          • 一時障害給付: 治療のために働くことができず、賃金を得ることができないとき
                          • 傷病補償年金: 治療開始からXNUMX年半経過しても回復せず、障害の程度が一定の水準にある場合
                          • 身体障害補償給付金: 労働者に残された身体障害の程度に応じて
                          • 遺族補償給付: 当該労働者の収入により扶養していた配偶者、子、父母、孫、祖父母または兄弟姉妹
                          • 葬儀費用
                          • 介護補償給付: 1級または2級の身体障害補償年金または傷病補償年金の場合の常勤または臨時の看護。

                           

                          通勤中のけが、病気、障害または死亡に対して、次の給付が支払われます。 (b) 一時障害給付。 (c) 傷病年金。 (d) 身体障害者給付。 (e) 遺族給付(f) 葬儀の利益。 (g) 介護給付給付内容は、労災・業務上疾病の場合と同様です。

                          所得給付は、当該労働者の平均日給に基づいて計算されます。 一時障害給付は、平均日給の60%に相当する金額で、平均日給の20%に相当する一時障害特別手当とともに、休業60日目から支給されます。最初の 245 日間の平均賃金の %)。 313年半以内に回復しない場合に支給される傷病補償年金の額は、平均日給の131日~313日分。 身体障害者給付は、平均日給の 153 日から 245 日分の範囲です。 遺族補償一時金の額は、平均賃金日額のXNUMX日~XNUMX日分です。

                          一時障害給付、年金、一時金は、賃金の動きを反映するスライド制です。 当該労働者がけがをしたり、病気になったりした日の属する四半期の全労働者の平均賃金が、その年の四半期の平均賃金の110%を超えるか、その日の属する四半期の平均賃金の90%を下回った場合は、日平均賃金一時障害給付金の計算に使用される賃金は、変動する平均賃金率に応じて自動的に修正されます。 年金や一時金についても、全労働者の年間平均給与が、死亡・発病した年の平均給与を上回ったり下回ったりした場合に、同様の計算が行われます。

                          その他の面

                          福祉サービス

                          労災保険は、被害者の職場復帰や社会復帰を促進することにより、労働者の福祉を増進し、被害者とその遺族を支援し、適正な労働条件を確保することを目的としています。 そのため、このシステムには、さまざまな福祉サービスといくつかの予防措置のための個別の規定があります。 これらのサービスの一部は、保険制度が資金を提供する労働福祉サービス協会によって管理されています。 福祉サービスには、労災病院、脊髄障害センター、リハビリテーション ワークショップ、住宅ローン、教育および長期家族介護のための救済基金の設立と管理、労災に苦しむ労働者のための特別なケア施設の設置と運営、ホーム ヘルプが含まれます。サービスと介護機器のリース。

                          補償範囲の延長

                          事業の性質上、労働者と同等の保護を行うことが適当である中小企業の事業主や自営業者は、労災保険の対象となります。 保険制度への加入は、労働保険事業組合に保険事務を委託している中小企業の事業主と、保険事務を行う団体に加入している自営業者に認められています。

                          日本国内の雇用主が海外に派遣する労働者、または海外中小企業の代表として派遣される労働者が対象となります。

                          システムの説明

                          歴史

                          作業中の傷害に対する労働者の補償の必要性は、工場法 (1911 年) と鉱山法 (1905 年) によって最初に指摘されました。 これらの法律は、雇用主が労働災害の被害者に援助を提供する責任があると規定していました。 健康保険法 (1922 年) は、これらの法律が適用される企業に従事する労働者が仕事の内外で被った短期的な傷害を対象としていました。 その後、補償範囲は長期の怪我や土木、建設、運輸作業員にまで拡大されました。 第二次世界大戦の終結に伴い、1947 年に次の XNUMX つの主要な法律が制定され、新たな段階が始まりました。 労働基準法は、業務災害の場合の「援助」に代わる使用者の責任と補償の考え方を初めて導入した。 労災保険法により、新設された労働省の所管に保険が設置される。 保険制度は度重なる法改正により整備されてきました。 国の社会保障制度とは独立した制度として運営されています。

                          保険の種類

                          労災保険は、国が運営する国の保険制度です。 保険の適用範囲は、業務中のすべての事故や疾病、通勤中の事故に及びます。 医療給付と現金収入給付の両方を対象としています。 この制度の対象となるけがや病気にかかった労働者の医療およびリハビリテーション費用は、保険によって支払われます。

