4バナー

 

29.人間工学

章の編集者:  ヴォルフガング・ローリグとヨアヒム・ヴェダー

 


 

目次 

表と図

概要
ヴォルフガング・ローリグとヨアヒム・ヴェダー

目標、原則および方法

人間工学の性質と目的
ウィリアム・T・シングルトン

活動、タスク、および作業システムの分析
ヴェロニク・デ・カイザー

人間工学と標準化
フリードヘルム・ナクライナー

チェックリスト
プラナブ クマール ナグ

物理的および生理学的側面

人体計測
メルキオーレ・マサリ

筋肉の仕事
ジュハニ・スモランダーとヴェイッコ・ロウヘヴァーラ

職場での姿勢
イルッカ・クオリンカ

生体力学
フランク・ダービー

一般的な疲労
エティエンヌ・グランジャン

疲労回復
Rolf Helbig と Walter Rohmert

心理的側面

メンタルワークロード
ウィンフリード・ハッカー

警戒
ハーバート・ホイヤー

精神疲労
ピーター・リヒター

仕事の組織的側面

作業組織
エバーハルト・ウーリッヒとグデラ・グローテ

睡眠不足
小木一貴

作業システムの設計

ワークステーション
ローランド・カデフォス

ツール
TM フレイザー

コントロール、インジケーター、パネル
カール HE クローマー

情報処理とデザイン
アンドリーズ・F・サンダース

すべての人のためのデザイン

特定のグループ向けの設計
ジョーク・H・グラディ=ヴァン・デン・ニューボーア

     ケーススタディ:人の機能制限の国際分類

文化の違い
ホウシャン・シャナヴァズ

高齢労働者
アントワーヌ・ラヴィルとセルジュ・ヴォルコフ

特別なニーズを持つ労働者
ジョーク・H・グラディ=ヴァン・デン・ニューボーア

人間工学の多様性と重要性 -- XNUMX つの例

ダイヤモンド製造におけるシステム設計
イッサカル・ギラド

人間工学的設計原則の無視: チェルノブイリ
ウラジミール・M・ムニポフ 

テーブル類

記事のコンテキストで表を表示するには、下のリンクをクリックしてください.

1. 基本的な人体計測コア リスト

2. 活動レベルに応じた疲労と回復

3. ひずみに対する XNUMX つの応力因子の組み合わせ効果の規則

4. 精神的緊張のいくつかの否定的な結果の違い

5. 生産構造化のための作業指向の原則

6. 組織的文脈への参加

7. 技術プロセスへのユーザーの参加

8. 不規則勤務と睡眠不足

9. アドバンス、アンカー、リタード スリープの側面

10. コントロールの動きと期待される効果

11. 共通ハンドコントロールの制御効果関係

12. コントロール配置のルール

13. ラベルのガイドライン

フィギュア

サムネイルをポイントすると、図のキャプションが表示されます。クリックすると、記事のコンテキストで図が表示されます.

ERG040T1ERG040F1ERG040F2ERG040F3ERG040T2ERG040F5ERG070F1ERG070F2ERG070F3ERG060F2ERG060F1ERG060F3ERG080F1ERG080F4ERG090F1ERG090F2ERG090F3ERG090F4ERG225F1ERG225F2ERG150F1ERG150F2ERG150F4ERG150F5ERG150F6ERG120F1ERG130F1ERG290F1ERG160T1ERG160F1ERG185F1ERG185F2ERG185F3ERG185F4ERG190F1ERG190F2ERG190F3ERG210F1ERG210F2ERG210F3ERG210F4ERG210T4ERG210T5ERG210T6ERG220F1ERG240F1ERG240F2ERG240F3ERG240F4ERG260F1ERG300F1ERG255F1

月曜日、07月2011 18:49

人間工学の性質と目的

定義と範囲

エルゴノミクス 文字通り仕事の研究または測定を意味します。 この文脈では、仕事という用語は、目的のある人間の機能を意味します。 それは、金銭的利益のための労働としての労働というより制限された概念を超えて、合理的な人間のオペレーターが体系的に目的を追求するすべての活動を組み込むことです。 したがって、スポーツやその他の余暇活動、育児や家のメンテナンスなどの家事労働、教育と訓練、健康と社会サービス、および工学的システムの制御またはそれらへの適応 (たとえば、車両の乗客として) が含まれます。

研究の焦点である人間のオペレーターは、人工的な環境で複雑な機械を操作する熟練した専門家、個人使用のために新しい機器を何気なく購入した顧客、教室に座っている子供、または教室にいる障害者である可能性があります。車椅子。 人間は非常に適応性がありますが、無限に適応できるわけではありません。 どんな活動にも最適な条件の範囲があります。 人間工学のタスクの XNUMX つは、これらの範囲が何であるかを定義し、制限を超えた場合に発生する望ましくない影響を調査することです。または精神的負荷が高すぎるか低すぎます。

エルゴノミクスでは、受動的な周囲の状況だけでなく、人間のオペレーターの独自の利点と、その人の能力を最大限に活用することを許可および奨励するように作業状況が設計されている場合に行うことができる貢献についても調べます。 人間の能力は、一般的な人間のオペレーターを参照するだけでなく、高いパフォーマンスが不可欠な特定の状況で呼び出されるより特定の能力に関しても特徴付けることができます。 たとえば、自動車メーカーは、特定のモデルを使用すると予想されるドライバーの身体サイズと強度の範囲を考慮して、シートが快適であること、コントロールが容易に識別可能で手の届くところにあること、明確な安全性があることを確認します。前後の視認性と、内部計器の読み取りが容易であること。 出入りのしやすさも考慮されます。 対照的に、レーシングカーの設計者は、ドライバーがスポーツマンであると想定するため、例えば、乗り降りのしやすさは重要ではなく、実際、ドライバーに関連するデザイン機能全体が重要である可能性があります。特定のドライバーのサイズと好みに合わせて調整され、ドライバーとしての潜在能力とスキルを最大限に発揮できるようにします。

すべての状況、活動、タスクにおいて、焦点は関係者です。 構造、エンジニアリング、およびその他のテクノロジーは、オペレーターに役立つためのものであり、その逆ではないと想定されています。

沿革と現状

約 XNUMX 年前、一部の鉱山や工場での労働時間や労働条件は、安全と健康の観点から容認できないことが認識されており、これらの点で許容限度を設定する法律を制定する必要性は明らかでした。 これらの制限の決定と宣言は、人間工学の始まりと見なすことができます。 偶然にも、それらは現在、国際労働機関 (ILO) の活動を通じて表現されているすべての活動の始まりでした。

研究、開発、応用は第二次世界大戦までゆっくりと進みました。 これにより、車両、航空機、戦車、銃、大幅に改善されたセンシングおよびナビゲーション デバイスなどの機械および計器の開発が大幅に加速されました。 技術が進歩するにつれて、オペレーターの適応を可能にする柔軟性が高まりました。人間のパフォーマンスがシステムのパフォーマンスを制限していたため、適応がより必要になりました。 動力付きの乗り物が時速数キロでしか走れないのであれば、ドライバーのパフォーマンスを心配する必要はありませんが、乗り物の最高速度が XNUMX 倍または XNUMX 倍になると、ドライバーはより迅速に対応する必要があり、災害を回避するために間違いを修正する時間はありません。 同様に、技術が向上するにつれて、機械的または電気的な故障 (たとえば) について心配する必要がなくなり、ドライバーのニーズについて考えることに注意が向けられるようになります。

このように、人間工学は、工学技術をオペレータのニーズに適合させるという意味で、工学が進歩するにつれて、より必要になり、同時に実現可能になります。

人間工学という用語が使用されるようになったのは、1950 年頃、開発産業の優先事項が軍の優先事項から引き継がれたときでした。 その後の 1982 年間の研究と応用の発展は、Singleton (1960) に詳細に記述されています。 国連機関、特に ILO と世界保健機関 (WHO) は、XNUMX 年代にこの分野で活発になりました。

戦後すぐの産業界では、人間工学に共通する最優先の目標は生産性の向上でした。 これは、人間工学の実現可能な目標でした。なぜなら、非常に多くの産業生産性が、関連する労働者の肉体的努力によって直接決定されていたからです。つまり、組み立ての速度と、持ち上げと移動の速度が生産量の範囲を決定していました。 徐々に、機械の力が人間の筋肉の力に取って代わりました。 しかし、事故は電力が不適切な場所で不適切なタイミングで発生した結果であるという単純な原則に基づいて、より多くの電力が発生すると、より多くの事故が発生します。 事態が急速に進むと、事故の可能性がさらに高まります。 このように、産業界の関心と人間工学の目的は、生産性から安全性へと徐々に移行していきました。 これは 1960 年代と 1970 年代初頭に発生しました。 この頃以降、製造業の多くはバッチ生産からフローおよびプロセス生産に移行しました。 オペレータの役割は、それに応じて直接参加から監視と検査に移行しました。 これにより、オペレーターが行動の現場から離れているため、事故の頻度は低くなりましたが、プロセスに固有のスピードとパワーのために、事故の重大度が高くなる場合がありました.

生産量が機械の動作速度によって決まる場合、生産性はシステムを稼働させ続けるかどうかの問題になります。つまり、信頼性が目的になります。 したがって、オペレーターは、直接の操作者ではなく、監視者、トラブルシューティング担当者、および保守担当者になります。

製造業における戦後の変化のこの歴史的なスケッチは、人間工学者が定期的に一連の問題を落として別の問題を取り上げたことを示唆しているかもしれませんが、いくつかの理由からそうではありません. 先に説明したように、人間工学の関心は製造業の関心よりもはるかに広いです。 生産の人間工学に加えて、製品または設計の人間工学があります。つまり、機械または製品をユーザーに適合させます。 たとえば、自動車産業では、人間工学は、コンポーネントの製造と生産ラインだけでなく、最終的なドライバー、同乗者、保守担当者にとっても重要です。 乗り心地、シートの快適さ、ハンドリング、騒音と振動のレベル、コントロールの使いやすさ、内外の視認性などを考慮して、人間工学の品質をレビューすることは、自動車のマーケティングや他者による批判的な評価において日常的に行われています。の上。

人間のパフォーマンスは通常、関連する変数の許容範囲内で最適化されることが上で示唆されました。 初期のエルゴノミクスの多くは、そのような許容範囲を超えないようにすることで、筋力の出力と運動の範囲と多様性の両方を削減しようとしました. 仕事の状況における最大の変化であるコンピューターの出現は、逆の問題を生み出しました。 人間工学的に適切に設計されていない限り、コンピューターのワークスペースは、姿勢が固定されすぎたり、体の動きが少なすぎたり、関節の動きの特定の組み合わせの繰り返しが多すぎたりする可能性があります。

この簡単な歴史的レビューは、人間工学の継続的な発展があったにもかかわらず、問題を変えるのではなく、ますます多くの問題を追加する形をとったことを示すことを目的としています. しかし、知識のコーパスは成長し、より信頼性が高く有効なものになり、エネルギー消費基準はエネルギーがどのように、またはなぜ消費されるかに依存しなくなり、姿勢の問題は航空機の座席でもコンピューター画面の前でも同じになり、人間の活動の多くは現在、ビデオスクリーンと、実験室での証拠とフィールド調査の組み合わせに基づいた確立された原則があります。

人間工学と関連分野

工学と医学の確立された技術の中間にある科学ベースのアプリケーションの開発は、多くの関連分野に必然的に重複します。 科学的根拠という点では、人間工学に関する知識の多くは、解剖学、生理学、心理学などの人間科学に由来しています。 物理科学は、照明、暖房、騒音、振動などの問題の解決にも貢献しています。

人間工学におけるヨーロッパのパイオニアのほとんどは、人間科学の研究者であり、人間工学が生理学と心理学の間でバランスがとれているのはこのためです。 エネルギー消費、姿勢、持ち上げを含む力の適用などの問題の背景として、生理学的な方向性が必要です。 情報提示や仕事の満足度などの問題を研究するには、心理的オリエンテーションが必要です。 もちろん、ストレスや疲労、交替勤務など、人文科学を組み合わせたアプローチが必要な問題もたくさんあります。

この分野のアメリカ人開拓者のほとんどは、実験心理学または工学のいずれかに関わっていたため、彼らの典型的な役職は次のようになっています。人間工学 および 人的要因— ヨーロッパのエルゴノミクスとの違いを反映しています (しかし、核心的な利益ではありません)。 これはまた、労働衛生が医学、特に産業医学と密接な関係にあることから、米国では人的要因や人間工学とはまったく異なると見なされている理由を説明しています. 世界の他の地域の違いはそれほど顕著ではありません。 人間工学は作業中の人間のオペレーターに集中し、労働衛生は周囲環境に存在する人間のオペレーターへの危険に集中します。 したがって、労働衛生士の中心的な関心は、エルゴノミストの範囲外である有毒な危険性です。 産業衛生士は、長期的または短期的な健康への影響を懸念しています。 人間工学者はもちろん健康に関心がありますが、生産性、作業設計、ワークスペース設計など、他の結果についても懸念しています。 安全と健康は、人間工学、労働衛生、労働衛生、および産業医学を貫く一般的な問題です。 したがって、研究、設計、または生産の種類の大規模な機関では、これらの主題がしばしばグループ化されていることがわかっても驚くことではありません。 これにより、これらの個別の主題の専門家チームに基づくアプローチが可能になり、それぞれが施設の労働者だけでなく、その活動や製品によって影響を受ける人々の健康全般の問題に専門的に貢献しています。 対照的に、サービスの設計や提供に関係する機関では、エルゴノミストはエンジニアや他の技術者に近いかもしれません。

この議論から明らかなように、エルゴノミクスは学際的であり、まだ非常に新しいため、既存の組織にどのように適合させるのが最善かという重要な問題があります。 それは人々に関係しているため、他の多くの分野に重なっています. 特定の組織の歴史と目的に応じて、それを組み込む方法はたくさんあります。 主な基準は、人間工学の目的が理解され、評価されていること、および推奨事項を実施するためのメカニズムが組織に組み込まれていることです。

人間工学の目的

人間工学の利点が、生産性と品質、安全と健康、信頼性、仕事の満足度、個人の成長など、さまざまな形で現れることはすでに明らかです。

この範囲の広さの理由は、その基本的な目的が目的のある活動における効率性、つまり、無駄なインプットやエラー、関係者や他の人への損害を与えることなく、望ましい結果を達成するという最も広い意味での効率性にあるためです。 仕事の設計、作業スペース、作業環境、作業条件が十分に考慮されていないため、無駄なエネルギーや時間を費やすことは効率的ではありません。 状況からのサポートではなく、状況の設計にもかかわらず、望ましい結果を達成することは効率的ではありません。

人間工学の目的は、作業状況が労働者の活動と調和していることを確認することです。 この目標は自明の理ですが、さまざまな理由から達成は容易ではありません。 人間のオペレーターは柔軟で順応性があり、継続的な学習がありますが、かなり大きな個人差があります。 体格や強さなどの明らかな違いもありますが、文化の違い、スタイルやスキルのレベルの違いなど、他の違いは簡単には識別できません。

これらの複雑さを考慮すると、解決策は、人間のオペレーターが物事を行うための特に適切な方法を最適化できる柔軟な状況を提供することであると思われるかもしれません。 残念ながら、より効率的な方法が明らかでないことが多いため、このようなアプローチは実行できない場合があり、その結果、労働者は何か間違った方法や間違った条件で何年もやり続ける可能性があります。

したがって、体系的なアプローチを採用する必要があります。つまり、健全な理論から始めて、測定可能な目標を設定し、これらの目標に対して成功を確認する必要があります。 さまざまな考えられる目的を以下に検討します。

安全衛生

安全と健康の目的が望ましいかどうかについて意見の相違はあり得ません。 この難しさは、どちらも直接測定できないという事実に起因しています。彼らの達成は、彼らの存在ではなく、彼らの不在によって評価されます。 問題のデータは、常に安全と健康からの逸脱に関連しています。

健康の場合、エビデンスの多くは個人ではなく集団に基づいているため、長期的なものです。 したがって、長期にわたって注意深く記録を維持し、危険因子を特定して測定できる疫学的アプローチを採用する必要があります。 たとえば、コンピューター ワークステーションで作業者に要求される XNUMX 日または XNUMX 年間の最大時間は? ワークステーションのデザイン、仕事の種類、人の種類 (年齢、視力、能力など) によって異なります。 健康への影響は、手首の問題から精神的無関心まで多様である可能性があるため、集団内の違いを追跡しながら、非常に多くの集団をカバーする包括的な研究を実施する必要があります.

安全性は、事故や損害の種類と頻度という点で、否定的な意味でより直接的に測定できます。 さまざまな種類の事故を定義し、多くの場合複数の原因要因を特定することには問題があり、事故の種類と被害の程度 (無から死亡まで) との間にはしばしば遠い関係があります。

それにもかかわらず、安全と健康に関する膨大な量の証拠が過去 XNUMX 年間にわたって蓄積され、理論、法律、基準、および特定の種類の状況で有効な原則に関連付けることができる一貫性が発見されました。

生産性と効率

生産性は通常、単位時間あたりのアウトプットの観点から定義されますが、効率性には他の変数、特にアウトプットとインプットの比率が組み込まれています。 効率性には、達成に関連して行われたことのコストが組み込まれており、人間の観点からは、人間のオペレーターへのペナルティを考慮する必要があります。

工業的な状況では、生産性は比較的簡単に測定できます。生産量を数えることができ、生産に要した時間を簡単に記録できます。 生産性データは、作業方法、状況、または条件の前後の比較によく使用されます。 これは、人間のオペレーターが実行するだけでなく、状況で実現可能であるという原則に基づいているため、労力とその他のコストの同等性に関する仮定が含まれます。 生産性が高ければ、状況はより良くなるはずです。 実際に何が起こっているかを偽装する可能性のある多くの複雑な要因を十分に考慮して使用する場合、この単純なアプローチを推奨することはたくさんあります. 最善の保護策は、調査対象の側面以外は、状況の前後で何も変わっていないことを確認することです。

効率はより包括的ですが、常により難しい尺度です。 通常、特定の状況に対して具体的に定義する必要があり、研究の結果を評価する際には、導き出される結論に関して、その関連性と妥当性について定義をチェックする必要があります。 たとえば、自転車は徒歩よりも効率的ですか? 自転車は、所定の時間内に道路を移動できる距離の点ではるかに生産的であり、単位距離あたりのエネルギー消費の点でより効率的です。また、屋内での運動の場合、必要な器具が安価でシンプルであるため、より効率的です。 . 一方、エクササイズの目的は、健康上の理由からエネルギーを消費することや、困難な地形を越えて山に登ることです。 このような状況では、歩く方が効率的です。 したがって、効率測定は、明確に定義されたコンテキストでのみ意味を持ちます。

信頼性と品質

上で説明したように、生産性よりも信頼性がハイテク システム (輸送用航空機、石油精製、発電など) では重要な尺度になります。 このようなシステムのコントローラは、パフォーマンスを監視し、自動機械が稼働状態を維持して制限内で機能するように調整を行うことで、生産性と安全性に貢献します。 これらのシステムはすべて、静止しているとき、または設計されたパフォーマンス エンベロープ内で安定して機能しているときに、最も安全な状態になります。 航空機が離陸するときやプロセスシステムがシャットダウンされるときなど、平衡状態の間を移動または移動するとき、それらはより危険になります。 高い信頼性は、安全上の理由だけでなく、計画外のシャットダウンや停止が非常に高価であるため、重要な特性です。 信頼性は、パフォーマンスの後に測定するのは簡単ですが、同様のシステムの過去のパフォーマンスを参照しない限り、予測するのは非常に困難です。 何か問題が発生した場合、人為的エラーが常に原因となりますが、必ずしもコントローラー側のエラーとは限りません。人為的エラーは、設計段階やセットアップおよびメンテナンス中に発生する可能性があります。 このような複雑なハイテク システムでは、設計から発生した障害の評価まで、かなりの継続的な人間工学的インプットが必要であることが現在では認められています。

品質は信頼性に関連していますが、測定が不可能ではないにしても非常に困難です。 従来、バッチやフローの生産方式では、アウトプット後の検査で品質をチェックしていましたが、現在では生産と品質維持を両立させることが原則として確立されています。 したがって、各オペレーターは検査官としての責任を並行して負っています。 これは通常、より効果的であることが証明されていますが、単に生産率に基づいた労働インセンティブを放棄することを意味する場合があります. 人間工学的に言えば、オペレータを反復作業用にプログラムされた一種のロボットとして扱うのではなく、責任ある人間として扱う方が理にかなっています。

仕事の満足度と自己啓発

労働者または人間のオペレーターは、ロボットではなく人として認識されるべきであるという原則から、責任、態度、信念、および価値観を考慮する必要があるということになります。 これは簡単なことではありません。多くの変数があり、そのほとんどは検出可能ですが定量化できず、個人差や文化差が大きいためです。 それにもかかわらず、オペレーターの観点から合理的に実行可能な限り満足のいく状況であることを保証する目的で、作業の設計と管理に多大な努力が注がれています。 いくつかの測定は調査手法を使用して可能であり、いくつかの原則は自律性やエンパワーメントなどの作業機能に基づいて利用できます。

これらの取り組みには時間と費用がかかることを受け入れたとしても、実際に作業を行っている人々の提案、意見、態度に耳を傾けることで、かなりの見返りが得られる可能性があります。 彼らのアプローチは、外部の作業設計者のアプローチと同じではない可能性があり、作業設計者または管理者が行った仮定と同じではない可能性があります。 これらの見解の違いは重要であり、関係者全員の戦略に新鮮な変化をもたらす可能性があります。

人間が継続的な学習者であるか、適切な条件が与えられれば、そうなる可能性があることは十分に確立されています。 重要な条件は、将来のパフォーマンスを改善するために使用できる過去と現在のパフォーマンスに関するフィードバックを提供することです。 さらに、そのようなフィードバック自体がパフォーマンスへのインセンティブとして機能します。 したがって、誰もが、パフォーマーと、より広い意味でのパフォーマンスの責任者を獲得します。 したがって、自己啓発を含め、パフォーマンスの向上から得られるものはたくさんあります。 人間工学の適用の一面として個人の成長を図るという原則には、より優れた設計者と管理者のスキルが必要ですが、うまく適用できれば、上記の人間のパフォーマンスのすべての側面を改善できます。

人間工学の適用の成功は、多くの場合、適切な態度や視点を開発するだけで得られます。 関与する人々は必然的に人間の努力の中心的な要素であり、彼らの利点、制限、ニーズ、および願望を体系的に考慮することは本質的に重要です.

まとめ

人間工学は、作業状況、作業条件、および実行されるタスクを改善することを目的とした、作業中の人々の体系的な研究です。 特定の状況での変化に対する推奨の根拠となる関連性のある信頼できる証拠を取得すること、および人間工学から利用できる継続的に発展する専門知識に貢献する、より一般的な理論、概念、ガイドライン、および手順を開発することに重点が置かれています。

 

戻る

近年の産業界の変化を考慮せずに作業分析を語ることは困難です。なぜなら、活動の性質とそれらが実行される条件は、近年かなりの進化を遂げているからです。 これらの変化を引き起こした要因は数多くありますが、その影響が決定的に重要であることが判明した要因が 1986 つあります。 一方では、ますます加速する技術進歩と、情報技術によってもたらされた激変が、仕事に革命をもたらしました (De Keyser XNUMX)。 一方、経済市場の不確実性により、人事管理と作業組織にはより柔軟な対応が求められています。 労働者が生産プロセスについて、ルーティン指向ではなく、間違いなく体系化された広い視野を得た場合、同時に、環境、チーム、生産ツールとの排他的なつながりを失ったことになります。 これらの変化を冷静に見ることは困難ですが、私たちは新しい産業景観が生み出されたという事実に直面しなければなりません。それは、その中で自分の居場所を見つけることができる労働者にとってはより豊かになることもありますが、労働者にとっては落とし穴や心配事に満ちていることもあります。取り残されたり、排除されたりします。 ただし、XNUMX つのアイデアが企業で採用されており、多くの国でのパイロット実験によって確認されています。関連する分析を使用し、さまざまな作業間の交渉にすべてのリソースを使用することで、変更を導き、その悪影響を和らげることが可能である必要があります。俳優。 トレーニング、新しい組織モードの設定、ツールと仕事の設計など、さまざまな種類の介入を導くために、タスクと活動をより適切に説明できるツールとして、今日、私たちが仕事の分析を配置しなければならないのは、この文脈の中にあります。システム。 分析が開発された理論的および文化的文脈、分析が追求する特定の目標、分析者が収集する証拠、またはいずれかに対する分析者の関心に応じて、多数の分析が存在するため、分析については XNUMX つの分析だけでなく、分析についても言及します。特異性または一般性。 この記事では、作業分析のいくつかの特徴を提示し、集団作業の重要性を強調することに限定します。 私たちの結論は、このテキストの制限により、より深く追求することが妨げられている他の道を強調します.

作業分析の特徴

コンテキスト

作業分析の主な目的が、オペレーターが何を行うかを説明することである場合、 ありませんまたは する必要があります、それをより正確にその文脈に置くことは、研究者にとって不可欠であると思われることがよくあります. 彼らは、彼ら自身の見解によれば、しかしおおむね同様の方法で、 コンテキスト, 状況, 環境, 仕事用ドメイン, 仕事の世界 or 作業環境. 問題は、これらの用語間のニュアンスよりも、それらに有用な意味を与えるために説明する必要がある変数の選択にあります。 確かに世界は広く、業界は複雑で、参考にできる特徴は無数にあります。 この分野の著者には XNUMX つの傾向が見られます。 最初のものは、文脈の記述を、読者の興味を捉え、適切な意味論的枠組みを読者に提供する手段と見なします。 XNUMX つ目は、異なる理論的視点を持っています。コンテキストとアクティビティの両方を受け入れようとし、オペレーターの行動に影響を与えることができるコンテキストの要素のみを記述します。

セマンティックフレームワーク

コンテクストには喚起力があります。 情報に通じた読者にとっては、検出、診断、および調整のタスクが優勢な遠隔地でのコマンドと監視を通じて、作業の全体像を呼び出すために継続的なプロセスに従事している制御室のオペレーターについて読むだけで十分です。 十分に意味のあるコンテキストを作成するために、どの変数を記述する必要がありますか? それはすべて読者次第です。 それにもかかわらず、いくつかの重要な変数については文献でコンセンサスが得られています。 の 自然 経済セクターの種類、生産またはサービスの種類、サイトの規模と地理的位置が役立ちます。

生産工程は、 ツールまたはマシン とその 自動化のレベル 特定の制約と特定の必要な条件を推測できるようにします。 の 人員構成、年齢、資格および経験のレベルとともに、分析がトレーニングまたは組織の柔軟性の側面に関係する場合は常に重要なデータです。 の 仕事の組織 確立されたものは、技術よりも会社の哲学に依存しています。 その説明には、特に、勤務スケジュール、意思決定の集中化の程度、および労働者に対して行使される管理の種類が含まれます。 場合によっては、他の要素を追加することもできます。 それらは、会社の歴史と文化、経済状況、労働条件、およびリストラ、合併、投資に関連しています。 著者の数と少なくとも同数の分類体系が存在し、数多くの記述的なリストが流通しています。 フランスでは、単純な記述方法を一般化するための特別な努力がなされており、特に、特定の要因がオペレーターにとって満足できるかどうかに応じてランク付けできるようになっています (RNUR 1976; Guelaud et al. 1977)。

活動に関する関連要因の説明

Rasmussen、Pejtersen、および Schmidts (1990) によって記述された複雑なシステムの分類は、コンテキストと演算子への影響を同時にカバーする最も野心的な試みの 1990 つです。 その主なアイデアは、それを構成するさまざまな要素を体系的に統合し、個々の戦略を開発できる自由度と制約を引き出すことです。 その網羅的な目的は操作を困難にしますが、グラフを含む複数の表現モードを使用して制約を説明することには、多くの読者にとって魅力的なヒューリスティックな価値があります。 他のアプローチは、より的を絞ったものです。 著者が求めているのは、正確な活動に影響を与える要因の選択です。 したがって、変化する環境におけるプロセスの制御に関心を持って、Brehmer (1) は、操作者の制御と予測に影響を与える一連のコンテキストの時間的特性を提案しています (図 1992 を参照)。 この著者の類型論は、動的な状況のコンピュータ化されたシミュレーションである「ミクロ世界」から開発されましたが、著者自身は、それ以来、他の多くの人々とともに、連続プロセス産業にそれを使用しました (Van Daele 1989)。 特定の活動については、環境の影響がよく知られており、要因の選択はそれほど難しくありません。 したがって、作業環境での心拍数に関心がある場合、気温、タスクの物理的制約、または被験者の年齢とトレーニングの説明に限定することがよくあります。関連する要素を取り出します。 他の人にとっては、選択はより困難です。 たとえば、ヒューマンエラーに関する研究は、それらを生み出す要因が数多くあることを示しています (Reason 1990)。 理論的知識が不十分な場合、状況分析と活動分析を組み合わせた統計処理のみが、関連する状況要因を引き出すことができる場合があります (Fadier XNUMX)。

図 1. Brehmer (1990) によって提案されたミクロ世界の分類法の基準と副基準

ERG040T1

タスクまたはアクティビティ?

タスク

タスクは、その目的、制約、および達成に必要な手段によって定義されます。 企業内の機能は、通常、一連のタスクによって特徴付けられます。 実現されたタスクは、多くの理由で会社によってスケジュールされた所定のタスクとは異なります。オペレーターの戦略は個人内および個人間で異なり、環境は変動し、ランダムなイベントはしばしば所定のフレームワークの外にある応答を必要とします。 最後に、 タスク 実行条件を正確に把握してスケジュールされているとは限らないため、リアルタイムでの適応が必要になります。 しかし、活動中にタスクが更新されたとしても、場合によっては変換されることもありますが、依然として中心的な参照のままです。

特に英語の文献では、アンケート、目録、およびタスクの分類法が多数あります。読者は、Fleishman と Quaintance (1984) および Greuter と Algera (1989) で優れたレビューを見つけることができます。 これらのツールの一部は、研究対象の機能に応じてチェックが付けられた要素 (タスクを説明するための動作動詞など) のリストにすぎません。 他の人は、グローバルから特定へと順序付けられた連結要素としてタスクを特徴付ける、階層的な原則を採用しています。 これらのメソッドは標準化されており、多数の関数に適用できます。 それらは使いやすく、分析段階が大幅に短縮されます。 しかし、特定の作業を定義するという問題の場合、それらはあまりにも静的で一般的すぎて役に立ちません。

次に、研究者側でより多くのスキルを必要とする機器があります。 分析の要素は事前に定義されていないため、それらを特徴付けるのは研究者次第です。 フラナガン (1954) の既に時代遅れになったクリティカル インシデント テクニックは、観察者がその機能の難しさを参照して機能を説明し、個人が直面しなければならないインシデントを特定するもので、このグループに属します。

これは、認知課題分析 (Roth and Woods 1988) によって採用された経路でもあります。 この手法は、仕事の認知的要件を明らかにすることを目的としています。 これを行う 2 つの方法は、仕事を目標、制約、および手段に分解することです。 図 100 は、最初に患者の生存という非常にグローバルな目標によって特徴付けられる麻酔科医のタスクが、一連のサブ目標にどのように分解できるかを示しています。これらのサブ目標は、それ自体が行動と使用される手段として分類できます。 手術室での 1991 時間以上の観察とその後の麻酔科医へのインタビューは、この機能の要件の総観的な「写真」を得るために必要でした。 この手法は非常に手間がかかりますが、タスクのすべての目標がそれらを達成する手段を備えているかどうかを判断する際に人間工学的に役立ちます。 また、タスクの複雑さ (特定の困難や相反する目標など) を理解し、特定の人的エラーの解釈を容易にします。 しかし、他の方法と同様に、記述言語がないという欠点があります (Grant and Mayes XNUMX)。 さらに、問題の目標を達成するために行われる認知プロセスの性質に関して、仮説を定式化することはできません。

図 2. タスクの認知分析: 全身麻酔

ERG040F1

他のアプローチは、特定のタスクを達成するために必要な情報処理に関する仮説を作成することにより、特定のタスクに関連する認知プロセスを分析しました。 この種のよく使われる認知モデルは Rasmussen の (1986) であり、タスクの性質と被験者にとっての慣れ具合に応じて、スキルに基づく習慣と反射神経、後天的ルールのいずれかに基づいて、1970 つの可能なレベルの活動を提供します。 -ベースの手順または知識ベースの手順。 しかし、3 年代に人気の頂点に達した他のモデルや理論は今でも使用されています。 したがって、人間を割り当てられた目標と観察された目標の間の不一致のコントローラーと見なす最適制御の理論は、認知プロセスに適用されることがあります。 また、相互接続されたタスクとフローチャートのネットワークによるモデリングは、認知タスク分析の著者に刺激を与え続けています。 図 XNUMX は、エネルギー制御課題における一連の行動を簡単に説明したもので、特定の精神操作に関する仮説を立てています。 これらの試みはすべて、文脈の要素だけでなく、タスク自体とその根底にある認知プロセスを同じ説明にまとめ、仕事の動的な特徴も反映するという研究者の関心を反映しています。

図 3. エネルギー制御タスクにおける一連の行動の決定要因の簡単な説明: 許容できないエネルギー消費の場合

ERG040F2

仕事の科学的組織化の到来以来、所定の仕事の概念は否定的に批判されてきた、多くの労働者に歓迎されていない制限。 今日、面付けの側面がかなり柔軟になり、作業者がタスクの設計により頻繁に貢献したとしても、タスクに割り当てられた時間はスケジュール計画に必要であり、作業組織の重要な要素であり続けています。 時間の定量化は、常に否定的な方法で認識されるべきではありません。 これは、ワークロードの貴重な指標となります。 労働者にかかる時間的プレッシャーを測定する単純だが一般的な方法は、タスクの実行に必要な時間を利用可能な時間で割った商を決定することからなる。 この商が 1992 に近づくほど、圧力は大きくなります (Wickens XNUMX)。 さらに、定量化は、柔軟かつ適切な人事管理に使用できます。 たとえば、カナダの規制で、タスクの予測分析の手法が一般化されている看護師の場合を考えてみましょう。 必要な看護の計画 (PRN 80) (Kepenne 1984) またはそのヨーロッパの変種の 80 つ。 このようなタスクリストと実行時間のおかげで、毎朝、患者の数と病状を考慮して、ケアスケジュールと人員の配置を確立できます。 PRN 4 は制約ではなく、多くの病院で看護要員の不足が存在することを示しています。なぜなら、この技術により、望ましいものと観察されたもの、つまり、必要なスタッフの数と利用可能な数、さらには計画されたタスクと実行されたタスクの間でも。 計算された時間は平均的なものであり、状況の変動によって常に適用されるわけではありませんが、このマイナス面は、調整を受け入れ、それらの調整の実行に担当者が参加できる柔軟な組織によって最小限に抑えられます。

図 4. PRN80 に基づく、存在する要員数と必要な要員数の不一致

ERG040F3

活動、証拠、およびパフォーマンス

アクティビティは、作業が発生するためにオペレーターが使用する動作とリソースのセットとして定義されます。つまり、商品の変換または生産、またはサービスの提供です。 この活動は、さまざまな方法で観察することで理解できます。 Faverge (1972) は、XNUMX つの分析形式について説明しています。 XNUMX つ目は、次の観点からの分析です。 ジェスチャー および 姿勢観察者は、オペレーターの目に見える活動の中で、認識可能で作業中に繰り返される行動のクラスを見つけます。 これらの活動は、多くの場合、正確な反応と結び付けられています。たとえば、心拍数により、各活動に関連する身体的負荷を評価できます。 分析の XNUMX 番目の形式は、 情報取り込み. 直接の観察を通じて、またはカメラや眼球運動のレコーダーの助けを借りて発見されるのは、オペレーターが周囲の情報フィールドで拾った一連の信号です。 この分析は、オペレーターによって実行される情報処理をよりよく理解しようとする際に、認知人間工学において特に役立ちます。 XNUMX 番目のタイプの分析は、 規制. アイデアは、環境の変動または彼自身の状態の変化に対処するために、オペレーターによって実行される活動の調整を特定することです。 そこでは、分析内でのコンテキストの直接的な介入が見られます。 この分野で最も頻繁に引用される研究プロジェクトの 1972 つは、Sperandio (XNUMX) の研究プロジェクトです。 この著者は、航空交通管制官の活動を研究し、航空交通量の増加に伴う重要な戦略変更を特定しました。 彼はそれらを、タスクの要件を満たし続けながら、許容可能な負荷レベルを維持することを目的とすることにより、アクティビティを簡素化する試みと解釈しました. XNUMXつ目は、次の観点からの分析です。 思考プロセス. このタイプの分析は、高度に自動化されたポストのエルゴノミクスで広く使用されています。 実際、コンピューター化された補助装置、特にオペレーター用のインテリジェントな補助装置の設計には、オペレーターが特定の問題を解決するためにどのように推論するかを完全に理解する必要があります。 スケジューリング、予測、および診断に関連する推論は、分析の対象であり、その例を図 5 に示します。しかし、精神活動の証拠は推測することしかできません。 眼球運動や問題解決時間など、観察可能な行動の特定の側面とは別に、これらの分析のほとんどは口頭での反応に頼っています。 近年、特定の活動を達成するために必要な知識に特に重点が置かれ、研究者はそれらを最初から仮定するのではなく、分析自体を通じて明らかにしようとしています.

図 5.精神活動の分析。 応答時間が長いプロセスの制御における戦略: 診断におけるコンピュータ化されたサポートの必要性

ERG040T2

このような取り組みにより、オペレーターが自分の限界を認識し、自分の能力に合わせた戦略を適用する限り、非常に異なるレベルの知識でほぼ同じパフォーマンスが得られるという事実が明らかになりました。 したがって、熱電プラントの始​​動に関する我々の研究 (De Keyser and Housiaux 1989) では、始動はエンジニアとオペレーターの両方によって行われました。 これら 1991 つのグループが持っていた理論的知識と手続き的知識は、インタビューとアンケートによって明らかにされたもので、非常に異なっていました。 特にオペレーターは、プロセスの機能リンクの変数について誤った理解をすることがありました。 それにもかかわらず、XNUMXつのグループのパフォーマンスは非常に接近していました。 しかし、オペレーターは、起動の制御を検証するために、より多くの変数を考慮に入れ、より頻繁に検証を行いました。 このような結果は、専門家が自分のリソースを管理できるようにするメタナレッジの存在に言及した Amalberti (XNUMX) によっても得られました。

この試験は 活動の証拠 引き出すのは適切ですか? これまで見てきたように、その性質は、計画された分析の形式に密接に依存します。 その形式は、観察者が行う方法論的ケアの程度によって異なります。 挑発 証拠は区別される 自発的 証拠と 随伴 から それに続きます 証拠。 一般的に言えば、作品の性質が許せば、付随的かつ自発的な証拠が好まれます。 それらには、記憶の信頼性の低さ、観察者の干渉、被験者側での再構築の合理化の影響など、さまざまな欠点がありません。 これらの違いを説明するために、言語化の例を取り上げます。 自発的な言語化は、観察者の要求なしに自発的に表現された言葉の交換、またはモノローグです。 誘発された言語化は、オブザーバーの特定の要求で行われる言語化です。たとえば、認知に関する文献でよく知られている「声を出して考えてください」という被験者への要求などです。 どちらのタイプも作業中にリアルタイムで実行できるため、同時に実行できます。

また、インタビューや、被験者が自分の作品のビデオテープを見たときの言語化のように、その後のこともあります。 言語化の妥当性に関しては、読者は、ニスベットとデ・キャンプ・ウィルソン (1977) およびホワイト (1988) の間の論争によって提起されたこの点に関する疑念と、研究における重要性を認識している多数の著者によって示唆された予防措置を無視してはなりません。遭遇した方法論的困難を考慮した精神活動の研究 (Ericson and Simon 1984; Savoyant and Leplat 1983; Caverni 1988; Bainbridge 1986)。

この証拠の編成、その処理、および形式化には、記述言語が必要であり、場合によっては現場での観察を超えた分析が必要です。 たとえば、証拠から推測される精神活動は仮説のままです。 今日では、人工知能に由来する言語を使用して記述されることが多く、スキーム、生産ルール、接続ネットワークに関する表現を利用しています。 さらに、産業界の複雑さを考慮して、そのようなコンピューター化されたシミュレーションから得られた結果の妥当性は議論の対象となっていますが、特定の精神活動を正確に特定するために、マイクロ世界のコンピューター化されたシミュレーションの使用が広まっています。 最後に、フィールドから抽出された特定の精神活動の認知モデリングについて言及する必要があります。 最もよく知られているのは、ISPRA (Decortis and Cacciabue 1990) で実施された原子力発電所の運転員の診断と、 Centre d'études et de recherches de médecine aérospatiale (CERMA) (Amalberti et al. 1989)。

これらのモデルのパフォーマンスと実際の生きているオペレーターのパフォーマンスとの不一致の測定は、活動分析において実り多い分野です。 性能 アクティビティの結果であり、タスクの要件に対してサブジェクトが与える最終的な応答です。 それは、生産性のレベルで表現されます。生産性、品質、エラー、インシデント、アクシデント、さらには、よりグローバルなレベルである欠勤や離職などです。 しかし、個人レベルでも特定する必要があります。満足度、ストレス、疲労、または仕事量の主観的な表現、および多くの生理学的反応もパフォーマンス指標です。 データのセット全体のみが活動の解釈を可能にします。つまり、人間の限界内にとどまりながら、望ましい目標を促進するかどうかを判断できます。 ある点まで観察者を導く一連の規範が存在します。 しかし、これらの規範はそうではありません 立地—彼らは、文脈、その変動、および労働者の状態を考慮していません。 これが、エルゴノミクスの設計において、ルール、規範、およびモデルが存在する場合でも、設計者ができるだけ早くプロトタイプを使用して製品をテストし、ユーザーのアクティビティとパフォーマンスを評価することをお勧めする理由です。

個人または集団作業?

ほとんどの場合、仕事は集合的な行為ですが、ほとんどの仕事分析はタスクまたは個々の活動に焦点を当てています。 とはいえ、今日の技術の進化は、作業組織と同様に、作業者と機械の間であれ、単にグループ内であれ、分散作業を強調しています。 この分布を考慮に入れるために、著者はどのような経路を探ってきましたか (Rasmussen、Pejtersen、および Schmidts 1990)? 彼らは、構造、交換の性質、構造的不安定性のXNUMXつの側面に焦点を当てています。

Structure

構造を人々の分析の要素、サービスの分析の要素、またはネットワーク内で活動する企業のさまざまな部門の要素と見なすかどうかにかかわらず、それらを結び付けるリンクの記述は依然として問題です。 私たちは、権威の構造を示す企業内の組織図に非常に精通しており、そのさまざまな形式が企業の組織哲学を反映しています。より柔軟な構造。 分散型活動については、別の説明も可能です。例を図 6 に示します。最近では、企業がグローバル レベルで情報交換を表す必要性から、情報システムの再考が必要になっています。 設計スキーマや実体関係属性マトリックスなどの特定の記述言語のおかげで、今日では集合レベルでの関係構造を非常に抽象的な方法で記述することができ、コンピューター化された管理システムを作成するための出発点として機能することができます。 .