                          労災保険に加入している事業主は、この保険で補償された場合、労働基準法で定められた補償の責任を負いません。 ただし、州の保険によって提供されるレベルを超える補足的な補償を提供する労働協約があります。 また、民間保険会社が運営する補償保険制度に加入している民間企業も多い。

                          労働災害や疾病の被害者とその家族に対する追加補償額に関する紛争は、しばしば裁判所に持ち込まれます。

                          あらゆる種類の雇用および通勤中の傷害が補償されます。 疾病については、労働基準法施行令(昭和35年改正)第1978条に業務上疾病一覧表が附属している。 このリストは包括的であり、事実上すべての種類の職業関連疾患を網羅しています。 次の XNUMX つのカテゴリが挙げられます。

                          • 業務外傷による疾病
                          • 身体因子による疾患(13項目)
                          • 極度の生理的緊張が関与する特定の形態の作業パフォーマンスによって引き起こされる疾患 (5 項目)
                          • 化学物質等による疾病(8項目)
                          • 粉じんが飛散する場所での作業に起因する塵肺及び塵肺法施行令(昭和1960年)で定める塵肺に合併する疾病
                          • 細菌、ウイルス、その他の病原体による疾患(5項目)
                          • 発がん性物質または薬剤、または発がん性物質の製造工程で行われる作業に起因する疾患 (18 項目)
                          • その他労働大臣が指定する疾病
                          • 仕事が原因と思われるその他の病気。

                           

                          社会的パートナーの役割

                          報酬原則の策定

                          労災保険は、事業主が全額負担する保険制度として始まりました。 国による一部支給は1960年に始まり、長期傷病補償が採用され、一時金が身体障害者への年金に置き換えられました。 1965年には、労災保険の運営費や保険料の支払いに対する政府の補助金が導入されました。 これは、当初、一部の農林水産業を除き、XNUMX 人以上の労働者を常時雇用する企業にのみ適用されていた労災補償法の一連の改正によって達成されました。 このような企業は、事業を開始するとすぐに自動的に保険制度に加入する義務があります。 保険制度の運営は、労働省の労働基準局によって監督されています。 違反した場合は罰則が適用されます。 このように、使用者と労働者の役割は、基本的にシステムの初期の役割です。

                          負傷した労働者と遺族が受ける給付は、法律のいくつかの修正によって改善されました。 これらの改正により、長期給付や遺族補償年金の充実、賃金水準の変動による給付額のスライド制の導入、通勤災害への給付の拡大、特別加算制度や労働福祉サービスの創設が1976年に行われました。労災保険給付金と民事損害賠償金の調整規則を制定。 介護補償給付制度を導入しています。

                          怪我や病気が職務上のものかどうかの判断は、行政の解釈に基づいています。 決定に不服のある者は、労働大臣が任命する労災保険審査官の審査または仲裁を請求することができる。 審査官の決定に不服がある場合、労働保険審議会に再審査を請求することができます。 評議会の決定に不服がある人は、裁判所に訴訟を起こすことができます。

                          更新の仕組み

                          保険制度の運用条件は、雇用主、労働者、学界が代表する労働者災害補償保険協議会によって承認されます。 制度の整備や保険給付の変更は、協議会で検討されます。 その結果、前述のように労災保険法が何度か改正されました。

                          補償事件に関する上訴および民事裁判制度の決定は、給付水準および基準の更新に寄与する。

                          財源

                          政府は雇用主から保険料を徴収します。 保険料は、保険年度に企業内のすべての労働者に支払われる総賃金に保険料率を掛けて計算されます。 この保険料率は、過去の事故率等を勘案して事業者区分ごとに決定されます。 業種ごとの保険料率の決定には、メリット制度が適用されます。 1992 年 1 月現在の業種別の保険料率を表 XNUMX に示します。

                          表1 日本における労災保険の保険料率(1992年XNUMX月)

                          業種

                          事業の種類

                          プレミアムレート

                          林業

                          木材の伐採と運搬

                          0.142

                           

                          その他

                          0.041

                          漁業

                          海釣り(下記除く)

                          0.067

                           

                          定置網または養殖による漁業

                          0.042

                          鉱業

                          石炭鉱業

                          0.111

                           

                          金属および非金属の採掘

                          0.099

                               
                           

                          下記以外

                          0.040-0.072

                               
                           