図 6. 統合ライフサイクル設計

ERG040F5

交換の性質

エンティティを結合するリンクの説明だけでは、交換の内容自体についてはほとんどわかりません。 もちろん、関係の性質 (場所から場所への移動、情報の転送、階層的依存など) を指定することはできますが、これでは不十分なことがよくあります。 チーム内のコミュニケーションの分析は、言及された主題、チーム内の共通言語の作成、状況が重要な場合のコミュニケーションの修正などを含む、集合的な仕事の本質を捉えるための好まれる手段になっています (Tardieu、Nanci、Pascot 1985; ローランド 1986; ナバロ 1990; ヴァン デール 1992; ラコステ 1983; モレイ、サンダーソン、ヴィンセント 1989)。 これらの相互作用に関する知識は、コンピューター ツールの作成、特にエラーを理解するための意思決定支援に特に役立ちます。 この証拠の使用に関連するさまざまな段階と方法論的困難は、Falzon (1991) によって十分に説明されています。

構造不安定性

構造的不安定性の分野、つまり、文脈的要因の影響下での集合的作業の絶え間ない再構成の分野を開いたのは、タスクではなく活動に関する作業です。 フランスの森林火災に対処する集団活動を長期にわたって分析した Rogalski (1991) や、鉄道事故に対処するために設定された組織構造を研究した Bourdon と Weill Fassina (1994) などの研究は、どちらも非常に有益です。 それらは、コンテキストが交換の構造、関与するアクターの数とタイプ、コミュニケーションの性質、および作業に不可欠なパラメーターの数をどのように形成するかを明確に示しています。 このコンテキストが変動すればするほど、タスクの固定された説明が現実から遠ざかります。 この不安定性に関する知識と、その中で発生する現象をよりよく理解することは、予測不可能な事態に備えて計画を立てたり、危機の中で共同作業に携わる人々により良いトレーニングを提供したりするために不可欠です。

結論

説明した作業分析のさまざまなフェーズは、人的要因の設計サイクルの反復部分です (図 6 を参照)。 人的要因が考慮されるツール、ワークステーション、工場など、技術的なオブジェクトのこの設計では、特定の情報が必要になります。 一般に、デザイン サイクルの初期段階では、環境の制約、実行されるジョブの種類、およびユーザーのさまざまな特性に関するデータが必要になります。 この初期情報により、作業要件を考慮してオブジェクトの仕様を作成できます。 しかし、これはある意味、実際の作業状況に比べて粗いモデルにすぎません。 これは、モデルとプロトタイプが必要である理由を説明しています。モデルとプロトタイプは、最初からジョブ自体ではなく、将来のユーザーのアクティビティを評価できるようにするものです。 したがって、制御室のモニターに表示される画像の設計は、実行される作業の完全な認知分析に基づくことができますが、プロトタイプが実際に機能するかどうかを正確に判断できるのは、アクティビティのデータに基づく分析のみです。実際の作業状況で役立つ (Van Daele 1988)。 完成した技術オブジェクトが運用されると、ユーザーのパフォーマンスと、事故や人的ミスなどの機能不全の状況に重点が置かれます。 この種の情報を収集することで、完成したオブジェクトの信頼性と使いやすさを向上させる最終的な修正を行うことができます。 原子力産業と航空産業の両方が例として役立ちます。運用フィードバックには、発生したすべてのインシデントの報告が含まれます。 このようにして、デザイン ループは XNUMX 周します。

 

戻る

月曜日、07月2011 19:01

人間工学と標準化

Origins

人間工学の分野における標準化の歴史は比較的短いものです。 それは 1970 年代の初めに最初の委員会が国内レベルで設立されたときに始まり (たとえば、ドイツの標準化機関 DIN 内)、ISO (国際標準化機構) TC の設立後も国際レベルで継続しました。 (技術委員会) 159「エルゴノミクス」、1975 年。その間、エルゴノミクスの標準化は地域レベルでも行われています。たとえば、CEN 内のヨーロッパ レベルで (欧州委員会正規化)、122年にTC 1987「人間工学」を設立した。後者の委員会の存在は、人間工学の知識と原則の標準化のための委員会を設立する重要な理由の1970つが法的(および準法的)に見られるという事実を強調している。製品や作業システムの設計に人間工学の原則と知見を適用する必要がある、特に安全と健康に関する規制。 十分に確立された人間工学の調査結果の適用を要求する国内法は、XNUMX 年にドイツの人間工学委員会が設立された理由であり、ヨーロッパ指令、特に機械指令 (安全基準に関連するもの) は、ヨーロッパに関する人間工学委員会を設立する責任がありました。レベル。 法的規制は通常、あまり具体的ではないため、どの人間工学の原則と調査結果を適用するかを指定するタスクは、人間工学標準化委員会に与えられた、または取り上げられました。 特にヨーロッパのレベルでは、人間工学の標準化は、機械の安全性に関する幅広い同等の条件を提供するタスクに貢献し、大陸自体内での機械の自由貿易に対する障壁を取り除くことができると認識されています。

展望

したがって、人間工学の標準化は強力な 保護する、予防的ではありますが、健康保護のさまざまなレベルで労働者を悪影響から保護することを目的として人間工学基準が開発されています。 したがって、人間工学規格は、次の意図を考慮して作成されました。

  • 割り当てられたタスクがワーカーのパフォーマンス能力の限界を超えないようにするため
  • 短期的または長期的に、永続的または一時的であるかにかかわらず、労働者の怪我または健康への悪影響を防ぐため、問題のタスクがたとえ短時間であっても、悪影響なしに実行できる場合でも
  • 時間の経過とともに回復が可能であっても、タスクと労働条件が機能障害につながらないようにすること。

 

一方、法律とそれほど密接に結びついていない国際標準化は、悪影響の防止と保護を超えた標準を作成する方向に常に展望を開こうとしました(たとえば、最小/最大を指定することによって)値) の代わりに 積極的に 労働者の幸福と個人の成長、および労働システムの有効性、効率性、信頼性、生産性を促進するための最適な労働条件を提供します。

これは、人間工学、特に人間工学の標準化が非常に明確な社会的および政治的側面を持っていることが明らかになるポイントです。 安全と健康に関する保護的アプローチは、すべてのレベルの標準化について関係者 (雇用主、組合、管理者、および人間工学の専門家) の間で一般に受け入れられ、合意されていますが、積極的なアプローチは、すべての関係者によって同じように等しく受け入れられているわけではありません。 . これは、特に立法が人間工学原則の適用を要求する場合 (したがって、明示的または暗示的に人間工学基準の適用を要求する場合)、一部の関係者は、そのような基準が行動または交渉の自由を制限する可能性があると感じているという事実による可能性があります。 国際規格はそれほど魅力的ではないため (それらを国内規格本体に移すかどうかは、国内標準化委員会の裁量に任されています)、人間工学標準化の国際レベルで積極的なアプローチが最も進んでいます。

特定の規制が適用対象者の裁量を実際に制限するという事実は、特定の分野での標準化を思いとどまらせるのに役立ちました。職場での機械の操作、および作業システムの設計と職場の設計。 一方、第 118a 条に基づいて発行された、欧州連合 (EU) 内でのこの機械の自由貿易に関する機械の設計における安全と健康に関する指令の下では、欧州のエルゴノミクス標準化が欧州委員会によって義務付けられています。

しかし、人間工学の観点からは、機械の設計における人間工学が、作業システム内での機械の使用および操作における人間工学と異なる理由を理解するのは困難です。 したがって、この区別は、一貫した人間工学標準の開発にとって有益というよりも有害であると思われるため、将来的には放棄されることが望まれます。

人間工学規格の種類

(ドイツの DIN 国家規格に基づいて) 開発された最初の国際人間工学規格は、6385 年に発行された ISO 1981「作業システムの設計における人間工学原則」です。これは、人間工学規格シリーズの基本規格であり、タスク、ツール、機械、ワークステーション、作業スペース、作業環境、および作業組織を含む作業システムの人間工学的設計の基本概念を定義し、一般原則を述べる標準の段階。 現在改訂中のこの国際規格は、 ガイドライン基準、従って従うべきガイドラインを提供します。 ただし、満たさなければならない技術的または物理的仕様は提供しません。 これらは、異なるタイプの標準で見つけることができます。つまり、 仕様基準、たとえば、人体測定または熱条件に関するもの。 どちらのタイプの標準も、異なる機能を果たします。 ガイドライン基準ながら ユーザーに「何をどのように行うか」を示し、遵守しなければならない、または遵守すべき原則を示すことを目的としています。たとえば、満たす必要があり、指定された手順によってこれらの処方箋への準拠をテストできる場合。 これは、ガイドライン標準では常に可能というわけではありませんが、具体性が相対的に欠如しているにもかかわらず、通常、いつ、どこでガイドラインに違反したかを示すことができます。 仕様規格のサブセットは「データベース」規格であり、ユーザーに関連するエルゴノミクス データ (ボディ寸法など) を提供します。

CEN 規格は、適用範囲と適用分野に応じて、A、B、および C タイプの規格に分類されます。 A タイプの標準は、あらゆる種類のアプリケーションに適用される一般的な基本的な標準であり、B タイプの標準は、アプリケーションの領域に固有のものです (つまり、CEN 内のほとんどの人間工学標準はこのタイプになります)。型式規格は、手持ち式ボール盤など、特定の種類の機械に固有のものです。

標準化委員会

人間工学規格は、他の規格と同様に、適切な技術委員会 (TC)、その小委員会 (SC)、またはワーキング グループ (WG) で作成されます。 ISO の場合は TC 159、CEN の場合は TC 122 であり、国レベルではそれぞれの国内委員会です。 人間工学委員会に加えて、人間工学は機械の安全性に取り組む TC (CEN TC 114 や ISO TC 199 など) でも取り扱われ、連絡と緊密な協力が維持されています。 人間工学が関連する可能性のある他の委員会との連絡も確立されています。 ただし、エルゴノミクス基準に対する責任は、エルゴノミクス委員会自身に留保されています。

IEC(国際電気標準会議)など、他の多くの組織が人間工学規格の作成に携わっています。 CENELEC、または電気技術分野のそれぞれの国内委員会; CCITT (Comité Consultative International des organization téléphoniques et télégraphiques) または電気通信分野の ETSI (European Telecommunication Standards Institute); コンピュータシステムの分野における ECMA (European Computer Manufacturers Association)。 ほんの数例を挙げると、製造業の新技術の分野では CAMAC (Computer Assisted Measurement and Control Association) があります。 これらのいくつかについては、作業の重複や仕様の矛盾を避けるために、人間工学委員会が連絡係を持っています。 一部の組織(IEC など)では、相互に関心のある分野で協力するための合同技術委員会さえ設立されています。 しかし、他の委員会との調整や協力はまったくありません。 これらの委員会の主な目的は、その活動分野に固有の (人間工学) 規格を作成することです。 さまざまなレベルのそのような組織の数はかなり多いため、人間工学の標準化の完全な概要を実行することは (不可能ではないにしても) 非常に複雑になります。 したがって、現在のレビューは、国際およびヨーロッパの人間工学委員会における人間工学の標準化に限定されます。

標準化委員会の構成

人間工学標準化委員会は、構造が互いに非常に似ています。 通常、標準化組織内の 159 人の TC がエルゴノミクスを担当します。 この委員会 (ISO TC 1 など) は主に、何を標準化する必要があるか (作業項目など) と、委員会内で標準化をどのように編成および調整するかについての決定に関係していますが、通常、このレベルでは標準は作成されません。 TC レベルの下には、他の委員会があります。 たとえば、ISO には、標準化の定義された分野を担当する小委員会 (SC) があります。SC 3 は一般的な人間工学の指針原則、SC 4 は人体計測とバイオメカニクス、SC 5 は人間とシステムの相互作用、SC 122 は物理的な作業です。環境。 CEN TC 159 には、TC レベル以下のワーキング グループ (WG) があり、人間工学標準化の特定分野を扱うように構成されています。 ISO TC XNUMX 内の SC は、担当分野の運営委員会として機能し、最初の投票を行いますが、通常、SC は規格の作成も行いません。 これは、各国の委員会によって指名された専門家で構成される WG で行われますが、SC および TC の会議には、各国の視点を代表する各国の代表者が出席します。 CEN 内では、職務は WG レベルで明確に区別されていません。 WG は、運営委員会と製作委員会の両方として機能しますが、多くの作業は、WG のメンバー (国内委員会によって指名された) で構成され、標準の草案を準備するために設立されたアドホック グループで行われます。 ISO SC 内の WG は、実際の標準化作業を行うために設立されます。つまり、草案を作成し、コメントに取り組み、標準化の必要性を特定し、SC および TC への提案を準備します。SC および TC はその後、適切な決定または行動を行います。

人間工学基準の作成

人間工学規格の作成は、ヨーロッパやその他の国際的な開発に重点が置かれていることを考慮して、ここ数年でかなり著しく変化しました。 当初、ある国の専門家が国内委員会で準備し、特定の投票手順でその国の一般大衆の利害関係者によって合意された国家規格は、責任ある SC および WG へのインプットとして転送されました。 ISO TC 159 は、そのような国際規格を作成する必要があるという正式な投票が TC レベルで行われた後に行われました。 この作業プロジェクトに協力する意思のある TC 159 のすべての参加メンバー団体 (つまり、国内標準化組織) の人間工学の専門家 (および政治的に関心のある団体の専門家) で構成されるワーキング グループは、あらゆるインプットに取り組み、準備を整えることになります。作業草案 (WD)。 このドラフト案が WG で合意されると、それは委員会ドラフト (CD) になり、承認とコメントのために SC のメンバー組織に配布されます。 ドラフトが SC メンバー団体から実質的な支持を得た場合 (つまり、少なくとも 159 分の 122 が賛成票を投じた場合)、および国内委員会によるコメントが WG によって改良版に組み込まれた後、ドラフト国際規格 (DIS) が作成されます。 TC XNUMX のすべてのメンバーに投票するために提出されます。この段階で TC のメンバー団体から実質的な支持が得られた場合 (そしておそらく編集上の変更を組み込んだ後)、このバージョンは国際標準 (IS) として発行されます。 ISO。 TC および SC レベルでのメンバー機関の投票は、国レベルでの投票に基づいており、各国の専門家または利害関係者がメンバー機関を通じてコメントを提供できます。 この手順は CEN TC XNUMX とほぼ同じですが、TC レベルより下に SC がなく、投票が (国の規模に応じて) 重み付けされた投票で行われるのに対し、ISO 内ではルールが XNUMX つの国、XNUMX つの国である点が異なります。投票。 ドラフトがいずれかの段階で失敗した場合、WG が合意に基づく改訂が達成できないと判断しない限り、ドラフトは改訂され、再度投票手続きを経なければなりません。

国内委員会がそれに応じて投票した場合、国際規格は国内規格に移されます。 対照的に、欧州規格 (EN) は、CEN メンバーによって国内規格に移行されなければならず、矛盾する国内規格は撤回されなければなりません。 これは、統一された EN がすべての CEN 加盟国で有効になることを意味します (そして、貿易への影響により、CEN 加盟国の顧客に商品を販売しようとする他のすべての国の製造業者に関連するものになります)。

ISO-CEN協力

規格の競合や作業の重複を回避し、非 CEN メンバーが CEN の開発に参加できるようにするために、ISO と CEN の間で協力協定が締結されました (いわゆる ウィーン協定)は、手続きを規制し、いわゆる並行投票手順を提供します。これにより、責任ある委員会がそうすることに同意した場合、CEN と ISO で同じ草案を並行して投票することができます。 エルゴノミクス委員会の間では、その傾向は非常に明確です: 作業の重複を避け (マンパワーと財源があまりにも限られているため)、仕様の矛盾を避け、分業に基づいて一貫したエルゴノミクス標準を達成しようとします。 CEN TC 122 は EU 行政の決定に拘束され、欧州指令の仕様を規定する作業項目を義務付けられていますが、ISO TC 159 は人間工学の分野で必要または適切と思われるものを自由に標準化できます。 これにより、両方の委員会の重点が変化し、CEN は機械と安全関連のトピックに集中し、ISO はヨーロッパよりも幅広い市場の関心が関係する分野に集中しています (たとえば、VDU との連携やプロセスの制御室設計)。および関連産業); 作業システムの設計など、機械の操作に関する領域。 また、職場環境や職場組織などについても同様です。 しかし、その意図は、CEN から ISO に、またその逆に作業結果を転送して、実際に世界中で有効な一連の一貫した人間工学基準を構築することです。

標準を作成する正式な手順は、今日でも同じです。 しかし、その重点がますます国際的またはヨーロッパのレベルに移行したため、ますます多くの活動がこれらの委員会に移されています。 現在、ドラフトは通常、これらの委員会で直接作成されており、既存の国家基準に基づいていません。 標準を策定すべきであるという決定が下された後、利用可能な情報に基づいて、これらの超国家レベルのいずれかから作業が直接開始され、時にはゼロから開始されます。 これにより、国の人間工学委員会の役割が劇的に変わります。 これまで彼らは、自国の規則に従って独自の国家標準を正式に策定していましたが、現在では、標準を作成する専門家や投票のさまざまな段階で行われたコメントを通じて、超国家レベルでの標準化を観察し、影響を与える任務を負っています。同等のプロジェクトが CEN レベルで同時に取り組んでいる場合、国家標準化プロジェクトは中止されます)。 この影響力は間接的にしか作用せず、人間工学基準の作成は単なる純粋な科学の問題ではなく、交渉、コンセンサス、合意の問題であるため、これは作業をさらに複雑にします (特に、標準はあるかもしれません)。 もちろん、これが、国際的またはヨーロッパの人間工学標準を作成するプロセスが通常数年かかる理由の XNUMX つであり、人間工学標準が人間工学の最新技術を反映できない理由の XNUMX つです。 したがって、人間工学の国際規格は XNUMX 年ごとに審査され、必要に応じて改訂されなければなりません。

人間工学標準化の分野

人間工学の国際標準化は、作業システムの設計における人間工学の一般原則に関するガイドラインから始まりました。 それらは ISO 6385 に規定されており、新しい開発を組み込むために現在改訂中です。 CEN は同様の基本規格 (EN 614、第 1 部、1994 年) を作成しました。これは機械と安全性に重点を置いています。この基本規格の第 XNUMX 部として、タスク設計に関するガイドラインを含む規格を準備しています。 したがって、CEN は、適切なツールまたは機械を設計する必要がある機械または作業システムの設計におけるオペレータ タスクの重要性を強調しています。

概念とガイドラインが標準に定められているもう 10075 つの領域は、精神的負荷の分野です。 ISO 1 のパート 2 は、用語と概念 (例: 疲労、単調、警戒の低下) を定義し、パート 1990 (XNUMX 年代後半の DIS の段階) は、以下に関する作業システムの設計のガイドラインを提供します。障害を回避するための精神的負荷。

ISO TC 3 の SC 159 および CEN TC 1 の WG 122 は、人体計測および生体力学に関する規格を作成します。これには、人体測定法、身体寸法、安全距離およびアクセス寸法、作業姿勢の評価、作業場の設計などのトピックが含まれます。機械に関連して、推奨される体力の限界と手作業の問題。

ISO 4 の SC 159 は、技術的および社会的変化が人間工学の標準化およびそのような小委員会のプログラムにどのように影響するかを示しています。 SC 4 は、情報を表示するための原則を標準化し、制御アクチュエータを設計することによって「信号と制御」として開始されました。その作業項目の XNUMX つは、オフィス タスクに使用される視覚表示装置 (VDU) です。 しかし、VDU の人間工学を標準化するだけでは不十分であることがすぐに明らかになりました。 作業システム— ハードウェア (ディスプレイ、キーボード、非キーボード入力デバイス、ワークステーションを含む VDU 自体など)、作業環境 (照明など)、作業組織 (作業要件など)、およびソフトウェア (例: ダイアログの原則、メニュー、直接操作ダイアログ)。 これにより、「VDU を使用した事務作業の人間工学的要件」をカバーするマルチパート規格 (ISO 9241) が作成され、現時点で 17 のパートがあり、そのうち 3 つはすでに IS のステータスに達しています。 この規格は、EU の VDU 指令 (29241/90 EEC) の要件を指定する CEN (EN 270 として) に移行されますが、これは単一欧州法の第 118a 条に基づく指令です。 この一連の規格は、規格の特定の部分の主題に応じてガイドラインと仕様を提供し、標準化の新しい概念であるユーザー パフォーマンス アプローチを導入します。これは、人間工学の標準化におけるいくつかの問題の解決に役立つ可能性があります。 の章で詳しく説明します。 ビジュアルディスプレイユニット .