                          石油または天然ガスの採掘

                          0.010

                          構造

                          新設または発電所とトンネル

                          0.149

                           

                          鉄道の新設

                          0.068

                           

                          道路の新設

                          0.049

                           

                          その他

                          0.025-0.038

                          製造

                          セラミック

                          0.020-0.027

                           

                          木材製品

                          0.026

                           

                          造船と修理

                          0.023

                           

                          金属製品

                          0.022

                           

                          ファウンドリ

                          0.021

                           

                          その他

                          0.006-0.018

                          輸送

                          船の積み下ろし

                          0.053

                           

                          その他の港湾荷役

                          0.029

                           

                          上記以外の荷役

                          0.019

                           

                          交通と輸送

                          0.007

                          電気、ガス、水または熱の供給

                           

                          0.006

                          その他

                          クリーニング、火葬または食肉処理

                          0.014

                           

                          その他

                          0.006-0.012

                           

                          平成1997年から、労働者の安全と健康を確保するための特別措置を講じた中小企業を対象に、功績制度を通じて決定される保険料率を増減する特例措置が適用されることになった。

                          負傷した労働者または遺族は、保険金の請求に必要な情報を提供することが期待されています。 通勤傷病手当金の受給者は、XNUMX回目の療養費としてXNUMX円を限度として負担したことが必要です。

                          防止

                          労災保険の労働福祉サービスの一環として、予防措置を講じています。 これらには以下が含まれます:

                            • 産業保健センターの設立と管理。 と
                            • 労働安全衛生協会を支援しています。

                               

                              その結果、保険基金によってさまざまな予防活動が支援されます。

                              コスト体験のまとめ

                              表 2 は、労災保険の対象となる企業数と労働者数、年間の保険料総額の推移を示したものである。要介護度一時障害給付金の平均日給の上限は1983年に設定された。この表からわかるように、保険制度の対象となる労働者の数は着実に増加しているが、保険金を受け取るケースの数は減少している。 1990年以来。

                              表2 日本における労災保険の適用対象企業・労働者と給付額

                              会計年度

                              (XNUMX月~XNUMX月)

                              該当数
                              植物
                              (千)

                              対象労働者数(千人)

                              保険金の額
                              (百万円)


                              新製品
                              受益者(千人)

                              1960

                              808

                              16,186

                              27,172

                              874

                              1965

                              856

                              20,141

                              58,372

                              1,341

                              1970

                              1,202

                              26,530

                              122,019

                              1,650

                              1975

                              1,535

                              29,075

                              287,640

                              1,099

                              1980

                              1,840

                              31,840

                              567,288

                              1,099

                              1985

                              2,067

                              36,215

                              705,936

                              902

                              1986

                              2,110

                              36,697

                              724,260

                              859

                              1987

                              2,177

                              38,800

                              725,922

                              847

                              1988

                              2,270

                              39,725

                              733,380

                              832

                              1989

                              2,342

                              41,249

                              741,378

                              818

                              1990

                              2,421

                              43,222

                              753,128

                              798

                              1991

                              2,492

                              44,469

                              770,682

                              765

                              1992

                              2,542

                              45,832

                              791,626

                              726

                              1993

                              2,577

                              46,633

                              799,975

                              696

                              1994

                              2,604

                              47,008

                              806,932

                              675

                               

                              1994 年には、全保険給付の 25% が医療給付、14% が一時障害給付、6% が身体障害補償一時金、39% が年金、14% が特別給付金でした。 産業別の保険給付の分布を表 3 に示します。

                              表3 日本の業種別保険金支払状況

                              業種

                              適用植物1

                              対象労働者1

                              保険金の額2

                               

                              (%)

                              (%)

                              (千円)

                              (%)

                              林業

                              26,960

                              (1.0)

                              126,166

                              (0.3)

                              33,422,545

                              (4.2)

                              漁業

                              6,261

                              (0.3)

                              56,459

                              (0.1)

                              3,547,307

                              (0.4)

                              鉱業

                              6,061

                              (0.2)

                              55,026

                              (0.1)

                              58,847,081

                              (7.3)

                              構造

                              666,500

                              (25.6)

                              5,886,845

                              (12.5)

                              268,977,320

                              (33.6)

                              製造

                              544,275

                              (20.9)

                              11,620,223

                              (24.7)

                              217,642,629

                              (27.2)

                              輸送手段

                              70,334

                              (2.7)

                              2,350,323

                              (5.0)

                              64,536,818

                              (8.1)

                              電気、ガス、水または熱の供給

                              1,962

                              (0.1)

                              188,255

                              (0.4)

                              1,344,440

                              (0.2)

                              その他

                              1,281,741

                              (49.2)

                              26,724,978

                              (56.9)

                              151,657,177

                              (19.0)

                              トータル

                              2,604,094

                              (100%)を

                              47,008,275

                              (100%)を

                              799,975,317

                              (100%)を

                              1 1994年度末現在。

                              2 1993年度末現在。

                               

                              戻る

                              試験

                              労働者の労働災害を補償するためのスウェーデンの公式制度は、法律、すなわち労働災害保険に関する公式法 (1993 年労働災害保険に関する公式法) によって規制されています。 このシステムは、スウェーデンの国家社会保障の枠組みの不可欠な部分として機能するように編成されており、雇用主への課税からの金銭的拠出と、政府の歳入源からの基本的な資金提供を受けています。

                              法律によると、労働災害補償の目的は、収入の損失と評価された収益能力の損失を補償することです。 さらに、労働市場の大部分は、労働市場の社会的パートナー(公共および民間部門の雇用者組織と対応する労働組合)間の労働協約に基づいて、被保険者の痛みと健康を補償するための補助的なシステムを持っています。苦しみ、障害、ハンディキャップ、その他の種類の無能力。 この集団保険プログラムは、労働市場無過失責任保険(TFA)と呼ばれます。 つまり、請求を承認するために、請求者が雇用主または問題の請求に関与した他の人の過失を証明する必要はありません。 この補足的な保険制度は、法律によって要求または規制されておらず、雇用主の組織と労働組合によってパートナーシップに基づいて共同で運営されています。

                              以下の議論は、スウェーデンの公式立法制度に焦点を当てます。

                              組織

                              公的な制度は、傷害が発生したときに被保険者から提出された通知に基づいて動作します。 被保険者は、病気や健康問題が明らかになった時点で労働市場で雇用されているすべての人で構成されています。 通知は、実際には負傷者がフォームに記入することを意味しますが、雇用主に渡され、雇用主はそれを地元または地域の社会保険局に転送する義務があります。 通知に添付された書類と証拠を十分に検討した後、地域の社会保険委員会が請求を承認または却下する決定を下します。

                              請求者または関係者が社会保険委員会の決定に満足しない場合、その事件は行政上訴裁判所に付託されることがあります。 この裁判所は、スウェーデン司法の一部です。

                              1 年 1993 月 XNUMX 日から施行されているスウェーデンのシステムは、次の XNUMX つの基本原則に基づいて運用されるように設計されています。

                              • 労働災害の概念
                              • 職場での有害物質の概念
                              • 問題となっている病気に関する有害物質の因果関係の概念。

                               

                              労働災害

                              労働災害の概念には、労働災害と職業病という XNUMX つの主要な要素があります。 概念の有効な部分は用語にあります 損傷. これは、職場での事故または病気を引き起こし、現在の職場または以前に行われた仕事で働いている危険因子のいずれかによって引き起こされる可能性があります。 したがって、傷害の概念は、事故によって引き起こされる身体的危害の結果と、職場で作用する物理的、化学的、心理的、またはその他のタイプの環境要因など、他の要因によって引き起こされると見なされる病気または機能障害の両方の結果を含みます。 実装されている疾患の概念には広い範囲があります。 それは、例えばWHOの疾患分類によって分類される疾患と、さらに、健康異常として個人によって認識される機能障害、病気または機能障害の両方を対象としています。 これは、スウェーデンには、公式に定義された職業病または仕事関連の病気のリストがないことを意味します。 上記の病気や機能障害は、経済的補償の請求を裏付けるために提示された証拠に応じて、職業に起因すると見なされ、認識される場合があります。 これは、仕事または職場の要因によって直接引き起こされる病気または健康上の問題に加えて、次の要因が労働災害の概念に含まれる可能性があることを意味します。

                              • 仕事に関連しているが、労働条件とは関係なく一般集団にも発生する病気の初期症状
                              • 労働条件とは因果関係はないが、職場の要因が病気の加速または悪化に寄与する可能性がある病気または機能障害。

                               

                              この広範な労働災害の概念は 1977 年から適用されており、1 年 1993 月 XNUMX 日以降施行されている改正法でも変更されていません。これは、職業病のクローズド リストがないことを意味します。 また、職業に起因する病気と仕事に関連した病気との区別もありません。 負傷者 (社会保障制度の対象者) によって報告された疾病または機能障害の職業上の負傷としての認識は、請求者が提示した証拠に依存します。