ユーザー パフォーマンス アプローチは、標準化の目的は機能障害を防止し、オペレーターに最適な作業条件を提供することであり、技術仕様自体を確立することではないという考えに基づいています。 したがって、仕様は、障害のない最適なユーザー パフォーマンスを実現するための手段としてのみ見なされます。 重要なことは、特定の物理的仕様が満たされているかどうかに関係なく、オペレーターのこの障害のないパフォーマンスを達成することです。 これには、たとえば VDU での読み取り性能など、達成しなければならない障害のないオペレーターの性能を最初に指定する必要があり、次に、必要な性能を達成できるようにする技術仕様を開発する必要があります。利用可能な証拠。 製造業者は、製品が人間工学的要件に準拠していることを保証するこれらの技術仕様に従うことができます。 または、要件を満たすことが知られている製品と比較して (規格の技術仕様への準拠または実証済みの性能のいずれかによって)、新製品の性能要件が既存の製品と同等またはそれ以上に満たされていることを証明する場合があります。標準の技術仕様への準拠の有無にかかわらず、参照製品。 規格のユーザー性能要件への適合を実証するために従わなければならないテスト手順は、規格で指定されています。

このアプローチは、XNUMX つの問題を解決するのに役立ちます。 標準は、その仕様のおかげで、標準作成時の最新技術 (および技術) に基づいているため、新しい開発が制限される可能性があります。 特定の技術 (ブラウン管など) に基づく仕様は、他の技術には不適切な場合があります。 ただし、技術とは無関係に、表示デバイスのユーザーは (たとえば) 表示された情報を効果的かつ効率的に読んで理解できる必要があります。 ただし、この場合のパフォーマンスは、純粋な出力 (速度または精度で測定) に限定されず、快適さと労力も考慮に入れる必要があります。

このアプローチで対処できる XNUMX つ目の問題は、条件間の相互作用の問題です。 通常、物理仕様は一次元であり、他の条件は考慮されません。 ただし、インタラクティブな効果の場合、これは誤解を招く可能性があり、間違っている可能性さえあります。 一方、性能要件を特定し、それを達成するための手段を製造業者に任せることで、これらの性能要件を満たすソリューションはすべて許容されます。 したがって、仕様を目的を達成するための手段として扱うことは、真の人間工学的視点を表しています。

SC 4 では、プロセス産業や発電所などの制御室の設計に関連する作業システム アプローチの別の規格が準備中です。 その結果として、マルチパート規格 (ISO 11064) が作成される予定であり、レイアウト、オペレータ ワークステーションの設計、プロセス制御用のディスプレイと入力デバイスの設計など、制御室の設計の側面を扱うさまざまなパートがあります。 これらの作業項目と採用されたアプローチは、「表示と制御」の設計の問題を明らかに超えているため、SC 4 は「Human-System Interaction」と改名されました。

環境問題、特にノイズの多い環境での熱条件と通信に関連する問題は、SC 5 で扱われます。SC XNUMX では、測定方法、熱ストレスの推定方法、熱的快適性の条件、代謝熱産生に関する標準が作成されているか、準備されています。 、および聴覚的および視覚的な危険信号、音声干渉レベル、および音声コミュニケーションの評価について。

CEN TC 122 は、作業グループの重点と構造が異なりますが、人間工学標準化のほぼ同じ分野をカバーしています。 しかし、人間工学委員会間の分業と作業結果の相互承認により、一般的で使用可能な一連の人間工学標準が開発されることが意図されています。

 

戻る

月曜日、07月2011 19:04

チェックリスト

作業システムには、人事サブシステム、技術サブシステム、外部環境などのマクロレベルの組織変数が含まれます。 したがって、労働システムの分析は、本質的に、社会技術環境における労働者と技術者の間の機能の割り当てと人々の間の分業を理解するための努力です。 このような分析は、システムの安全性、作業効率、技術開発、および労働者の精神的および身体的健康を向上させるための情報に基づいた決定を下すのに役立ちます。

研究者は、対応する個人および組織の結果を伴うさまざまなアプローチ (機械的、生物学的、知覚/運動、動機付け) に従って作業システムを調べます (Campion and Thayer 1985)。 作業システム分析における方法の選択は、採用された特定のアプローチと特定の目的、組織の状況、仕事と人間の特性、および研究中のシステムの技術的な複雑さによって決定されます (Drury 1987)。 チェックリストとアンケートは、人事の選択と配置、業績評価、安全と健康の管理、労働者と機械の設計、および作業の設計または再設計の分野で行動計画の優先順位を付ける際に、組織計画担当者がデータベースを組み立てる一般的な手段です。 チェックリストのインベントリ方法。たとえば、職位分析アンケート、または PAQ (McCormick 1979)、ジョブ コンポーネント インベントリ (Banks and Miller 1984)、ジョブ診断調査 (Hackman and Oldham 1975)、およびマルチメソッド ジョブ デザイン アンケート ( Campion 1988) は、より一般的な手段であり、さまざまな目的に向けられています。

PAQ には 189 つの主要な区分があり、職務遂行の評価に必要な XNUMX の行動項目と、金銭的報酬に関連する XNUMX つの補足項目で構成されています。

  • 情報入力(実施する仕事に関する情報をどこでどのように入手するか)(35項目)
  • メンタルプロセス(仕事をする上での情報処理と意思決定)(14項目)
  • 仕事の成果 (物理的な作業、使用したツールとデバイス) (50 項目)
  • 人間関係(36項目)
  • 仕事の状況と仕事の背景(物理的・社会的背景)(18項目)
  • その他の仕事の特徴(勤務スケジュール、仕事の需要)(36項目)。

 

Job Components Inventory Mark II には XNUMX つのセクションがあります。 導入セクションでは、組織の詳細、職務内容、職務所有者の経歴の詳細を扱います。 その他のセクションは次のとおりです。

  • ツールと機器 - 200 以上のツールと機器 (26 項目) の使用
  • 身体的および知覚的要件 - 強さ、調整、選択的注意 (23 項目)
  • 数学的要件 - 数の使用、三角法、実用的なアプリケーション、たとえば、計画や図面の操作 (127 項目)
  • コミュニケーション要件 - 手紙の準備、コーディング システムの使用、人々へのインタビュー (19 項目)
  • 意思決定と責任 - 方法、作業順序、基準、および関連する問題に関する決定 (10 項目)
  • 仕事の条件と認識されている仕事の特徴。

 

プロファイル手法には共通の要素があります。つまり、(1) 仕事の範囲を選択するために使用される包括的な一連の仕事要因、(2) 仕事の需要を評価できる評価尺度、および (3) 仕事の特性の重み付けです。組織構造と社会技術的要件に基づいています。 投稿のプロフィール、ルノー組織で開発された別のタスクプロファイルツール(RNUR 1976)には、労働条件を表す変数のエントリのテーブルが含まれており、回答者に、非常に幅広い範囲の変数の値を選択できる1段階の尺度を提供します。標準化された回答を登録することにより、満足できるものから非常に悪いものまで。 変数は、(2) ワークステーションの設計、(3) 物理的環境、(4) 物理的負荷要因、(5) 神経の緊張、(6) 仕事の自律性、(7) 関係、(8) 反復性​​、および ( XNUMX) 仕事の内容。

AET (Ergonomic Job Analysis) (Rohmert and Landau 1985) は、応力-ひずみの概念に基づいて開発されました。 AET の 216 項目はそれぞれコード化されています。XNUMX つのコードはストレッサーを定義し、作業要素がストレッサーとしての資格があるかどうかを示します。 他のコードは、仕事に関連するストレスの程度を定義します。 さらに、勤務シフト中のストレスの持続時間と頻度を説明するものもあります。

AET は次の XNUMX つの部分で構成されています。

  • パート A. Man-at-Work システム (143 項目) には、作業の物理的、組織的、社会的、経済的条件を構成する作業オブジェクト、ツールと機器、および作業環境が含まれます。
  • パート B. タスク分析 (31 項目) は、物質的オブジェクトや抽象的なオブジェクトなどのさまざまな種類の作業オブジェクトと、作業者に関連するタスクの両方に従って分類されます。
  • パート C. 作業需要分析 (42 項目) は、知覚、決定、応答/活動の要素で構成されます。 (AET サプリメント、H-AET は、工業的な組み立て作業における身体の姿勢と動きをカバーしています)。

 

大まかに言えば、チェックリストは次の 1 つのアプローチのいずれかを採用しています。 投稿のプロフィール)および(2)労働者志向のアプローチ(PAQなど)。 タスクインベントリとプロファイルは、複雑なタスクとジョブの職業プロファイリングの微妙な比較を提供し、労働条件を改善する上で避けられない要因としてアプリオリに考えられる仕事の側面を決定します. PAQ の重点は、ジョブ ファミリーまたはクラスターの分類 (Fleishman and Quaintence 1984; Mossholder and Arvey 1984; Carter and Biersner 1987) であり、ジョブ コンポーネントの有効性とジョブ ストレスを推測します (Jeanneret 1980; Shaw and Riskind 1983)。 医学的観点からは、AET とプロファイルの両方の方法で、必要に応じて制約と適性を比較できます (Wagner 1985)。 Nordic アンケートは、人間工学的な職場分析 (Ahonen、Launis、および Kuorinka 1989) の説明的なプレゼンテーションであり、次の側面をカバーしています。

  • 作業スペース
  • 一般的な身体活動
  • リフティング活動
  • 仕事の姿勢と動き
  • 事故のリスク
  • 仕事内容
  • 仕事の制限
  • 従業員のコミュニケーションと個人的な連絡先
  • 意思決定
  • 仕事の反復性
  • 注意力
  • 照明条件
  • 熱環境
  • ノイズ。

 

人間工学に基づいたジョブ分析で使用される汎用チェックリスト形式の欠点には、次のようなものがあります。

  • いくつかの例外を除いて (例えば、AET や Nordic Questionnaire)、仕事や環境のさまざまな側面に関して、人間工学の基準や評価手順が一般的に欠如しています。
  • チェックリストの全体的な構成には、労働条件の特性を決定する手段、見積書の形式、テストの基準および方法に関して相違点があります。
  • 作業負荷、作業姿勢、および作業方法の評価は、ストレスの相対的なレベルのスケールを参照して、作業操作の分析の精度が不足しているため、制限されています。
  • 労働者の精神的負荷を評価する主な基準は、作業の複雑さ、作業に必要な注意、および精神的スキルの実行です。 既存のチェックリストは、抽象的な思考メカニズムの過小使用よりも、具体的な思考メカニズムの過剰使用に言及しています。
  • ほとんどのチェックリストでは、分析方法は、仕事の分析、ワーカーとマシンの互換性などとは対照的に、役割としての仕事に重点を置いています。 基本的に主観的で偶発的な心理社会学的決定要因は、人間工学チェックリストではあまり強調されていません。

 

体系的に作成されたチェックリストにより、目に見える、または変更しやすい労働条件の要因を調査することが義務付けられ、雇用主、雇用主、その他の関係者の間で社会的対話を行うことができます。 チェックリストが単純で効率的であるという錯覚に対して、またそれらの定量化および技術的アプローチに対しても、ある程度の注意を払う必要があります。 チェックリストまたはアンケートの汎用性は、特定の目的に合わせて特定のモジュールを含めることで実現できます。 したがって、変数の選択は、作業システムを分析する目的と密接に関連しており、これにより、ユーザーフレンドリーなチェックリストを作成するための一般的なアプローチが決まります。

提案された「エルゴノミクス チェックリスト」は、さまざまな用途に採用できます。 データ収集とチェックリスト データのコンピューター化された処理は、一次および二次ステートメント (qv) に応答することにより、比較的簡単です。

 


人間工学チェックリスト

モジュラー構造の作業システム チェックリストの広範なガイドラインがここで提案され、XNUMX つの主要な側面 (機械的、生物学的、知覚/運動、技術的および心理社会的) をカバーしています。 モジュールの重み付けは、分析される仕事の性質、調査対象の国または人口の特定の特徴、組織の優先順位、および分析結果の使用目的によって異なります。 回答者は、「主な意見」に「はい/いいえ」のマークを付けます。 「はい」の回答は、問題が明らかに存在しないことを示していますが、さらに慎重に精査することをお勧めします。 「いいえ」の回答は、人間工学の評価と改善が必要であることを示しています。 「二次的意見」への回答は、以下に示す同意/不同意スケールの重大度で XNUMX 桁で示されます。

0 わからない、または該当しない

1 強く反対

2 同意しない

3 賛成も反対もしない

4 同意する

5 とてもそう思う

A. 組織、ワーカー、およびタスク あなたの回答/評価

チェックリストのデザイナーは、作業のサンプル図面/写真を提供することができます。
勉強中の職場。

1. 組織と機能の説明。

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

2. 作業者の特徴: 作業グループの簡単な説明。

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

3. タスクの説明: 使用中のアクティビティと資料をリストします。 何らかの指示を与える 
作業の危険。

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

B. 機械的側面 あなたの回答/評価

I. 専門職

4.タスク/作業パターンはシンプルで複雑ではありません。 はい・いいえ

If いいえ、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)

4.1 仕事の割り当ては工作員に固有のものです。        

4.2 仕事のツールと方法は、仕事の目的に特化しています。  

4.3 生産量と仕事の質。  

4.4 ジョブホルダーは複数のタスクを実行します。   

Ⅱ. スキル要件

5. 仕事には単純な運動が必要です。 はい・いいえ

If いいえ、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)

5.1 仕事には知識と熟練した能力が必要です。    

5.2 仕事はスキル習得のための訓練を必要とします。     

5.3 労働者は仕事で頻繁に間違いを犯します。    

5.4 ジョブは、指示に従って頻繁なローテーションを要求します。   

5.5 作業は機械のペースで行われ、自動化によって支援されます。   

改善のためのコメントと提案。 項目 4 から 5.5:

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

q アナリストの評価 ワーカーの評価 q

C. 生物学的側面 あなたの回答/評価

III. 一般的な身体活動

6. 身体活動は完全に決定され、
労働者によって規制されます。 はい・いいえ

If いいえ、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)

6.1 従業員は目標指向のペースを維持します。   

6.2 仕事とは、頻繁に繰り返される動きを意味します。   

6.3 仕事の心肺需要:   

座っている/軽い/中程度/重い/非常に重い。 

(重労働要素は何ですか?):

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

(0~5を入力)

6.4 高い筋力を必要とする仕事。   

6.5 仕事(ハンドル、ハンドル、ペダル・ブレーキの操作)は主に静的な仕事です。   

6.6. 仕事は固定された作業位置 (座っているか立っている) を必要とします。   

 

IV. マニュアルマテリアルハンドリング (MMH)

扱うオブジェクトの性質: 生物/無生物、サイズ、形状。

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

7. ジョブには最小限の MMH アクティビティが必要です。 はい・いいえ

If いいえ、作業を指定します。

7.1 作業形態: (XNUMX つを丸で囲んでください)

引く/押す/回す/持ち上げる/下げる/運ぶ

(繰り返し周期を指定):

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________


7.2 積載重量 (kg): (丸 XNUMX つ)

5-10, 10-20, 20-30, 30-40, >>40.

7.3 被験者と荷重の水平距離 (cm): (丸 XNUMX つ)

<25、25-40、40-55、55-70、>70。

7.4 被験者の積載高さ: (丸 XNUMX つ)

地面、膝、腰、胸、肩の高さ。

(0~5を入力)

7.5 衣服は MMH のタスクを制限します。   

8. 人身事故の危険がない作業状況。 はい・いいえ

If いいえ、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)        

8.1 タスクを変更して、処理する負荷を軽減できます。   

8.2 材料は標準サイズで梱包できます。   

8.3 オブジェクトのハンドルのサイズ/位置が改善される可能性があります。   

8.4 労働者はより安全な荷役方法を採用しない。   

8.5 機械的補助具は身体の負担を軽減することがあります。
ホイストやその他の取り扱い補助具が利用できる場合は、各品目をリストします。   

改善のための提案、項目 6 から 8.5:

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

Ⅴ.ワークプレイス・ワークスペースデザイン

職場は図式的に図示され、人間のリーチと
クリアランス:

9. 職場は人間の次元に適合しています。 はい・いいえ

If いいえ、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)

9.1 作業距離は、水平面または垂直面での通常のリーチから離れています (>60 cm)。   

9.2 作業机/機器の高さは固定されているか、最小限に調整可能です。   

9.3 補助的な作業(検査や保守など)のためのスペースがない。   

9.4 ワークステーションには、障害物、突出部、または鋭利な縁があります。   

9.5 作業面の床が滑りやすく、でこぼこで、雑然としていたり​​、不安定である。   

10. 座席配置は適切である(例:快適な椅子、
良好な姿勢サポート)。 はい・いいえ

If いいえ、原因は次のとおりです: (0 ~ 5 を入力)

10.1 座席の寸法 (例: 座席の高さ、背もたれ) が人間の寸法と一致しない。   

10.2 シートの最小調整機能。   

10.3 ワークシートは、機械で作業するための保持/サポートを提供しません (垂直エッジ/非常に硬いカバーなどによる)。   

10.4 ワークシートに振動減衰機構がない。   

11.安全のために十分な補助サポートが利用可能です
職場で。 はい・いいえ

If いいえ、次のことを伝えます: (0 ~ 5 を入力)

11.1 工具や身の回り品の保管スペースの利用不可。   

11.2 出入り口、出入口経路、または廊下は制限されています。  

11.3 ハンドル、はしご、階段、手すりのデザインの不一致。   

11.4 手足のホールドは手足のぎこちない位置を要求します。   

11.5 サポートは、その場所、形状、または構造から認識できません。   

11.6 機器制御の作業および操作のための手袋/履物の限定的な使用。   

改善のための提案、項目 9 から 11.6:

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

Ⅵ. 作業姿勢

12.仕事はリラックスした作業姿勢を可能にします。 はい・いいえ

If いいえ、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)

12.1 腕を肩より上に、および/または体から離して作業する。   

12.2 手首の過伸展と高い筋力の要求。   

12.3 首/肩が約 15°の角度に保たれていない。   

12.4 背中が曲がったりねじれたり。   

12.5 座った姿勢で腰と脚が十分に支えられていない。   

12.6 体の片側および非対称の動き。   

12.7 無理な姿勢の理由を挙げてください:
(1) 機械の位置
(2)シートのデザイン、
(3) 機器の取り扱い、
(4) 職場・ワークスペース

12.8 OWAS コードを指定します。 (OWAS の詳細な説明については、
メソッドは、Karhu らを参照してください。 1981.)

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

改善のための提案、項目 12 から 12.7:

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

VII. 作業環境

(可能な場合は寸法を記入してください)

NOISE

[騒音源、曝露の種類および期間を特定する。 ILO 1984 コードを参照]。

13. 騒音レベルが最大値を下回っている はい/いいえ
推奨音量。 (次の表を使用してください。)

評価

口頭でのコミュニケーションを必要としない仕事

口頭でのコミュニケーションが必要な仕事

集中力が必要な仕事

1

60dBA未満

50dBA未満

45dBA未満

2

60-70 dBA

50-60 dBA

45-55 dBA

3

70-80 dBA

60-70 dBA

55-65 dBA

4

80-90 dBA

70-80 dBA

65-75 dBA

5

90dBA以上

80dBA以上

75dBA以上

ソース: Ahonen ら。 1989年。

同意/不同意のスコアを記入してください (0-5)  

14. 有害なノイズは発生源で抑制されます。 はい・いいえ

「いいえ」の場合、対策を評価してください: (0~5 を入力)

14.1 効果的な遮音が存在しない。   

14.2 騒音に対する緊急対策が講じられていない (例: 作業時間の制限、個人用耳栓/保護具の使用)。   

15. 気候

気象条件を指定します。

温度 ____

湿度____

放射温度 ____

下書き ____

16. 気候は快適です。 はい・いいえ

If いいえ、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)

16.1 温度感覚 (丸 XNUMX):

涼しい/少し涼しい/中立/暖かい/非常に暑い

16.2 換気装置 (扇風機、窓、エアコンなど) が適切でない。   

16.3 暴露限度に関する規制措置の不履行 (可能な場合は詳しく説明してください)。   

16.4 労働者は、熱保護/補助服を着用していません。   

16.5 冷たい水の水飲み場が近くにありません。   

17. ライティング

作業場/機械は常に十分に照らされています。 はい・いいえ

If いいえ、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)

17.1 照度は十分に強い。   

17.2 作業エリアの照明は十分に均一です。   

17.3 ちらつき現象が最小限またはまったくない。   

17.4 影の形成は問題ありません。   

17.5 迷惑な反射グレアが最小限またはまったくない。   

17.6 色のダイナミクス (視覚的な強調、色の暖かさ) は適切です。   

18. ほこり、煙、有毒物質

過度の粉塵のない環境 
煙と有毒物質。 はい・いいえ

「いいえ」の場合、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)

18.1 煙、煙、汚れを排出する効果のない換気および排気システム。   

18.2 緊急放出および危険/有毒物質との接触に対する保護対策の欠如。   

化学毒物を列挙する:

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

18.3 化学毒物に関する職場の監視は定期的ではない。   

18.4 個人用保護手段(手袋、靴、マスク、エプロンなど)が利用できない。   

19. 放射線

労働者は放射線被ばくから効果的に保護されています。 はい・いいえ

いいえの場合、エクスポージャーについて言及してください 
(ISSA チェックリストを参照してください。 エルゴノミクス): (0 ~ 5 を入力)

19.1 紫外線 (200 nm – 400 nm)。   

19.2 赤外線 (780 nm – 100 μm)。   

19.3 放射能/X 線放射 (<200 nm)。   

19.4 電子レンジ (1 mm – 1 m).   