                              この幅広い概念を使用することで、職場での状態に起因または起因する可能性のある健康問題をシステムが特定できるようにすることを目的としています。

                              職場の有害物質

                              労働災害の認識は、職場での危険因子の特定に依存しています。 そのような病原体を特定できず、問題となっている傷害の種類に十分に関連していると評価できない場合、その疾患または機能障害は労働災害の事例として承認されません。

                              有害物質 従業員の健康状態に悪影響を及ぼす可能性のある物理的、化学的またはその他の作用物質を意味します。 範囲に関しては、いくつかの制限があります。 法律は、企業の閉鎖、労使紛争、社会的支援の欠如、または一般的な職場文化への不適応、およびその他の同様の条件に関連する要因を危険要因とは見なしていません。

                              1 年 1993 月 XNUMX 日に施行された法律の要件は、次のように定義されています。

                              この言い回しは、31 年 1992 月 XNUMX 日まで有効だった法律と比較して、社会保険委員会が検討する証拠に関する要件のレベルが強化されたことを表しています。 検討中の病原体の危険特性の評価は、有資格の医療専門家の間の意見の主流、または理想的にはコンセンサスに準拠する必要があることも、法律に添付された説明テキストで明確にされています。 危険物の評価に関して多様で異議を唱える専門家の意見がある場合、高い確率の基準は満たされません。

                              有害物質の評価は、量の評価も意味します。 問題の病原体への暴露は、持続時間、強度、および危険性を決定するために判断されるその他の基準に関して考慮されます。

                              因果関係

                              有害物質の存在または以前の発生が非常に可能性が高いと立証されると(この文脈では量の評価も含まれます)、次のステップは、個々のケースにおける因果関係の妥当性について最終的な判断に達することです.問題。 従うべき一般規則は、証拠の重みは、疾病または健康問題を労働災害として認識するための因果関係を支持するべきであるということです。 31 年 1992 月 XNUMX 日まで有効だった以前の法律によると、因果関係の概念はかなり柔軟でした。 有害物質の存在が確率として受け入れられ、反対の証拠が提示されなかった場合、因果関係が推定されました。 証拠責任は今や逆転した。 この要件は、現在、因果関係を支持する正の重みの証拠です。 実際には、別の因果関係の説明も考慮する必要があることを意味します。 これには、たとえば、請求者のライフスタイルや余暇活動、または一般的な個人的状況の側面が含まれる場合があります。

                              個人の脆弱性の評価

                              法律を実施する際の基本原則は、憲法上の弱点と脆弱性を備えたすべての被保険者を受け入れることです。 この原則は、例えば、過敏症反応やアレルギー疾患に関連する健康上の問題を評価する際に、かなりの困難を引き起こす可能性があります. 個人の体質と環境/職業要因それぞれからの相対的な寄与について、十分な情報に基づいた判断を下すことは非常に難しい場合があります。 このような場合、有害物質の特性を定義および評価する際に困難が生じます。 病原体 (例えば、職場の化学物質や大気汚染物質への暴露) は、暴露されたほとんどの人には無害かもしれませんが、特に影響を受けやすい人には無害かもしれません。

                              労働災害の補償と予防措置

                              負傷者に補償を支払うためのスウェーデンの法制度と、職業上の健康予防措置を実施するための法制度は別個のものであり、直接的な関係はありません。 職場での事故や労働災害の発生率は、雇用主や企業による財政的貢献のレベルには影響しません。 これは、定額料金と呼ばれることもあります。

                              補償制度は、労働災害が認められた人への支払いに対してのみ機能し、予防措置の実施には関係ありません。

                              病気やけがが労災として認定されているかどうかに関係なく、同じ規則が業務更生にも適用されます。 雇用主は、原則として、労働者が 4 週間以上仕事を休んだ場合、更生プロセスを開始するための措置を講じる義務があります。

                              社会的パートナーの役割

                              社会保険法は、社会的パートナー (すなわち、使用者団体および労働組合) に、労働災害に対する補償請求を拒否または承認する役割を与えていません。 会社レベルでは、雇用主は法律により、従業員が提出した労働災害に対する請求を社会保険制度に提出する義務があります。 労働組合組織は、通常、組合員の間で請求者に助言と支援を提供します。 このような支援には、請求書の作成、職場の状況の調査、アドバイスの提供が含まれます。

                              現在の状況

                              現在の法律が正式に施行されて以来、監督当局は、以前の法律の下で報告されたかなりの被害の蓄積に対処するのに大忙しでした。 これは、現在の法律からの経験が限られており、公式の公的統計が不完全であることを意味します。

                              現時点では、法律を実施するための実用的なガイドラインを作成する必要があります。 スウェーデン労働市場保険 (TFA) トラストは、国立労働生活研究所と共同で、最近、特定の疾患カテゴリーの疾患および職業的要因に関する知識の範囲を説明するレポートを発行しました。 現在、このような記述は、腫瘍疾患、神経系の疾患、肺および胸膜の疾患、悪性疾患、心血管疾患、皮膚疾患、および労働関連の難聴について利用可能です (国立労働生命労働市場研究所 No. -過失責任保険信託 1995)。 心理的障害とストレス関連の精神障害に関する別の巻が準備中です。

                              労働災害補償法が改正される前の 1990 年代初頭の職業病のレベルは、年間 50,000 万件から 55,000 万 20,000 千件程度でした。 この間に報告され認定された労働災害の数は、22,000 ~ 80 件でした。 筋骨格障害は、報告された職業病の大部分 (XNUMX%) を占めていました。

                              報告された労働災害のレベルに影響を与える重要な要因の 1993 つは、それぞれ労働災害制度と一般疾病給付制度から受け取った支払いの自動調整です。 90 年には、調整期間が 180 日から 180 日に延長されました。 これは、けがや病気が仕事に因果関係があるとしても、長期欠勤(180日以上)または恒久的な障害につながらない限り補償されないことを意味します。 最初の XNUMX 日間の補償は、一般的な疾病給付制度によってカバーされます。

                              近い将来、報告された労働災害の数と、その結果、認識された事例の数が大幅に減少すると予想されます。 公式の統計ルーチンは、法律の変更にまだ適応していません。 これは、現時点で記録されている通知および認識された労働災害の数が、以前の法律に基づく請求と、1 年 1993 月 XNUMX 日の時点で施行されている法律に基づいて解決された請求の組み合わせで構成されていることを意味します。公式統計は、現時点では、上記の法律の改正の影響を説明することはできません。

                               

                              戻る

                              免責事項: ILO は、この Web ポータルに掲載されているコンテンツが英語以外の言語で提示されていることについて責任を負いません。英語は、オリジナル コンテンツの最初の制作およびピア レビューに使用される言語です。その後、特定の統計が更新されていません。百科事典の第 4 版 (1998 年) の作成。

                              内容

                              労災補償、参考文献のトピックス

                              アベンハイム、L および S Suissa。 1987 年。職業性腰痛の重要性と経済的負担。 J Occup Med 29:670-674。

                              Aronoff、GM、PW McLary、A Witkower、および MS Berdell。 1987. 疼痛治療プログラム: 労働者を職場に戻しますか? J Occup Med 29:123-136.

                              Berthelette, D. 1982. インセンティブ ペイが労働者の安全に及ぼす影響。 第8062t。 モントリオール: IRSST.

                              Brody、B、Y Letourneau、およびA Poirier。 1990. 労働災害防止の間接費論. J Occup Acc 13:255-270。

                              バーガー、EJ. 1989年。職業病を防ぐために労働者の報酬を再構築。 アン NY Acad Sci 572:282-283。

                              崔、BCK。 1992. 健康労働者効果の定義、情報源、規模、効果修飾子、および削減戦略。 J Occup Med 34:979-988。

                              Cousineau、JM、R Lacroix、および AM Girard。 1989. 職業上の危険と賃金補償格差。 Cahier 2789。モントリオール: CRDE、モントリオール大学。

                              Dejours, C. 1993. 人間工学、職業上の健康、および労働者グループの健康状態。 人間工学と健康、D Ramaciotti と A Bousquet によって編集されました。 ジュネーブ:医療衛生。

                              Durrafourg、J、およびB Pélegrin。 1993年。利益としての予防。 Ramaciotti と Bousquet が編集した Ergonomics and Health で。 ジュネーブ:医療衛生。

                              Euzéby, A. 1993. 社会保障の資金調達: 経済的有効性と社会的権利。 ジュネーブ: ILO.