19.5 レーザー (300 nm – 1.4 μm)。   

19.6 その他 (言及):

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________


20. 振動

振動伝達なしで機械を操作できます
オペレーターの体に。 はい・いいえ

If いいえ、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)

20.1 振動は足を介して全身に伝わります。   

20.2 振動伝達はシートを通じて発生します (例: オペレータが座って運転される移動機械)。   

20.3 振動は、ハンドアーム システム (例: 電動ハンドツール、オペレーターが歩いているときに駆動される機械) を介して伝達されます。   

20.4 継続的/反復的な振動源への長時間の暴露。   

20.5 振動源を隔離または排除することはできません。   

20.6 振動源を特定する。

コメントと提案、項目 13 から 20:

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

VIII. 勤務時間表

労働時間:季節労働やシフト制を含め、労働時間/日/週/年。

21. 労働時間のプレッシャーは最小限です。 はい・いいえ

If いいえ、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)

21.1 仕事には夜勤が必要です。   

21.2 仕事に残業/残業時間が含まれる。   

平均期間を指定します。

_______________________________________________________________

21.3 重い仕事は、シフト全体で不均等に配分されます。   

21.4 従業員は、あらかじめ決められたペース/制限時間で作業します。   

21.5 疲労手当/仕事と休息のパターンが十分に組み込まれていない (仕事の厳しさに関する心肺基準を使用する)。   

コメントと提案、項目 21 から 21.5:

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

 

   アナリストの評価 ワーカーの評価   

 

D. 知覚/運動面 あなたの回答/評価

IX. ディスプレイ

22. 視覚的表示 (ゲージ、メーター、警告信号) 
読みやすいです。 はい・いいえ

「いいえ」の場合、難易度を評価してください: (0 ~ 5 を入力)

22.1 不十分な照明 (項目No.17参照).   

22.2 視線に対する頭と目の配置がぎこちない。   

22.3 数字/数字進行の表示スタイルは混乱を招き、読み間違いの原因となります。   

22.4 デジタル表示は、正確な読み取りには使用できません。   

22.5 読み取り精度のための大きな視距離。   

22.6 表示された情報がわかりにくい。   

23. 緊急信号/衝動は容易に認識できます。 はい・いいえ

いいえの場合、理由を評価します。

23.1 合図 (視覚/聴覚) が作業プロセスに適合していない。   

23.2 信号の点滅は視野外です。   

23.3 聴覚表示信号は聞こえません。   

24. 表示機能のグループ化は論理的です。 はい・いいえ

「いいえ」の場合、次の点を評価してください。

24.1 ディスプレイは、形、位置、色、色調によって区別されません。   

24.2 頻繁に使用される重要なディスプレイは、中心的な視野から取り除かれます。   

X. コントロール

25. コントロール(スイッチ、ノブ、クレーン、駆動輪、ペダルなど)は扱いやすい。 はい・いいえ

いいえの場合、原因は次のとおりです: (0 ~ 5 を入力)

25.1 手足のコントロール位置がぎこちない。   

25.2 コントロール/ツールの利き手が正しくありません。   

25.3 操作部の寸法が本体の操作部と一致しない。   

25.4 コントロールには大きな作動力が必要です。   

25.5 制御には高い精度と速度が必要です。   

25.6 コントロールは、グリップをよくするために形状コード化されていません。   

25.7 コントロールは、識別のために色/シンボルコード化されていません。   

25.8 コントロールは不快な感覚を引き起こします (暖かさ、冷たさ、振動)。   

26. ディスプレイとコントロール (組み合わせ) は、簡単で快適な人間の反応と互換性があります。 はい・いいえ

「いいえ」の場合、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)

26.1 プレースメントが互いに十分に接近していません。   

26.2 ディスプレイ/コントロールは、機能/使用頻度のために順番に配置されていません。   

26.3 表示/制御操作が連続しており、操作を完了するのに十分な時間間隔がない (これは感覚過負荷を引き起こします).   

26.4 ディスプレイ/コントロールの移動方向の不調和 (例えば、左方向のコントロールの移動は左方向のユニットの移動を与えません)。   

コメントと提案、項目 22 から 26.4:

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

 

   アナリストの評価 ワーカーの評価   

E. 技術的側面 あなたの回答/評価

XI. 機械

27. 機械(例:コンベア台車、リフト車、工作機械) 
運転と作業が簡単です。 はい・いいえ

「いいえ」の場合、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)

27.1 機械の動作が不安定です。   

27.2 機械の整備不良。   

27.3 機械の駆動速度は調整できません。   

27.4 立った状態からハンドル/ハンドルを操作する。   

27.5 操作機構が職場での身体の動きを妨げる。   

27.6 機械ガードの欠如による負傷の危険。   

27.7 機械には警告信号が装備されていません。   

27.8 機械の振動減衰機能が不十分です。   

27.9 機械の騒音レベルが法定制限を超えている (項目No.13、14参照)   

27.10 機械部品及び隣接区域の視界不良 (項目No.17、22参照).   

ⅩⅡ. 小型工具・器具

28. 工作員に提供されるツール/器具は、 
快適に作業できます。 はい・いいえ

「いいえ」の場合、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)

28.1 ツール/器具には、キャリング ストラップ/バック フレームがありません。   

28.2 ツールは別の手では使用できません。   

28.3 ツールの重量が手首の過伸展を引き起こします。   

28.4 ハンドルの形状と位置は、握りやすいように設計されていません。   

28.5 動力工具は両手操作用に設計されていません。   

28.6 ツール/機器の鋭利なエッジ/リッジは、怪我の原因となる可能性があります。      

28.7 振動工具の操作にハーネス(手袋など)を定期的に使用していない。   

28.8 電動工具の騒音レベルが許容範囲を超えている 
(項目No.13参照).   

改善のための提案、項目 27 から 28.8:

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

XIII。 労働安全

29.機械の安全対策は、防止するのに十分です 
事故や健康被害。 はい・いいえ

「いいえ」の場合、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)

29.1 機械の付属品を簡単に固定したり取り外したりすることはできません。   

29.2 危険箇所、可動部品、および電気設備が適切に守られていない。   

29.3 身体部分と機械との直接的または間接的な接触は、危険を引き起こす可能性があります。   

29.4 機械の点検と整備の難しさ。   

29.5 機械の操作、保守、および安全に関する明確な指示がない。   

改善のための提案、項目 29 から 29. 5:

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

 

   アナリストの評価 ワーカーの評価   

F. 心理社会的側面 あなたの回答/評価

XIV。 仕事の自律性

30. 仕事は自律性を許す(例えば、仕事の方法に関する自由、 
パフォーマンス条件、タイム スケジュール、品質管理)。 はい・いいえ

「いいえ」の場合、次の原因が考えられます: (0 ~ 5 を入力)

30.1 仕事の開始時間と終了時間の裁量はない。   

30.2 職場で支援を求めることに関して組織的な支援がない。   

30.3 タスク (チームワーク) に対して不十分な人数。   

30.4 作業方法および条件の厳格さ。   

XV。 ジョブ フィードバック (内的および外的)

31. 品質に関する情報を直接フィードバックできる仕事 
そして自分のパフォーマンスの量。 はい・いいえ

いいえの場合、その理由は次のとおりです: (0-5 を入力)

31.1 タスクの情報と意思決定に参加する役割がない。   

31.2 物理的な障壁による社会的接触の制約。   

31.3 騒音レベルが高いために通信が困難になる。   

31.4 マシン ペーシングでの注意喚起の増加。   

31.5 他の人々 (マネージャー、同僚) は、従業員の職務遂行の有効性について従業員に知らせます。   

XVI。 タスクの多様性/明快さ

32.仕事にはさまざまな仕事があり、労働者側の自発性が求められます。 はい・いいえ

「いいえ」の場合、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)

32.1 仕事の役割と目標があいまいです。   

32.2 マシン、プロセス、またはワークグループによってジョブの制限が課される。   

32.3 作業者と機械の関係は、オペレータが明らかにすべき行動に関して対立を引き起こします。   

32.4 制限されたレベルの刺激(例えば、変化しない視覚および聴覚環境)。   

32.5 仕事上の退屈度が高い。   

32.6 職務拡大の限定された範囲。   

XVII。 タスクのアイデンティティ/重要性

33. ワーカーにタスクのバッチが与えられる はい/いいえ
作業を完了するために自分のスケジュールを調整します
(例えば、仕事を計画して実行し、検査し、
製品を管理しています)。

同意/不同意のスコアを記入してください (0-5)   

34. 仕事は組織において重要です。 はい・いいえ
他者からの承認と承認を提供します。

(賛成/反対のスコアを記入してください)

XVIII。 精神的な過負荷/過小負荷

35. 仕事は、明確なコミュニケーションと 
明確な情報サポートシステムが利用可能です。 はい・いいえ

「いいえ」の場合、次の点を評価してください: (0 ~ 5 を入力してください)

35.1 仕事に関連して提供される情報は広範です。   

35.2 圧力下での情報の取り扱いが必要です (例: プロセス制御における緊急操作)。   

35.3 情報を扱う作業負荷が高い(例:難しいポジショニング作業 - 特別な動機は必要ない)。   

35.4 実際のタスクに必要な情報以外の情報に時折注意が向けられる。   

35.5 課題は単純な運動行為の反復であり、表面的な注意が必要である。   

35.6 ツール/機器は、精神的な遅れを避けるために事前に配置されていません。   

35.7 意思決定とリスクの判断には、複数の選択肢が必要です。   

(コメントと提案、項目 30 から 35.7)

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

_______________________________________________________________

XIX。 トレーニングと昇進

36. 仕事には、関連する能力の成長の機会がある 
そして任務遂行。 はい・いいえ

「いいえ」の場合、次の原因が考えられます: (0 ~ 5 を入力)

36.1 より高いレベルへの昇進の機会がない。   

36.2 業務に特化したオペレーター向けの定期的なトレーニングがない。   

36.3 トレーニング プログラム/ツールは、習得や使用が容易ではありません。   

36.4 報奨金制度なし。   

XX. 組織のコミットメント

37. 組織のYes/Noに対する明確なコミットメント
有効性、および身体的、精神的、社会的幸福。

以下が利用可能になっている程度を評価します: (0-5 を入力)

37.1 個人の役割の対立とあいまいさにおける組織の役割.   

37.2 労働災害の場合の予防的介入のための医療/管理サービス。   

37.3 作業グループの欠勤を抑制するための促進措置。   

37.4 効果的な安全規則。   

37.5 より良い労働慣行の労働監督と監視。   

37.6 事故/傷害管理のためのフォローアップ措置。   

 


 

 

 

要約評価シートは、選択した項目グループのプロファイリングとクラスタリングに使用できます。これは、作業システムに関する決定の基礎を形成する可能性があります。 分析のプロセスはしばしば時間がかかり、これらの機器のユーザーは、作業システムの評価において、理論的および実践的な人間工学の適切なトレーニングを受けなければなりません。

 


 

要約評価シート

A. 組織、従業員の特徴、およびタスクの説明の簡単な説明

................................................................... ................................................................... ................................................................... ................................................................... ...................

................................................................... ................................................................... ................................................................... ................................................................... ...................

     

重大度契約

   

モジュール

セクション

の番号
定格の
アイテム



0



1



2



3



4



5

相対
重大度
(%)

商品番号。
即時用
介入

B. メカニズム

I. 専門職

Ⅱ. スキル要件

4

5

               

C. 生物学的

III. 一般的な身体活動

IV. 手動マテリアルハンドリング

Ⅴ.ワークプレイス・ワークプレイスデザイン

Ⅵ. 作業姿勢

VII. 作業環境

VIII. 勤務時間表

5

6

15

6

28

5

               

D. 知覚/運動

IX. ディスプレイ

X. コントロール

12

10

               

E. テクニカル

XI. 機械

ⅩⅡ. 小型工具・器具

XIII。 労働安全

10

8

5

               

F.心理社会的

XIV。 仕事の自律性

XV。 仕事のフィードバック

XVI。 タスクの多様性/明快さ

XVII。 タスクのアイデンティティ/重要性

XVIII。 精神的な過負荷/過小負荷

XIX。 トレーニングと昇進

XX. 組織のコミットメント

5

5

6

2

7

4

6

               

総合評価

モジュールの重大度契約

備考

A

 

B

 

C

 

D

 

E

 

F

 
 

作業アナリスト:

 

 

 

戻る

火曜日、08 March 2011 20:55

人体計測

 

この記事は、労働安全衛生百科事典の第 3 版に基づいています。

人体測定学は、自然人類学の基本的な分野です。 量的な側面を表しています。 理論と実践の幅広いシステムは、さまざまな応用分野の目的を関連付けるための方法と変数を定義することに専念しています。 労働衛生、安全、および人間工学の分野では、人体測定システムは主に体格、組成および体質、および職場の寸法、機械、産業環境、および衣服に対する人体の相互関係の寸法に関係しています。

人体測定変数

人体測定変数は、測定単位として定義、標準化、および参照できる身体の測定可能な特性です。 線形変数は、通常、身体まで正確に追跡できるランドマークによって定義されます。 ランドマークには一般に XNUMX つのタイプがあります。皮膚を通して骨隆起を感じることで検出およびトレースできる骨格解剖学的ランドマークと、キャリパーの枝を使用して最大距離または最小距離として単純に検出される仮想ランドマークです。

人体測定変数には、遺伝的要素と環境要素の両方があり、個人および集団の変動性を定義するために使用できます。 変数の選択は、特定の研究目的に関連し、同じ分野の他の研究と標準化されている必要があります。これは、文献に記載されている変数の数が非常に多く、人体については 2,200 まで記述されているためです。

人体測定変数は主に 線形 高さ、対象者が標準化された姿勢で立っているか座っているランドマークからの距離などの測定値。 直径、両側のランドマーク間の距離など。 長さ、XNUMX つの異なるランドマーク間の距離など。 湾曲対策、つまり、XNUMX つのランドマーク間の体表面上の距離などの弧。 と 胴回り一般に、少なくとも XNUMX つのランドマークまたは定義された高さに配置された、体表面上の閉じた全周測定など。

他の変数には、特別な方法と手段が必要になる場合があります。 たとえば、皮下脂肪の厚さは、特殊な定圧キャリパーによって測定されます。 体積は、計算または水中への浸漬によって測定されます。 体表面の特性に関する完全な情報を得るために、生物立体計測技術を使用して、表面点のコンピュータ マトリックスをプロットすることができます。

インストゥルメンツ

自動化されたデータ収集を目的として、洗練された人体計測機器が記述され、使用されてきましたが、基本的な人体計測機器は非常に単純で使いやすいものです。 ランドマークの誤解や被験者の姿勢の誤りに起因する一般的なエラーを避けるために、細心の注意を払う必要があります。

標準的な人体計測機器は人体計です。長さ 2 メートルの剛体の棒で、カウンター リーディング スケールが XNUMX つあり、床や座席からの目印の高さなどの垂直方向の身体寸法と、直径などの横方向の寸法を測定できます。

通常、ロッドは 3 つまたは 4 つのセクションに分割でき、互いに適合します。 直線または曲線の爪を備えたスライド ブランチを使用すると、床からの距離を高さで測定したり、固定ブランチから直径を測定したりできます。 より精巧な人体計には、高さと直径の単一の目盛りがあり、目盛りの誤差を避けるか、デジタルの機械的または電子的な読み取り装置が取り付けられています (図 1)。

図 1. 人体計

ERG070F1

スタディオメーターは固定された人体計であり、通常は身長のみに使用され、体重計と関連付けられることがよくあります。

横方向の直径については、一連のキャリパーを使用できます。600 mm までの測定用の骨盤計と 300 mm までのセファロメーターです。 後者は、スライディング コンパスと一緒に使用すると、頭の測定に特に適しています (図 2)。

図 2. スライド式コンパスを備えたセファロメーター

ERG070F2

フットボードは足を測定するために使用され、ヘッドボードは「フランクフォート平面」( ポリオン および 軌道 手はキャリパー、または XNUMX つのスライド式定規で構成された特別な装置で測定できます。

皮下脂肪の厚さは、一般的に 9.81 x 10 の圧力で一定圧力の皮下脂肪キャリパーで測定されます。4 Pa (10 mm の面積に 1 g の重りがかかる圧力2).

円弧と胴回りには、平らな部分を持つ細くて柔軟なスチール テープが使用されます。 自動矯正スチールテープは避ける必要があります。

変数のシステム

人体測定変数のシステムは、いくつかの特定の問題を解決するための身体測定の一貫したセットです。

人間工学と安全性の分野では、主な問題は、機器と作業スペースを人間に適合させ、衣服を適切なサイズに調整することです。

機器とワークスペースは、主にランドマークの高さと直径から簡単に計算できる手足と体のセグメントの線形測定を必要としますが、サイズの調整は主に弧、胴回り、柔軟なテープの長さに基づいています。 両方のシステムは、必要に応じて組み合わせることができます。

いずれにせよ、測定ごとに正確な空間参照が絶対に必要です。 したがって、ランドマークは高さと直径によってリンクされている必要があり、すべての円弧または胴回りには定義済みのランドマーク参照が必要です。 高さと勾配を示す必要があります。

特定の調査では、変数の数を最小限に制限して、被験者とオペレーターに過度のストレスを与えないようにする必要があります。

ワークスペースの変数の基本セットは、33 の測定変数 (図 3) に加えて、単純な計算によって導出された 20 に削減されました。 汎用軍事調査では、Hertzberg と共同研究者は 146 個の変数を使用します。 衣服および一般的な生物学的目的については、イタリアのファッション委員会 (エンテ イタリアーノ デッラ モーダ) は、32 個の汎用変数と 28 個の技術変数のセットを使用します。 衣服のコントロール ボディ寸法のドイツ基準 (DIN 61 516) には、12 の変数が含まれています。 人体測定に関する国際標準化機構 (ISO) の推奨事項には、36 の変数の主要なリストが含まれています (表 1 を参照)。 ILO によって公開された国際人体測定データ表には、世界の 19 の異なる地域の人口の 20 の身体寸法が記載されています (Jürgens、Aune、および Pieper 1990)。

図 3. 人体測定変数の基本セット

ERG070F3


表 1. 基本的な人体計測コア リスト

 

1.1 前方へのリーチ (被験者が壁に直立した状態でハンド グリップを握る)

1.2 身長(床から頭頂までの垂直距離)

1.3 目の高さ(床から目尻まで)

1.4 肩の高さ (床から肩峰まで)

1.5 肘の高さ (床から肘の放射状のくぼみまで)

1.6 股の高さ(床から恥骨まで)

1.7 指先の高さ(床から拳の握り軸まで)

1.8 肩幅(肩峰径)

1.9 腰幅、立位 (腰の最大距離)

2.1 座高(座面から頭頂まで)

2.2 座った時の目の高さ(座から目頭まで)

2.3 肩の高さ、座位(座から肩峰まで)

2.4 座った状態の肘の高さ (座面から曲がった肘の最下点まで)

2.5 ひざの高さ(フットレストから太ももの上面まで)

2.6 下腿長(座面の高さ)

2.7 前腕と手の長さ(曲げた肘の後ろからグリップ軸まで)

2.8 体の深さ、座る(座面の深さ)

2.9 臀部から膝までの長さ (膝頭から臀部の最後部まで)

2.10 肘間幅(肘の側面間の距離)

2.11 腰幅、座位(座幅)

3.1 人差し指の幅、近位 (内側指骨と近位指骨の間の関節)

3.2 人差し指の幅、遠位 (遠位指骨と内側指骨の間の関節)

3.3 人差し指の長さ

3.4 手の長さ(中指の先から茎状突起まで)

3.5 手幅(中手骨)

3.6 手首周り

4.1 足幅

4.2 足の長さ

5.1 熱周長(眉間)

5.2 矢状弧(眉間から陰茎まで)

5.3 頭の長さ(眉間から後頭蓋まで)

5.4 頭幅(耳の上の最大)

5.5 Bitragion アーク (耳の間の頭上)

6.1 胴囲(臍の位置)

6.2 脛骨の高さ (床から脛骨関節窩の前内側縁の最高点まで)

6.3 頸椎の高さ(第 7 頸椎の棘突起の先端まで)の座位。

出典: ISO/DP 7250 1980 から適応)。


 

 精度と誤差

生体の寸法精度は確率論的に考慮する必要があります。なぜなら、人体は静的構造と動的構造の両方で非常に予測不可能だからです。

一人の個人でも、筋肉質と肥満が成長または変化する可能性があります。 老化、病気または事故の結果として骨格変化を受ける; または行動や姿勢を修正します。 さまざまな主題は、一般的な寸法だけでなく、比率によっても異なります。 背の高い被写体は、背の低い被写体を単に拡大したものではありません。 体質型と体型は、おそらく一般的な寸法よりも大きく異なります。

マネキン、特にフィッティング トライアル用の標準​​的な 5、50、95 パーセンタイルを表すマネキンの使用は、体のプロポーションのバリエーションが考慮されていない場合、非常に誤解を招く可能性があります。

エラーは、ランドマークの誤解や機器の誤った使用 (個人的なエラー)、不正確または不正確な機器 (機器のエラー)、または被験者の姿勢の変化 (被験者のエラー - この後者は、文化的または言語的背景が異なる場合、コミュニケーションの困難が原因である可能性があります) に起因します。運営者とは対象が異なります)。

統計処理

人体計測データは、主に単変量 (平均、モード、パーセンタイル、ヒストグラム、分散分析など)、二変量 (相関、回帰)、および多変量 (多重相関と回帰、因子分析) を適用する推論方法の分野で、統計手順によって処理する必要があります。など)メソッド。 人間のタイプを分類するために、統計的アプリケーションに基づくさまざまなグラフィカルな手法が考案されています (アントロポメトログラム、モルフォソマトグラム)。

サンプリングと調査

人体測定データは全人口に対して収集することはできないため (特に人口が少ないというまれなケースを除いて)、通常はサンプリングが必要です。 基本的にランダムなサンプルは、人体測定調査の出発点であるべきです。 測定対象者の数を妥当なレベルに保つには、一般に、複数段階の層化サンプリングに頼る必要があります。 これにより、母集団をいくつかのクラスまたは階層に最も均一に細分化できます。