                              ファベルジュ、JM. 1977. 職場における安全のリスク要因分析。 Rev Epidemiol Santé Publ 25:229-241。

                              フランソワ、M、D リエヴァン​​。 1993. 不確かな仕事には特定のリスクがありますか? Ramaciotti と Bousquet が編集したエルゴノミクスと健康。 ジュネーブ:医療衛生。

                              Gressot、M および P レイ。 1982. CNA データを使用した労働災害の統計分析 (スイス)。 Sozial-und Präventivmedizin 27:167-172。

                              ヘルムカンプ、JC、CM ボーン。 1987. 1977 年から 1983 年までの米国海軍における事故や負傷による入院率に対する新しい仕事の時間の影響. J Occup Med 29:653-659.

                              国際労働機関 (ILO)。 1964. 1964 年の業務災害給付条約 (第 121 号) および 1964 年の勧告 (第 121 号)。 ジュネーブ: ILO.

                              —。 1993. 仕事関連疾患に関する国際シンポジウムの議事録: 予防と健康増進 (1992 年 XNUMX 月)。 リンツ: ILO.

                              ジョンソン氏、MR および BA シュミーデン。 1992. 労働者の補償に関する図書館ベースの情報サービスの開発: 提案。 J Occup Med 34:975-977.

                              ジャッド、FK、GD バロウズ。 1986. 精神医学の補償とリハビリ。 Med J Austral 144:131-135。

                              Laflamme、L および A Arsenault。 1984 年。職場での賃金形態と傷害。 Ind Relat J 39:509-525。

                              Léger、JP、およびI Macun。 1990. 南アフリカの産業における安全性: 事故統計の分析。 J Occup Med 11:197-220。

                              マリノ、DL. 1989 年。労働者の補償と職業病の予防。 アン NY Acad Sci 572:271-277。

                              ミカエルソン、B および C リスター。 1991. スウェーデンの労働災害保険: 改革が必要な賞賛に値するプログラム。 Int Soc Sec Rev 44:39-50。

                              モラビア、A. 1984. 作業環境のためのイタリアの予防システム。 Cahiers ECOTRA、No. 5. ジュネーブ: ジュネーブ大学。

                              独立行政法人労働市場研究所無過失責任保険信託。 1995年。職業病。 作業中の有害物質: 作業関連の傷害 (スウェーデン語)。 Arbete och hälsa 16:1-219.

                              Niemcryk、SJ、CD Jenkins、RM Rose、および MW Hurst。 1987. 専門職の従業員の病気や怪我の発生率に対する心理的変数の予想される影響。 J Occup Med 29:645-652。

                              労働災害保険に関する公式の法律。 1993年。参考文献。 SFS 1976:380 と SFS 1993:357 の修正 (スウェーデン語)。

                              レイ、P、A ブスケ。 1995. 労働災害および疾病に対する補償: 職場での予防に対するその効果。 人間工学 38:475-486。

                              レイ、P、V ゴニク、D ラマチョッティ。 1984. スイスの保健システム内の産業医学。 ジュネーブ: Cahiers ECOTRA、No. 4。ジュネーブ: ジュネーブ大学。

                              レイ、P、JJ マイヤー、ブースケ。 1991. VDT を使用する労働者: 職場での困難とその場合の産業医の態度. 人間工学、健康と安全、Singleton と Dirkx によって編集されました。 ルーベン: ルーベン大学。 プレス。

                              ストーンサイファー、LJ、GC ハイナー。 1993年 職場の健康診断前後の健康習慣。 J Occup Med 35:297-305.

                              Tchopp, P. 1995. Crises et Mutations économiques: l'impact sur la sécurité sociale. RéalitésSociales。 29:75-83。

                              Von Allmen, M and D Ramaciotti.1993. LBPの職業と日常生活。 FNRS No. 402-7068。

                              ウォルシュ、N、D ドミトル。 1988 年。LPB からの回復に対する補償の影響。 労働者の背中の痛み、Rayo 編。 フィラデルフィア:ハンリー&ベルフス。

                              ウォルターズ、V、T ヘインズ。 1988. 「内部責任システム」の労働者の使用と知識。 労働安全衛生への参加の制限。 カナダの健康政策 14:411-423。

                              ウォーショー、LJ. 1988. 職業上のストレス。 Occup Med: State Art Rev 3:587-593。

                              Yassi、A.1983。 労災補償の最近の動向。 カナダ産業医学会の第 XNUMX 回年次会議、XNUMX 月、トロント。