人口は、性別、年齢層、地理的領域、社会的変数、身体活動などによって細分化される場合があります。

調査フォームは、測定手順とデータ処理の両方を念頭に置いて設計する必要があります。 オペレーターの疲労とエラーの可能性を減らすために、測定手順の正確な人間工学的研究を行う必要があります。 このため、使用する器具に応じて変数をグループ化し、順番に並べて、オペレータが体を曲げる回数を減らす必要があります。

個人的なエラーの影響を減らすために、調査は XNUMX 人のオペレーターによって実行されるべきです。 複数のオペレーターを使用する必要がある場合は、測定の再現性を確保するためにトレーニングが必要です。

人口人体計測学

非常に批判されている「人種」の概念を無視しても、人間の集団は、個人のサイズとサイズの分布において非常にばらつきがあります。 一般に、人間集団は厳密にはメンデル型ではありません。 それらは通常、混合の結果です。 異なる起源と適応を持つXNUMXつ以上の個体群が、交配することなく同じ地域に一緒に住んでいることがあります. これは形質の理論的な分布を複雑にします。 人体測定の観点からは、性別は異なる集団です。 従業員の人口は、可能性のある適性選択または仕事の選択による自動選択の結果として、同じ地域の生物学的人口に正確に対応しない場合があります。

異なる地域からの集団は、異なる適応条件または生物学的および遺伝的構造の結果として異なる場合があります。

厳密なフィッティングが重要な場合は、無作為標本の調査が必要です。

フィッティング試験と規制

ワークスペースや機器を使用者に適応させることは、身体の大きさだけでなく、不快感への耐性や活動の性質、衣服、道具、環境条件などの変数にも依存する場合があります。 関連要因のチェックリスト、シミュレーター、および予想されるユーザー人口の体格の範囲を表すために選択された被験者のサンプルを使用した一連のフィッティング試験の組み合わせを使用できます。

目的は、すべての被験者の許容範囲を見つけることです。 範囲が重複する場合は、どの被験者の許容範囲外でもない、より狭い最終範囲を選択することができます。 オーバーラップがない場合は、構造を調整可能にするか、さまざまなサイズで提供する必要があります。 XNUMX つ以上の次元を調整できる場合、被験者は可能な調整のうちどれが自分に最も適しているかを判断できない場合があります。

特に不快な姿勢が疲労につながる場合、調整機能は複雑な問題になる可能性があります。 したがって、自分の人体測定特性についてほとんど、またはまったく知らないことが多いユーザーに、正確な指示を与える必要があります。 一般に、正確な設計により、調整の必要性が最小限に抑えられます。 いずれにせよ、関係するのは工学だけでなく人体測定学であることを常に念頭に置いておく必要があります。

動的人体測定学

適切な変数セットが選択されている場合、静的人体測定は動きに関する幅広い情報を提供する可能性があります。 それにもかかわらず、動きが複雑で産業環境との密接な適合が望ましい場合、ほとんどのユーザーと機械、および人間と車のインターフェースのように、姿勢と動きの正確な調査が必要です。 これは、リーチ ラインをトレースできる適切なモックアップを使用するか、写真によって行うことができます。 この場合、被写体の矢状​​面に配置された望遠レンズと人体測定ロッドを取り付けたカメラは、画像の歪みがほとんどない標準化された写真を可能にします。 被験者のアーティキュレーションに小さなラベルを付けると、動きを正確に追跡できます。

動きを研究するもう XNUMX つの方法は、関節を通過する一連の水平面と垂直面に従って、姿勢の変化を形式化することです。 繰り返しになりますが、コンピューター支援設計 (CAD) システムでコンピューター化された人体モデルを使用することは、人間工学に基づいた職場設計に動的人体測定を組み込むための実行可能な方法です。

 

戻る

火曜日、08 March 2011 21:01

筋肉の仕事

職業活動における筋肉の仕事

先進工業国では、労働者の約 20% が今でも力仕事を必要とする仕事に就いています (Rutenfranz et al. 1990)。 従来の重労働の仕事は減りましたが、その一方で、多くの仕事はより静的で、非対称で、静止したものになっています。 発展途上国では、あらゆる形態の筋肉の仕事はまだ非常に一般的です.

職業活動における筋肉作業は、重度の動的筋肉作業、手作業による資材処理、静的作業、反復作業の XNUMX つのグループに大別できます。 たとえば、林業、農業、建設業界では、重くて動的な作業タスクが見られます。 看護、輸送、倉庫保管などではマテリアルハンドリングが一般的ですが、事務作業、電子産業、修理および保守作業では静的負荷が存在します。 たとえば、食品や木材加工業界では、繰り返しの作業が見られます。

手作業によるマテリアルハンドリングと反復作業は、基本的に動的または静的な筋肉作業、またはこれらXNUMXつの組み合わせであることに注意することが重要です.

筋肉の働きの生理学

ダイナミックな筋肉の働き

ダイナミックな作業では、アクティブな骨格筋がリズミカルに収縮および弛緩します。 筋肉への血流は、代謝のニーズに合わせて増加します。 血流の増加は、心臓のポンピング (心拍出量) の増加、腎臓や肝臓などの活動していない領域への血流の減少、および作業筋組織内の開いた血管の数の増加によって達成されます。 筋肉の心拍数、血圧、酸素抽出量は、作業強度に比例して直線的に増加します。 また、より深い呼吸と呼吸頻度の増加により、肺換気が高まります。 心肺系全体を活性化する目的は、活動中の筋肉への酸素供給を強化することです。 重い動的筋肉作業中に測定された酸素消費量のレベルは、作業の強度を示します。 最大酸素消費量 (VO2max) その人の有酸素運動の最大能力を示します。 酸素消費量の値は、エネルギー消費量に換算できます (1 分間の酸素消費量 5 リットルは、約 21 kcal/分または XNUMX kJ/分に相当します)。

動的作業の場合、アクティブな筋肉量が小さい場合 (腕など)、最大作業能力と最大酸素消費量は、大きな筋肉を使用した動的作業よりも小さくなります。 同じ外部作業量で、小さな筋肉を使った動的な作業は、大きな筋肉を使った作業よりも高い心肺反応 (心拍数、血圧など) を引き出します (図 1)。

図 1. 静的作業と動的作業    

ERG060F2

静的な筋肉の働き

静的な作業では、筋肉の収縮は、たとえば手足のように目に見える動きを生み出しません。 静的な仕事は、筋肉内の圧力を増加させ、機械的圧縮と相まって、血液循環を部分的または完全に遮断します。 筋肉への栄養素と酸素の供給と、筋肉からの代謝最終産物の除去が妨げられます。 したがって、静的な作業では、動的な作業よりも筋肉が疲れやすくなります。

静的作業の最も顕著な循環機能は、血圧の上昇です。 心拍数と心拍出量はあまり変化しません。 一定の運動強度を超えると、運動の強度と持続時間に直接関係して血圧が上昇します。 さらに、同じ相対的な努力の場合、大きな筋肉群での静的作業は、小さな筋肉での作業よりも大きな血圧反応を生み出します. (図2参照)

図 2. Rohmert (1984) を修正した拡張応力-ひずみモデル

ERG060F1

原則として、静的作業における換気と循環の調節は動的作業の場合と似ていますが、筋肉からの代謝信号はより強く、異なる反応パターンを誘発します。

職業活動における筋肉過負荷の結果

労働者が筋肉作業で経験する身体的負担の程度は、作業筋肉量のサイズ、筋肉収縮のタイプ (静的、動的)、収縮の強度、および個人の特性によって異なります。

筋肉の作業負荷が作業者の身体能力を超えない場合、身体は負荷に適応し、作業を停止すると回復が速くなります。 筋肉への負荷が高すぎると、疲労が生じ、作業能力が低下し、回復が遅くなります. ピーク時の負荷または長時間の過負荷は、臓器の損傷を引き起こす可能性があります (職業病または仕事関連の病気の形で)。 一方、特定の強度、頻度、および持続時間の筋肉運動もトレーニング効果をもたらす可能性があります。一方、過度に低い筋肉要求はトレーニング効果を低下させる可能性があります. これらの関係は、いわゆる 拡張された応力-ひずみ概念 Rohmert (1984) によって開発されました (図 3)。

図 3. 許容可能なワークロードの分析

ERG060F3

一般に、筋肉の過負荷が病気の危険因子であるという疫学的証拠はほとんどありません。 しかし、健康状態の悪化、身体障害、および職場での主観的な過負荷は、身体的に厳しい仕事、特に高齢の労働者に集中します。 さらに、仕事関連の筋骨格疾患の多くの危険因子は、筋力の発揮、作業姿勢の悪さ、持ち上げ、突然のピーク負荷など、筋肉負荷のさまざまな側面に関連しています。

人間工学の目的の XNUMX つは、疲労や障害の予防に適用できる筋肉のワークロードの許容限界を決定することでした。 慢性的な影響の予防が疫学の焦点であるのに対し、作業生理学は主に短期的な影響、つまり仕事中または勤務中の疲労を扱います。

激しい動的筋肉作業で許容されるワークロード

動的な作業タスクにおける許容可能なワークロードの評価は、従来、酸素消費量 (またはそれに対応するエネルギー消費量) の測定に基づいていました。 酸素消費量は、現場でポータブル デバイス (ダグラス バッグ、マックス プランク呼吸計、Oxylog、Cosmed など) を使用して比較的簡単に測定できます。また、職場で確実に行うことができる心拍数の記録から推定することもできます。 、SportTester デバイスで。 酸素消費量の推定に心拍数を使用するには、実験室の標準的な作業モードで測定された酸素消費量に対して個別に較正する必要があります。つまり、研究者は、特定の心拍数での個々の被験者の酸素消費量を知っている必要があります。 心拍数の記録は、体力、環境温度、心理​​的要因、アクティブな筋肉量のサイズなどの要因にも影響されるため、注意して扱う必要があります。 したがって、心拍数の測定値は、酸素消費量の値がエネルギー要件のみを反映することによって全体的な生理学的負担を過小評価する可能性があるのと同じように、酸素消費量を過大評価する可能性があります。

相対好気性ひずみ (RAS) は、作業中に測定された労働者の VO に対する酸素消費量の割合 (パーセンテージで表される) として定義されます。2max 実験室で測定。 心拍数の測定値しか利用できない場合は、図 3 のようにいわゆる Karvonen 式を使用して、心拍数範囲のパーセンテージ (% HR 範囲) の値を計算することで、RAS に近似することができます。

VO2max 通常、機械効率が高い (20 ~ 25%) 自転車エルゴメーターまたはトレッドミルで測定されます。 アクティブな筋肉量が少ないか、静的成分が多い場合、VO2max 力学的効率は、大きな筋肉群を使った運動の場合よりも小さくなります。 たとえば、郵便小包の仕分けでは、VO2max 自転車エルゴメーターで測定された最大値のわずか 65% であり、タスクの機械効率は 1% 未満でした。 ガイドラインが酸素消費量に基づいている場合、最大テストのテストモードは実際のタスクにできるだけ近いものにする必要があります。 ただし、この目標を達成するのは困難です。

Åstrand (1960) の古典的な研究によると、RAS は 50 日 50 時間の勤務中に 50% を超えてはなりません。 彼女の実験では、40% のワークロードで体重が減少し、心拍数が定常状態に達せず、日中の主観的な不快感が増加しました。 彼女は、男性と女性の両方に 25% の RAS 制限を推奨しました。 後に彼女は、建設作業員が 55 日の勤務中に平均 RAS レベル 50% (範囲 30 ~ 35%) を自発的に選択したことを発見しました。 最近のいくつかの研究では、許容可能な RAS が XNUMX% 未満であることが示されています。 ほとんどの著者は、営業日全体の許容可能な RAS レベルとして XNUMX ~ XNUMX% を推奨しています。

もともと、許容可能な RAS レベルは、実際の作業生活ではめったに発生しない純粋な動的筋肉作業のために開発されました. たとえば、荷物を持ち上げる作業では、許容可能な RAS レベルを超えていなくても、背中の局所的な負荷が許容可能なレベルを大幅に超える場合があります。 その制限にもかかわらず、RAS の決定は、さまざまな仕事での身体的負担の評価に広く使用されています。

酸素消費量の測定または推定に加えて、他の有用な生理学的フィールド法も、重い動的作業における身体的ストレスまたはひずみの定量化に使用できます。 観察技術は、エネルギー消費の推定に使用できます(例えば、 エドホルムスケール) (エドホルム 1966)。 知覚された運動の評価 (RPE) は主観的な疲労の蓄積を示します。 新しい外来血圧監視システムにより、循環反応のより詳細な分析が可能になります。

手作業によるマテリアルハンドリングで許容されるワークロード

手作業によるマテリアルハンドリングには、さまざまな外部負荷の持ち上げ、運搬、押し引きなどの作業が含まれます。 この分野の研究のほとんどは、特に生体力学的観点から、持ち上げ作業における腰の問題に焦点を当てています.

自転車エルゴメーターテストから得られた個々の最大酸素消費量と比較すると、持ち上げ作業には 20 ~ 35% の RAS レベルが推奨されています。

最大許容心拍数の推奨値は、絶対値または安静時の心拍数に関連しています。 男性と女性の絶対値は、連続的な手動マテリアル ハンドリングで毎分 90 ~ 112 ビートです。 これらの値は、安静時レベルを超える心拍数の増加の推奨値、つまり 30 ~ 35 拍/分とほぼ同じです。 これらの推奨事項は、若くて健康な男性と女性の重い動的筋肉作業にも有効です. ただし、前述のように、心拍数データは筋肉の働き以外の要因にも影響されるため、慎重に扱う必要があります。

生体力学的分析に基づいた手作業によるマテリアルハンドリングの許容ワークロードのガイドラインは、荷物の重量、取り扱い頻度、持ち上げる高さ、身体から荷物までの距離、人の身体的特徴など、いくつかの要因で構成されています。

ある大規模なフィールド調査 (Louhevaara、Hakola、および Ollila 1990) では、健康な男性労働者がシフト中に 4 ~ 5 キログラムの郵便小包を客観的または主観的な疲労の兆候なしに処理できることがわかりました。 取り扱いの大部分は肩より下で行われ、平均取り扱い頻度は 8 分あたり 1,500 個未満の小包であり、小包の総数は 101 シフトあたり 1.0 個未満でした。 労働者の平均心拍数は毎分 31 回で、平均酸素消費量は XNUMX l/分で、これは自転車の最大値に関連する RAS の XNUMX% に相当します。

たとえば、OWAS 法 (Karhu、Kansi、および Kuorinka 1977) に従って実行される作業姿勢および力の使用の観察、知覚された運動の評価、および歩行中の血圧の記録も、手動のマテリアルハンドリングにおけるストレスおよび緊張の評価に適した方法です。 筋電図検査は、腕や背中の筋肉などの局所的なひずみ反応を評価するために使用できます。

静的な筋肉の作業に許容されるワークロード

静的な筋肉の仕事は、主に作業姿勢を維持するために必要です。 静的収縮の持続時間は、収縮の相対的な力に指数関数的に依存します。 これは、例えば、静的収縮が最大の力の 20% を必要とする場合、持続時間は 5 ~ 7 分、相対力が 50% の場合、持続時間は約 1 分であることを意味します。

古い研究では、相対力が最大力の 15% 未満の場合、疲労は発生しないことが示されていました。 しかし、より最近の研究では、許容可能な相対力は筋肉または筋肉群に固有であり、最大静的強度の 2 ~ 5% であることが示されています。 ただし、これらの力の制限は、筋電図記録を必要とするため、実際の作業状況で使用するのは困難です。

開業医にとって、静的作業におけるひずみの定量化に利用できるフィールド メソッドは少なくなります。 悪い作業姿勢、つまり主関節の正常な中間位置から外れた姿勢の割合を分析するためのいくつかの観察方法 (OWAS 法など) が存在します。 心拍数はあまり当てはまりませんが、血圧の測定値と知覚された運動の評価は有用な場合があります。

反復作業における許容可能なワークロード

小さな筋肉群での反復作業は、循環および代謝反応の観点から見ると、静的な筋肉の作業に似ています。 通常、反復作業では、筋肉は 30 分間に 10 回以上収縮します。 収縮の相対力が最大力の 90% を超えると、持久力と筋力が低下し始めます。 ただし、耐久時間には個人差があります。 たとえば、筋肉が 110 ~ 10% の相対力レベルで 20 分間に 1974 ~ XNUMX 回収縮する場合、持久時間は XNUMX ~ XNUMX 分です (Laurig XNUMX)。

反復作業の明確な基準を設定することは非常に困難です。非常に軽いレベルの作業でも (マイクロコンピューターのマウスを使用する場合のように)、筋肉内圧が上昇し、筋肉繊維の腫れ、痛み、および減少につながる場合があるためです。筋力で。

反復的および静的な筋肉の作業は、非常に低い相対的な力レベルで疲労と作業能力の低下を引き起こします. したがって、人間工学的介入は、反復運動と静的収縮の数を可能な限り最小限に抑えることを目的とする必要があります。 反復作業におけるひずみ評価に使用できるフィールド メソッドはほとんどありません。

筋肉過負荷の予防

筋肉負荷が健康に有害であることを示す疫学的証拠は比較的少ない. しかし、仕事の生理学的および人間工学的研究は、筋肉の過負荷が疲労(すなわち、仕事能力の低下)を引き起こし、生産性と仕事の質を低下させる可能性があることを示しています.

筋肉過負荷の防止は、作業内容、作業環境、および作業者に向けられている可能性があります。 負荷は、作業環境、ツール、および/または作業方法に焦点を当てた技術的手段によって調整できます。 筋肉のワークロードを調整する最も速い方法は、個々の作業時間の柔軟性を高めることです。 これは、個々の労働者の仕事量とニーズと能力を考慮に入れた、仕事と休息の計画を立てることを意味します。

静的で反復的な筋肉の作業は最小限に抑える必要があります。 持久力タイプの体力の維持には、時折の重い動的作業フェーズが役立つ場合があります。 おそらく、仕事の日に組み込むことができる身体活動の最も有用な形態は、活発なウォーキングまたは階段を上ることです.

しかし、労働者の体力や作業能力が低い場合、筋肉の過負荷を防止することは非常に困難です。 適切なトレーニングは、作業スキルを向上させ、仕事での筋肉負荷を軽減する可能性があります. また、仕事や余暇の時間に定期的に運動することで、労働者の筋肉と心肺能力が向上します。

 

戻る

火曜日、08 March 2011 21:13

職場での姿勢

作業中の人の姿勢 (体幹、頭、四肢の相互組織) は、いくつかの観点から分析および理解することができます。 姿勢は仕事を進めることを目的としています。 したがって、彼らは、その性質、時間関係、および問題の人への(生理学的またはその他の)コストに影響を与える最終性を持っています。 身体の生理的能力と特性、および仕事の要件との間には密接な相互作用があります。

筋骨格負荷は、身体機能に必要な要素であり、健康に不可欠です。 作品のデザインの観点からは、必要なものと過剰なものの最適なバランスを見つけることが問題となります。

姿勢は、少なくとも次の理由で研究者や実践者に関心を持っています。

    1. 姿勢は筋骨格負荷の源です。 リラックスして立ったり、座ったり、水平に横になったりする場合を除き、筋肉は姿勢のバランスをとったり、動きを制御したりする力を生み出す必要があります。 建設業や重い材料の手作業などの古典的な重い作業では、動的および静的な外力が体内の内力に加わり、組織の容量を超える可能性のある高負荷が発生することがあります. (図 1 を参照) リラックスした姿勢でも、筋肉の働きがゼロに近づくと、腱や関節に負荷がかかり、疲労の兆候が現れることがあります。 見かけ上の負荷の低い仕事 (顕微鏡検査士の仕事など) は、長期間にわたって実行されると、退屈で骨の折れる作業になる可能性があります。
    2. 姿勢は、バランスと安定性に密接に関係しています。 実際、姿勢はいくつかの神経反射によって制御されており、触覚からの入力と周囲からの視覚的合図が重要な役割を果たしています。 遠くから物体に手を伸ばすなど、一部の姿勢は本質的に不安定です。 バランスの喪失は、労働災害の一般的な直接の原因です。 建設業など、必ずしも安定性が保証されない環境で行われる作業もあります。
    3. 姿勢は熟練した動きと視覚的観察の基礎です。 多くの作業では、繊細で熟練した手の動きと、作業対象を注意深く観察する必要があります。 そのような場合、姿勢はこれらのアクションのプラットフォームになります。 作業に注意が向けられ、姿勢要素が作業をサポートするために参加します。姿勢は動かなくなり、筋肉負荷が増加し、より静的になります。 フランスの研究グループは、彼らの古典的な研究で、仕事の割合が増加すると不動と筋骨格の負荷が増加することを示しました (Teiger, Laville and Duraffourg 1974)。
    4. 姿勢は、職場で起こっている出来事に関する情報源です。 姿勢を観察することは、意図的または無意識的である可能性があります。 熟練した監督者と労働者は、作業プロセスの指標として姿勢観察を使用することが知られています。 多くの場合、姿勢情報を観察することは意識的ではありません。 たとえば、石油掘削デリックでは、タスクのさまざまな段階でチーム メンバー間でメッセージをやり取りするために、姿勢の手がかりが使用されています。 これは、他の通信手段が不可能な状況下で行われます。

     

    図 1. 手の位置が高すぎることや前屈は、「静的な」負荷を生み出す最も一般的な方法です。

    ERG080F1

          安全、健康、および作業姿勢

          安全と健康の観点から、上記の姿勢のすべての側面が重要な場合があります。 しかし、腰痛などの筋骨格系疾患の原因として最も注目されているのは姿勢です。 反復作業に関連する筋骨格系の問題も、姿勢に関連しています。

          腰痛 (LBP)は、さまざまな腰の病気の総称です。 それには多くの原因があり、姿勢は考えられる要因の XNUMX つです。 疫学的研究は、身体的に重い仕事が LBP を助長し、姿勢がこのプロセスの XNUMX つの要素であることを示しています。 特定の姿勢が LBP を引き起こす理由を説明するいくつかのメカニズムが考えられます。 前かがみの姿勢は背骨や靭帯への負荷を増大させ、特にねじれた姿勢では負荷がかかりやすくなります。 外からの負荷、特に急な動きや滑りなどの動的な負荷は、背中への負荷を大幅に増加させる可能性があります。

          安全衛生の観点から、一般的な作業の安全衛生分析の一環として、悪い姿勢やその他の姿勢要素を特定することが重要です。

          作業姿勢の記録と測定

          姿勢は、目視観察または多かれ少なかれ洗練された測定技術を使用して、客観的に記録および測定することができます。 また、自己評価スキームを使用して記録することもできます。 ほとんどの方法では、AET やルノーの方法がそうであるように、姿勢をより大きな文脈の要素の XNUMX つとして、たとえば仕事の内容の一部として考えています。 投稿のプロフィール (Landau and Rohmert 1981; RNUR 1976) — または、他のコンポーネントも考慮した生体力学的計算の出発点として。

          測定技術の進歩にもかかわらず、目視による観察は、野外条件下で体系的に姿勢を記録する唯一の実用的な手段であり続けています。 ただし、そのような測定の精度は低いままです。 それにもかかわらず、姿勢の観察は、仕事全般に関する豊富な情報源になり得ます。

          以下の測定方法と技術の短いリストは、厳選された例を示しています。

            1. 自己申告アンケートと日記. 自己申告アンケートと日記は、姿勢情報を収集する経済的な手段です。 自己申告は被験者の認識に基づいており、通常は「客観的に」観察された姿勢から大きく逸脱していますが、それでも作業の退屈さに関する重要な情報を伝えている可能性があります.
            2. 姿勢観察. 姿勢の観察には、姿勢とその構成要素の純粋な視覚的記録、およびインタビューによって情報を完成させる方法が含まれます。 これらの方法については、通常、コンピューターのサポートを利用できます。 目視観察には多くの方法があります。 この方法には、胴体と四肢の姿勢を含む動作のカタログが含まれているだけです (例: Keyserling 1986; Van der Beek、Van Gaalen、および Frings-Dresen 1992)。OWAS メソッドは、分析、評価、および評価のための構造化されたスキームを提案します。フィールド条件に合わせて設計された体幹と四肢の姿勢 (Karhu、Kansi、および Kuorinka 1977)。 記録と分析の方法には記法スキームが含まれる場合があり、そのうちのいくつかは非常に詳細であり (Corlett and Bishop 1976 による姿勢ターゲティング法と同様)、タスクの各要素の多くの解剖学的要素の位置の記法を提供する場合があります ( Drury 1987)。
            3. コンピュータ支援による姿勢分析. コンピュータは、さまざまな方法で姿勢分析を支援してきました。 ポータブル コンピューターと特別なプログラムにより、姿勢の簡単な記録と迅速な分析が可能になります。 Persson と Kilbom (1983) は、上肢研究のためのプログラム VIRA を開発しました。 Kerguelen (1986) は、作業タスクの完全な記録と分析のパッケージを作成しました。 Kivi と Mattila (1991) は、記録と分析のためにコンピューター化された OWAS バージョンを設計しました。

                 

                ビデオは通常、記録および分析プロセスの不可欠な部分です。 米国国立労働安全衛生研究所 (NIOSH) は、ハザード分析でビデオ手法を使用するためのガイドラインを提示しました (NIOSH 1990)。

                生体力学および人体計測のコンピューター プログラムは、作業活動および実験室での姿勢要素を分析するための特殊なツールを提供します (例: Chaffin 1969)。

                作業姿勢に影響を与える要因

                作業姿勢は、それ自体の外にある目標、最終的なものに役立ちます。 そのため、それらは外部の労働条件に関連しています。 作業環境とタスク自体を考慮しない姿勢分析は、人間工学者にとってあまり関心のないものです。

                作業場の寸​​法特性は、動的な作業 (限られたスペースでの材料の取り扱いなど) であっても、姿勢 (座る作業の場合など) を大きく定義します。 処理する負荷は、作業ツールの重量と性質と同様に、身体を特定の姿勢に強制します。 一部のタスクでは、たとえば図 2 に示すように、ツールを支えたり、作業対象に力を加えたりするために体重を使用する必要があります。

                図 2. 立つことの人間工学的側面

                ERG080F4

                個人差、年齢、性別が姿勢に影響を与えます。 実際、例えば手作業での「典型的な」または「最良の」姿勢は、ほとんどフィクションであることが分かっています。 個々の作業状況ごとに、さまざまな基準の観点から、代替の「最良の」姿勢が多数あります。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                作業補助具と作業姿勢のサポート

                腰の痛みや上肢の筋骨格損傷のリスクがある作業には、ベルト、ランバー サポート、装具の使用が推奨されています。 これらのデバイスは、例えば、腹圧や手の動きを制御することにより、筋肉をサポートすると考えられてきました。 また、肘、手首、または指の可動範囲を制限することも期待されています。 これらのデバイスで姿勢要素を修正することが、筋骨格系の問題を回避するのに役立つという証拠はありません.

                ハンドル、ひざまずくためのサポート パッド、座席補助具など、職場や機械での姿勢サポートは、姿勢負荷や痛みを軽減するのに役立つ場合があります。

                姿勢要素に関する安全衛生規則

                姿勢または姿勢要素は、規制活動の対象ではありません それ自体が. ただし、いくつかの文書には、姿勢に関係する記述が含まれているか、規則の不可欠な要素として姿勢の問題が含まれています。 既存の規制資料の全体像は入手できません。 以下の参考文献は例として示されています。

                  1. 国際労働機関は、1967 年に最大積載量に関する勧告を発行しました。 勧告は姿勢要素自体を規制していませんが、姿勢の緊張に大きな影響を与えます. この勧告は現在では時代遅れになっていますが、手作業による資材処理の問題に注意を向ける上で重要な目的を果たしてきました。
                  2. NIOSH の持ち上げガイドライン (NIOSH 1981) も、それ自体は規制ではありませんが、その地位を獲得しています。 ガイドラインは、負荷の位置 (姿勢要素) を基準として使用して、負荷の重量制限を導き出します。
                  3. 国際標準化機構および欧州共同体には​​、姿勢要素に関する事項を含む人間工学の基準および指令が存在します (CEN 1990 および 1991)。

                   

                  戻る

                  火曜日、08 March 2011 21:20

                  生体力学

                  目的と原則

                  バイオメカニクスは、身体を単なる機械システムであるかのように研究する学問です。身体のすべての部分を機械構造に例え、そのように研究します。 たとえば、次の類推を引き出すことができます。

                  • 骨:レバー、構造部材
                  • 果肉: 体積と質量
                  • ジョイント: 座面と関節
                  • ジョイント ライニング: 潤滑剤
                  • マッスル: モーター、スプリング
                  • 神経: フィードバック制御メカニズム
                  • オルガン:電源
                  • 腱: ロープ
                  • ティッシュ:スプリング
                  • 体腔:風船。

                   

                  バイオメカニクスの主な目的は、身体が力を生み出し、動きを生み出す方法を研究することです。 この分野は主に解剖学、数学、物理学に依存しています。 関連分野は、人体測定(人体測定の研究)、作業生理学、運動学(人間の動きに関連する力学と解剖学の原理の研究)です。

                  労働者の職業上の健康を考慮すると、バイオメカニクスは、一部のタスクがけがや病気を引き起こす理由を理解するのに役立ちます。 関連する健康への悪影響には、筋肉の緊張、関節の問題、背中の問題、疲労などがあります。

                  背中の緊張や捻挫、さらには椎間板に関連するより深刻な問題は、避けることができる職場での怪我の一般的な例です。 これらは、突然の特定の過負荷が原因で発生することがよくありますが、長年にわたる身体による過剰な力の行使を反映している可能性もあります。問題は突然発生するか、発生するのに時間がかかる場合があります. 時間が経つにつれて発生する問題の例は、「仕立て屋の指」です。 最近の記述では、28 年間衣料品工場で働き、暇なときに裁縫をした後、皮膚が硬化して肥厚し、指を曲げることができなくなった女性の手について説明しています (Poole 1993)。 (具体的には、彼女は右手の人差し指の屈曲変形、右手の人差し指と親指の顕著なヘバーデン結節、およびはさみからの絶え間ない摩擦による右中指の顕著なたこに苦しんでいました。)彼女の手のフィルムは、右の人差し指と中指の最も外側の関節に、関節空間の喪失、関節硬化症(組織の硬化)、骨棘(関節の骨の成長)、および骨嚢胞を伴う重度の変性変化を示しました。

                  職場での検査により、これらの問題は、最も外側の指関節の過伸展 (曲げ) の繰り返しによるものであることがわかりました。 機械的過負荷と血流の制限 (指の白化として見える) は、これらの関節全体で最大になります。 これらの問題は、筋肉以外の部位で繰り返される筋肉の運動に反応して発生しました。

                  バイオメカニクスは、この種の傷害を回避するためのタスクの設計方法や、設計が不十分なタスクを改善する方法を提案するのに役立ちます。 これらの特定の問題の解決策は、はさみを再設計し、実行するアクションの必要性を取り除くために縫製タスクを変更することです.

                  生体力学の XNUMX つの重要な原則は次のとおりです。

                    1. 筋肉は対になる. 筋肉は収縮することしかできないため、関節を一方向に動かすには 1 つの筋肉 (または筋肉群) が必要であり、反対方向に動かすには対応する筋肉 (または筋肉群) が必要です。 図 XNUMX は、肘関節のポイントを示しています。
                    2. 筋肉のペアがリラックスしたバランスにあるとき、筋肉は最も効率的に収縮します. 筋肉は、屈曲する関節の中間域にあるときに最も効率的に機能します。 これには 2 つの理由があります。第 XNUMX に、筋肉が短縮されたときに収縮しようとすると、伸長した反対側の筋肉を引き寄せます。 後者は引き伸ばされるため、収縮する筋肉が克服しなければならない弾性反力が適用されます。 図 XNUMX は、筋肉の長さによって筋力がどのように変化するかを示しています。

                       

                      図 1. 骨格筋は、動きを開始または逆転させるためにペアで発生します

                       ERG090F1

                      図 2. 筋肉の張力は筋肉の長さによって変化する

                      ERG090F2

                      第二に、筋肉が関節の動きの中間域以外で収縮しようとすると、機械的に不利な状態で動作します。 図 3 は、XNUMX つの異なる位置での肘の機械的利点の変化を示しています。

                      図 3. 関節の動きに最適な位置

                      ERG090F3

                      ワークデザインの重要な基準は、次の原則に基づいています。ワークは、各関節の反対側の筋肉がリラックスしたバランスで発生するように配置する必要があります。 ほとんどのジョイントの場合、これはジョイントが可動範囲のほぼ中間にあることを意味します。

                      このルールは、タスクの実行中に筋肉の緊張が最小になることも意味します。 規則違反の一例は、手首を曲げて習慣的に操作するキーボード オペレーターの前腕の上部の筋肉に影響を与えるオーバーユース シンドローム (RSI、または反復性緊張損傷) です。 多くの場合、この習慣は、キーボードとワークステーションの設計によってオペレーターに強制されます。

                      アプリケーション

                      以下は、バイオメカニクスのアプリケーションを示すいくつかの例です。

                      ツールハンドルの最適な直径

                      ハンドルの直径は、手の筋肉がツールに加える力に影響します。 研究によると、最適なハンドルの直径は、ツールを使用する用途によって異なります。 ハンドルのラインに沿って推力を発揮するには、指と親指が少しオーバーラップして握れる直径が最適です。 こちらは約40mm。 トルクを発揮させるには、直径約 50 ~ 65 mm が最適です。 (残念ながら、どちらの目的でも、ほとんどのハンドルはこれらの値よりも小さくなっています。)

                      ペンチの使用

                      ハンドルの特殊なケースとして、ペンチで力を加える能力は、図 4 に示すように、ハンドルの分離に依存します。

                      図 4. 男性と女性の使用者がペンチの顎を握る強さを、ハンドルの間隔の関数として示す

                       ERG090F4

                      着座姿勢

                      筋電図は、筋肉の緊張を測定するために使用できる技術です。 緊張の研究では、 脊柱起立 座っている被験者の(背中の)筋肉を調べたところ、(背もたれを傾けて)後ろに寄りかかると、これらの筋肉の緊張が低下することがわかりました。 この効果は、背もたれが上半身の重量をより多く負担するためと説明できます。

                      さまざまな姿勢の被験者の X 線研究は、股関節を開閉する筋肉のリラックスしたバランスの位置が約 135 度の股関節角度に対応することを示しました。 これは、無重力状態 (宇宙) でこのジョイントが自然に採用する位置 (128°) に近いです。 座った姿勢では、股関節の角度が 90 度で、膝関節と股関節の両方にまたがるハムストリングスの筋肉が、仙骨 (骨盤に接続する脊柱の一部) を垂直位置に引っ張る傾向があります。 その効果は、腰椎の自然な前弯(湾曲)を取り除くことです。 椅子には、この努力を修正するための適切な背もたれが必要です。

                      スクリュードライブ

                      ねじを時計回りに挿入するのはなぜですか? この練習はおそらく、右腕を時計回りに回転させる筋肉 (ほとんどの人は右利き) が、反時計回りに回転させる筋肉よりも大きい (したがってより強力である) という無意識の認識から生じたものです。

                      左利きの方は手でネジを差し込むと不利になりますのでご注意ください。 人口の約 9% が左利きであるため、場合によっては特別なツールが必要になります。ハサミや缶切りがその XNUMX つの例です。

                      組み立て作業でドライバーを使用している人々の研究では、特定の動きと特定の健康問題との間のより微妙な関係が明らかになりました. 肘の角度が大きい(腕がまっすぐである)人ほど、肘に炎症が起こりやすいことがわかりました。 この効果の理由は、前腕 (上腕二頭筋) を回転させる筋肉が、橈骨頭 (下腕の骨) を上腕骨 (上腕骨) の頭 (丸い頭) に引っ張ることにもあります。 より高い肘の角度で力が増加すると、肘に大きな摩擦力が生じ、結果として関節が加熱され、炎症が引き起こされました。 より高い角度では、ねじ込み動作を行うために筋肉もより大きな力で引っ張る必要があったため、約 90 度の肘で必要とされるよりも大きな力が適用されました。 解決策は、タスクをオペレーターの近くに移動して、肘の角度を約 90° に減らすことでした。

                      上記の事例は、生体力学を職場に適用するには、解剖学の適切な理解が必要であることを示しています。 タスクの設計者は、機能解剖学の専門家に相談して、議論されている問題の種類を予測する必要がある場合があります。 (ポケット エルゴノミスト (Brown and Mitchell 1986) は、筋電図の研究に基づいて、職場での身体的不快感を軽減する多くの方法を提案しています.)

                      手動マテリアルハンドリング

                      用語 手動操作 持ち上げる、下げる、押す、引く、運ぶ、移動する、保持する、拘束するなどの作業が含まれ、労働生活の大部分を網羅しています。

                      タスクを実行するには筋肉を動かさなければならないため、バイオメカニクスは手作業に直接関連していることは明らかです。 問題は、人々がどれだけの肉体労働を合理的に期待できるかということです。 答えは状況によって異なります。 実際には、XNUMX つの質問をする必要があります。 それぞれに、科学的に研究された基準に基づいた答えがあります。

                        1. 体に損傷を与えずに(たとえば、筋肉の緊張、椎間板の損傷、関節の問題などの形で)どれだけ処理できますか? これは 生体力学的基準.
                        2. 肺に過度の負担をかけずに (息を切らして息を切らさずに) 処理できる量はどれくらいですか? これは 生理学的基準.
                        3. 人々はどのくらい快適に扱うことができると感じていますか? これは 精神物理学的基準.

                             

                            これらの XNUMX つの異なる基準が必要なのは、物を持ち上げる作業に対して XNUMX つの大きく異なる反応が生じる可能性があるためです。 感じています タスクについて—心理物理学的基準。 加える力が大きいと、筋肉や関節への負担が懸念されます。 過負荷ではない 損傷点まで - 生体力学的基準。 そしてもし 仕事率 大きすぎると、生理学的基準、または人の有酸素能力をはるかに超える可能性があります。

                            多くの要因が、手作業による身体への負荷の程度を決定します。 それらはすべて、制御の機会を示唆しています。

                            姿勢と動き

                            負荷をかけて体をひねったり前に手を伸ばす作業が必要な場合は、怪我のリスクが高くなります。 多くの場合、ワークステーションはこれらのアクションを防ぐために再設計できます。 リフトを地面の高さから始めると、太ももの中央の高さよりも背中の怪我が多くなります。これは、簡単な制御手段を示唆しています。 (これはハイリフトにも当てはまります。)

                            積み荷。

                            荷物自体の重量や場所によっては、ハンドリングに影響を与える場合があります。 形状、安定性、サイズ、滑りやすさなどの他の要因はすべて、取り扱い作業の容易さに影響を与える可能性があります。

                            組織と環境。

                            物理的にも時間の経過とともに (一時的に) 作業が組織化される方法も、取り扱いに影響を与えます。 配送ベイでトラックから荷を下す作業は、XNUMX 人の作業員に XNUMX 日中かけてもらうよりも、数人に XNUMX 時間ずつ分散させた方がよいでしょう。 環境はハンドリングに影響を与えます。照明が不十分で、床が散らかったり、でこぼこしたり、ハウスキーピングが不十分だったりすると、すべて人がつまずく可能性があります。

                            個人的な要因。

                            個人の取り扱いスキル、年齢、着用している衣服も、取り扱い要件に影響を与える可能性があります。 必要な情報を提供し、取り扱いの物理的なスキルを開発するための時間を確保するために、トレーニングと持ち上げのための教育が必要です。 若い人ほどリスクが高くなります。 一方、高齢者は筋力が低下し、生理的能力が低下します。 タイトな服は、人々がきつい服に負担をかけるため、タスクに必要な筋力を増加させる可能性があります。 古典的な例は、ナースのスモック ユニフォームと、人々が頭の上で仕事をするときのタイトなオーバーオールです。

                            推奨される体重制限

                            上記の点は、すべての状況で「安全」な重量を示すことは不可能であることを示しています。 (重量制限は、恣意的な方法で国ごとに異なる傾向があります。たとえば、インドの港湾労働者はかつて 110 kg を持ち上げることが「許可」されていましたが、ドイツの旧人民民主共和国の対応者は 32 kg に「制限されていました」 .) 体重制限も大きすぎる傾向があります。 多くの国で提案されている 55 kg は、最近の科学的証拠に基づいて、現在では大きすぎると考えられています. 米国の国立労働安全衛生研究所 (NIOSH) は、23 年に 1991 kg の負荷制限を採用しました (Waters et al. 1993)。

                            各持ち上げ作業は、それぞれのメリットを評価する必要があります。 持ち上げ作業の重量制限を決定するための有用なアプローチは、NIOSH によって開発された式です。

                            RWL = LC x HM x VM x DM×AM×CM× FM

                            場所

                            RWL = 問題のタスクの推奨重量制限

                            HM = 荷重の重心から足首の中間点までの水平距離 (最小 15 cm、最大 80 cm)

                            VM =リフト開始時の荷物の重心と床との間の垂直距離(最大175cm)

                            DM = リフトの垂直移動 (最小 25 cm、最大 200 cm)

                            AM = 非対称係数 - タスクが体の正面から外れる角度

                            CM = 結合乗数 - 持ち上げるアイテムをしっかりとつかむ能力。参照表に記載されています。

                            FM = 周波数乗数 - リフティングの周波数。

                            方程式内の長さのすべての変数は、センチメートル単位で表されます。 NIOSH が持ち上げるために推奨する最大重量は 23 kg であることに注意してください。 これは、多くの人が多くの持ち上げ作業を行っていることを観察した結果、持ち上げ開始時の身体からの平均距離が 40 cm であり、以前のバージョンの方程式で想定されていた 25 cm ではないことが明らかになった後、15 kg から減少しました (NIOSH 1981 )。

                            リフト指数。

                            タスクで持ち上げる重量と RWL を比較することにより、持ち上げ指数 (LI) は、次の関係に従って取得できます。

                            LI=(取扱重量)/RWL.

                            したがって、NIOSH 式の特に価値のある使用法は、持ち上げ作業を重大度順に並べ、持ち上げ指数を使用して行動の優先順位を設定することです。 (ただし、この式には多くの制限があり、最も効果的に適用するには理解する必要があります。Waters et al. 1993 を参照してください)。

                            タスクによって課される脊椎圧迫の推定

                            コンピューター ソフトウェアは、手作業による脊椎の圧迫を推定するために利用できます。 ミシガン大学の 2D および 3D 静的強度予測プログラム (「Backsoft」) は、脊椎の圧迫を推定します。 プログラムに必要な入力は次のとおりです。

                            • 取り扱い活動が行われる姿勢
                            • 加えられた力
                            • 力の作用の方向
                            • 力を加える手の数
                            • 調査中の母集団のパーセンタイル。

                             

                            2D プログラムと 3D プログラムは、3D ソフトウェアが XNUMX 次元の姿勢に適用される計算を許可するという点で異なります。 プログラムの出力は脊椎圧縮データを提供し、選択された母集団のうち、足首、膝、股関節、第 XNUMX 腰椎椎間板仙骨、肩、および肘の XNUMX つの関節の推奨制限を超えずに特定のタスクを実行できるパーセンテージをリストします。 この方法には、プログラムから最大の価値を引き出すために完全に理解する必要がある多くの制限もあります。

                             

                            戻る

                            火曜日、08 March 2011 21:29

                            一般的な疲労

                            この記事は、労働安全衛生百科事典の第 3 版に基づいています。

                            疲労と休息という XNUMX つの概念は、個人的な経験から誰にとってもなじみ深いものです。 「疲労」という言葉は、非常に異なる状態を表すために使用され、そのすべてが作業能力と抵抗力の低下を引き起こします。 疲労の概念が非常に多様に使用されているため、ほとんど無秩序な混乱が生じており、現在の考え方を明確にする必要があります。 長い間、生理学は筋肉疲労と一般的な疲労を区別してきました。 前者は、筋肉に局在する急性の痛みを伴う現象です。一般的な疲労は、働く意欲が低下する感覚によって特徴付けられます。 この記事は、「精神的疲労」または「神経疲労」とも呼ばれる一般的な疲労と、それが必要とする残りの部分のみに関係しています。

                            一般的な疲労はまったく異なる原因による可能性がありますが、そのうちの最も重要なものを図 1 に示します。その影響は、XNUMX 日の間に経験したさまざまなストレスが生体内に蓄積され、徐々に増加する感覚を生み出しているかのようです。倦怠感。 この気持ちは、仕事をやめる決断を促します。 その効果は、睡眠への生理学的な前奏曲の効果です。

                            図 1. 毎日の疲労の原因の累積効果の図式表示

                            ERG225F1

                            横になって休むことができれば、疲労は有益な感覚です。 しかし、この感覚を無視して無理に働き続けると、疲労感が増し、苦痛に満ち、ついには圧倒されてしまいます。 この日常的な経験は、例えば喉の渇き、空腹、恐怖などの他の感覚と同様に、生命を維持する上で役割を果たす疲労の生物学的重要性を明確に示しています.

                            休息は、バレルを空にすることとして図 1 に表されています。 休息の現象は、生物が乱されていない場合、または体の少なくともXNUMXつの重要な部分がストレスを受けていない場合に正常に発生します. これは、仕事中の短い一時停止から毎晩の睡眠まで、すべての休憩が就業日に果たす決定的な役割を説明しています。 樽の比喩は、生物が負担する総負荷と残りの可能性の合計との間で一定の平衡に達することが、通常の生活にとっていかに必要であるかを示しています。

                            疲労の神経生理学的解釈

                            過去数十年間の神経生理学の進歩は、中枢神経系の疲労によって引き起こされる現象の理解を深めるのに大きく貢献しました。

                            生理学者のヘスは、特定の間脳構造、特に視床の内側核の特定構造の電気刺激が、反応能力の低下を示す阻害効果を徐々に生み出すことを最初に観察した。そして眠くなる傾向にあります。 一定時間刺激を続けると、全身の弛緩に続いて眠気が生じ、最後に睡眠に至る。 これらの構造から始まり、すべての意識現象の中心である大脳皮質に能動的抑制が及ぶ可能性があることが後に証明されました。 これは行動だけでなく、大脳皮質の電気的活動にも反映されています。 他の実験では、他の皮質下領域から抑制を開始することにも成功しています。

                            これらすべての研究から導き出される結論は、効果的な抑制システムを表し、それに伴うすべての現象で疲労を引き起こす構造が間脳と中脳にあるということです。

                            阻害と活性化

                            動物と人間で行われた多数の実験は、反応に対するそれらの両方の一般的な性質が、この抑制システムだけでなく、本質的に活性化の網状上昇システムとして知られる拮抗的に機能するシステムにも依存することを示しています。 実験から、網状体には覚醒の程度を制御する構造が含まれていることがわかっており、その結果、反応に対する一般的な性質が制御されます。 これらの構造と活性化の影響が意識に及ぼされる大脳皮質との間には神経のつながりが存在します。 さらに、活性化システムは感覚器官から刺激を受けます。 他の神経接続は、大脳皮質 (知覚と思考の領域) から活性化システムにインパルスを伝達します。 これらの神経生理学的概念に基づいて、意識の領域に由来する影響と同様に、外部刺激が、活性化システムを通過する際に、反応への素因を刺激する可能性があることを立証することができます.

                            さらに、他の多くの調査により、活性化システムの刺激が栄養中枢からも頻繁に広がり、生物をエネルギーの消費、仕事、闘争、逃走などに向けさせると結論付けることができます。内臓)。 逆に、栄養神経系の領域内の抑制系の刺激は、生物を休息、エネルギーの蓄えの再構成、同化現象 (栄養転換) の傾向に導くようです。

                            これらすべての神経生理学的知見を統合することにより、次の疲労の概念を確立することができます: 疲労の状態と感覚は、大脳皮質における意識の機能的反応によって条件付けられます。これは、相互に拮抗する XNUMX つのシステムによって支配されます。抑制系と活性化系です。 このように、人間が働く気質は、その時々の XNUMX つのシステムの活性化の程度に依存します。抑制システムが優勢である場合、生物は疲労状態になります。 活性化システムが支配的である場合、それは働く気質の増加を示します。

                            この精神生理学的な疲労の概念により、説明が難しい症状の一部を理解することができます。 したがって、たとえば、予期せぬ外的出来事が発生したときや感情的な緊張が生じたときに、疲労感が突然消えることがあります。 どちらの場合も、活性化システムが刺激されたことは明らかです。 逆に、周囲が単調だったり、仕事がつまらなかったりすると、活性化系の機能が低下し、抑制系が優位になります。 これは、生物が作業負荷を受けていない単調な状況で疲労が現れる理由を説明しています.

                            図 2 は、阻害と活性化の相互に拮抗するシステムの概念を図式的に示しています。

                            図 2. システムを抑制および活性化することによる、働く傾向の制御の図式的提示

                            ERG225F2

                            臨床疲労

                            日々の顕著な疲労が徐々に慢性疲労の状態を生み出すことは、よくある経験です。 その後、疲労感は強まり、仕事の後の夕方だけでなく、日中、時には仕事の開始前にも現れます. この状態には、しばしば感情的な性質の倦怠感が伴います。 次の症状は、疲労に苦しむ人によく見られます: 精神的感情の高まり (反社会的行動、不適合)、抑うつ傾向 (やる気のない不安)、自発性の喪失を伴うエネルギー不足。 これらの精神的影響は、しばしば不特定の倦怠感を伴い、頭痛、めまい、心臓および呼吸器の機能障害、食欲不振、消化器障害、不眠症などの心身症として現れます.

                            慢性疲労に伴う病的な症状への傾向を考慮すると、それは臨床的疲労と呼ぶのが妥当かもしれません。 欠勤が増加する傾向があり、特に短期間の欠勤が多くなります。 これは、休息の必要性と罹患率の増加の両方によって引き起こされるようです. 慢性疲労の状態は、特に精神的な葛藤や困難にさらされている人に見られます。 外的原因と内的原因を区別するのが非常に難しい場合があります。 実際、臨床的疲労の原因と結果を区別することはほとんど不可能です。仕事、上司、または職場に対する否定的な態度は、結果として臨床的疲労の原因となる可能性があります。

                            調査によると、電気通信サービスで雇用されている交換機オペレーターと監視担当者は、仕事の後、疲労の生理学的症状 (視覚反応時間、ちらつき融合頻度、器用さテスト) が大幅に増加することが示されています。 医学調査によると、これら XNUMX つの労働者グループでは、郵便、電話の技術部門で雇用されている同様の女性グループと比較して、神経症状態、過敏症、睡眠障害、および慢性的な倦怠感が大幅に増加していることが明らかになりました。および電信サービス。 症状の蓄積は、仕事や労働条件に影響を受けた女性側の否定的な態度によるものとは限りませんでした。

                            予防策

                            疲労の万能薬はありませんが、一般的な労働条件と職場の物理的環境に注意を払うことで、問題を軽減するためにできることはたくさんあります。 例えば、労働時間の正しい調整、適切な休憩時間の提供、適切な食堂とトイレの提供によって、多くのことが達成されます。 労働者には十分な有給休暇も与えられるべきです。 職場の人間工学的研究は、座席、テーブル、および作業台が適切な寸法であり、ワークフローが正しく編成されていることを確認することにより、疲労の軽減にも役立ちます。 さらに、騒音制御、空調、暖房、換気、および照明はすべて、労働者の疲労の開始を遅らせるのに有益な効果をもたらす可能性があります.

                            単調さと緊張は、周囲の色と装飾の制御された使用、音楽の合間、および時には座りがちな労働者のための身体運動のための休憩によっても緩和される可能性があります. 労働者、特に監督および管理スタッフのトレーニングも重要な役割を果たします。

                             

                            戻る

                            火曜日、08 March 2011 21:40

                            疲労回復

                            疲労と回復は、すべての生物において周期的なプロセスです。 疲労は、活動のパフォーマンスの低下または望ましくない変化と組み合わされた疲労感によって特徴付けられる状態として説明できます (Rohmert 1973)。

                            使用の結果、人体のすべての機能が疲労するわけではありません。 たとえば、眠っているときでさえ、私たちは呼吸をしており、心臓は絶え間なく拍動しています。 明らかに、呼吸と心臓の活動の基本的な機能は、疲労や回復のための一時停止なしに生涯を通じて可能です.

                            一方、かなり長時間の重労働の後では、容量が減少することがわかります。 疲労. これは、筋肉活動だけに当てはまるわけではありません。 感覚器官や神経中枢も疲れます。 しかし、すべての細胞の目的は、その活動によって失われた容量のバランスを取ることです。 回復.

                            ストレス、緊張、疲労、回復

                            人間の仕事における疲労と回復の概念は、ストレスと緊張の人間工学的概念と密接に関連しています (Rohmert 1984) (図 1)。

                            図 1. ストレス、緊張、疲労

                            ERG150F1

                            ストレスとは、主に受容体システムを介して知覚または感知される、またはエフェクターシステムに要求を課す、作業中の人々に影響を与える作業システム内の作業のすべてのパラメーターの合計を意味します。 ストレスのパラメーターは、作業タスク (筋肉作業、非筋肉作業 - タスク指向の次元と要因) と、作業が行われなければならない物理的、化学的、社会的条件 (騒音、気候、照度、振動) から生じます。 、シフト勤務など - 状況指向の次元と要因)。

                            ストレス要因の強さ/困難さ、持続時間、および組成 (すなわち、これらの特定の要求の同時および連続的な分布) は、複合ストレスをもたらし、作​​業システムの外因性効果のすべてが働く人に及ぼす. この組み合わされたストレスは、特に働く人の行動に応じて、積極的に対処することも、受動的に我慢することもできます。 能動的な場合には、作業システムの効率化に向けた活動が含まれますが、受動的な場合には、主にストレスを最小限に抑えることに関係する反応 (自発的または非自発的) が誘発されます。 ストレスと活動の関係は、働く人の個々の特性とニーズによって決定的に影響を受けます。 主な影響要因は、パフォーマンスを決定するモチベーションや集中力に関連するものと、能力やスキルと呼ばれる気質に関連するものです。

                            特定の活動で明らかになる行動に関連するストレスは、個々に異なる緊張を引き起こします。 ひずみは、生理学的または生化学的指標の反応(心拍数の上昇など)によって示されるか、または知覚されます。 したがって、緊張は「精神物理学的スケーリング」の影響を受けやすく、働く人が経験する緊張を推定します。 行動アプローチでは、緊張の存在は活動分析から導き出すこともできます。 緊張の指標(生理学的 - 生化学的、行動的、または心理的 - 物理的)が反応する強度は、ストレス要因の強度、持続時間、および組み合わせ、ならびに働く人の個々の特性、能力、スキル、およびニーズに依存します。

                            絶え間ないストレスにもかかわらず、活動分野、パフォーマンス、および緊張から導き出される指標は、時間の経過とともに変化する可能性があります(一時的な影響)。 このような時間的変動は、有機システムによる適応のプロセスとして解釈されます。 プラスの効果は、緊張の軽減/活動またはパフォーマンスの改善を引き起こします(たとえば、トレーニングによる)。 しかし、ネガティブなケースでは、緊張の増加/活動またはパフォーマンスの低下 (例: 疲労、単調) をもたらします。

                            利用可能な能力とスキルが作業プロセス自体で改善された場合、たとえば、トレーニング刺激のしきい値をわずかに超えた場合に、プラスの効果が発揮される可能性があります。 作業過程でいわゆる耐久限界 (Rohmert 1984) を超えると、負の影響が現れる可能性があります。 この疲労は、回復によって補うことができる生理的および心理的機能の低下につながります。

                            元のパフォーマンスを回復するには、休息の余裕、または少なくともストレスの少ない期間が必要です (Luczak 1993)。

                            適応プロセスが定義されたしきい値を超えて実行されると、使用されている有機システムが損傷を受け、その機能が部分的または完全に失われる可能性があります。 ストレスが高すぎる場合(急性損傷)、または回復が長期間不可能な場合(慢性損傷)、不可逆的な機能低下が現れることがあります。 このような損傷の典型的な例は、騒音性難聴です。

                            疲労のモデル

                            疲労は、ひずみの形態と組み合わせによって多面的になる可能性があり、一般的な定義はまだできていません。 疲労の生物学的過程は一般に直接的な方法では測定できないため、定義は主に疲労症状に向けられています。 これらの疲労症状は、例えば以下のXNUMXつに分類できます。

                              1. 生理学的症状: 疲労は、器官または生物全体の機能の低下として解釈されます。 それは、生理学的反応、例えば、心拍数の増加や筋肉の電気的活動を引き起こします (Laurig 1970)。
                              2. 行動症状: 疲労は、主にパフォーマンス パラメータの低下として解釈されます。 例としては、特定のタスクを解決する際のエラーの増加や、パフォーマンスのばらつきの増加があります。
                              3. 心身症の症状: 疲労は、ストレス要因の強度、持続時間、および構成に応じて、労作感の増加および感覚の低下として解釈されます。

                                   

                                  疲労の過程では、これら XNUMX つの症状すべてが役割を果たす可能性がありますが、異なる時点で現れることがあります。

                                  有機系の生理的反応、特に作業に関与するものが最初に現れることがあります。 後で、労作の感情が影響を受ける可能性があります。 パフォーマンスの変化は、通常、作業の規則性が低下したり、エラーの量が増加したりすることで明らかになりますが、パフォーマンスの平均にはまだ影響がない場合があります。 それどころか、適切な動機があれば、働く人は意志の力でパフォーマンスを維持しようとすることさえあります. 次のステップは、パフォーマンスの低下で終わる明らかなパフォーマンスの低下である可能性があります。 生理的症状は、人格の構造の変化や疲労など、生物の崩壊につながる可能性があります。 疲労のプロセスは、連続不安定化の理論で説明されています (Luczak 1983)。

                                  疲労と回復の主な傾向を図 2 に示します。

                                  図 2. 疲労と回復の主な傾向

                                  ERG150F2

                                  疲労回復の予後

                                  人間工学の分野では、ストレス要因の強度、持続時間、構成に応じて疲労を予測し、必要な回復時間を決定することに特別な関心があります。 表 1 は、これらのさまざまな活動レベルと考慮期間、および考えられる疲労の理由とさまざまな回復の可能性を示しています。

                                  表 1. 活動レベルに応じた疲労と回復

                                  活動レベル

                                  周期

                                  からの疲労

                                  による回復

                                  ワークライフ

                                  数十年

                                  過労
                                  数十年

                                  退職

                                  仕事の段階

                                  過労

                                  クリスマス・その他

                                  のシーケンス
                                  勤務シフト

                                  月/週

                                  不利なシフト
                                  ダイエット

                                  週末、無料

                                  XNUMXシフト

                                  ある日

                                  上記の応力
                                  耐久限界

                                  自由時間、休憩
                                  期間

                                  タスク

                                  HOURS

                                  上記の応力
                                  耐久限界

                                  休憩時間

                                  タスクの一部

                                  MINUTES

                                  上記の応力
                                  耐久限界

                                  ストレスの変化
                                  要因

                                   

                                  必要な回復時間を決定するためのストレスと疲労の人間工学的分析では、1992 労働日の期間を考慮することが最も重要です。 このような分析の方法は、時間の関数としてさまざまなストレス要因を決定することから始まります (Laurig 3) (図 XNUMX)。

                                  図 3. 時間の関数としてのストレス

                                  ERG150F4

                                  ストレス要因は、具体的な作業内容と作業条件から決定されます。 作業内容は、力の生成 (例: 荷を扱うとき)、運動機能と感覚機能の調整 (例: 組み立て時またはクレーンの操作時)、情報から反応への変換 (例: 制御時)、入力からの変換である可能性があります。情報を出力すること (例: プログラミング、翻訳時) および情報を生成すること (例: 設計時、問題解決時)。 労働条件には、物理​​的側面(騒音、振動、熱など)、化学的側面(化学物質)、および社会的側面(同僚、交替勤務など)が含まれます。

                                  最も簡単なケースでは、XNUMX つの重要なストレス要因が存在し、他の要因は無視できます。 そのような場合、特にストレス要因が筋肉労働に起因する場合、基本的な概念が知られているため、必要な休憩手当を計算することがしばしば可能です.

                                  たとえば、静的な筋肉の作業における十分な休息時間は、次の式に従って乗算によってリンクされた指数関数のように、筋肉収縮の力と持続時間に依存します。

                                   

                                  RA = パーセンテージで表した休憩手当 t

                                  t =分単位の収縮期間(作業期間)

                                  T = 収縮の可能な最大持続時間 (分単位)

                                  f = 静的力に必要な力と

                                  F = 最大の力。

                                  力、保持時間、残り時間の関係を図 4 に示します。

                                  図 4. 保持力と時間のさまざまな組み合わせに対する残りのパーセント許容値

                                  ERG150F5

                                  同様の法則は、重い動的筋肉作業 (Rohmert 1962)、アクティブな軽い筋肉作業 (Laurig 1974)、または別の産業用筋肉作業 (Schmidtke 1971) にも存在します。 非物理的な仕事、例えばコンピューティング (Schmidtke 1965) に匹敵する法則を見つけることはめったにありません。 主に孤立した筋肉と非筋肉の作業に対する休息許容量を決定するための既存の方法の概要は、Laurig (1981) と Lucusak (1982) によって与えられています。

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                  より困難なのは、図 5 に示すように、働く人に同時に影響を与えるさまざまなストレス要因の組み合わせが存在する状況です (Laurig 1992)。

                                  図 5. XNUMX つのストレス要因の組み合わせ    

                                  ERG150F6

                                  たとえば、XNUMX つの応力要因の組み合わせは、組み合わせの法則に応じて異なるひずみ反応を引き起こす可能性があります。 さまざまなストレス要因の複合効果は、無関心、代償的、または累積的である可能性があります。

                                  関係のない結合法則の場合、さまざまなストレス要因が生物のさまざまなサブシステムに影響を与えます。 これらの各サブシステムは、ひずみを共通のサブシステムに入力することなく、ひずみを補正できます。 全体的なひずみは最大の応力係数に依存するため、重ね合わせの法則は必要ありません。

                                  異なる応力要因の組み合わせが、各応力要因単独よりも低いひずみにつながる場合、代償効果が得られます。 筋肉の働きと低温の組み合わせは、身体が筋肉の働きによって生成された熱を低温で失うことを可能にするため、全体的な負担を軽減することができます.

                                  いくつかのストレス要因が重なると、累積的な影響が生じます。つまり、それらは XNUMX つの生理学的な「ボトルネック」を通過する必要があります。 一例は、筋肉の働きと熱ストレスの組み合わせです。 両方のストレス要因は、循環系に共通のボトルネックとして影響し、その結果、累積的な負担が生じます。

                                  Bruder (1993) (表 2 を参照) には、筋肉の働きと身体的状態との間の可能な組み合わせ効果が記載されています。

                                  表 2. ひずみに対する XNUMX つの応力要因の組み合わせ効果のルール

                                   

                                  コー​​ルド

                                  振動

                                  イルミネーション

                                  ノイズ

                                  重い動的作業

                                  +

                                  0

                                  0

                                  アクティブライトマッスルワーク

                                  +

                                  +

                                  0

                                  0

                                  静的な筋肉の働き

                                  +

                                  +

                                  0

                                  0

                                  0 無関心効果; + 累積効果; – 代償効果。

                                  出典:Bruder 1993 より転載。

                                  実際には通常の状況である XNUMX つ以上のストレス要因の組み合わせの場合、限られた科学的知識しか利用できません。 同じことが、ストレス要因の連続的な組み合わせにも当てはまります (つまり、作業者に連続的に影響するさまざまなストレス要因のひずみ効果)。 このような場合、実際には、生理的または心理的パラメーターを測定し、それらを積算値として使用することによって、必要な回復時間を決定します。

                                   

                                  戻る

                                  1のページ2

                                  免責事項: ILO は、この Web ポータルに掲載されているコンテンツが英語以外の言語で提示されていることについて責任を負いません。英語は、オリジナル コンテンツの最初の制作およびピア レビューに使用される言語です。その後、特定の統計が更新されていません。百科事典の第 4 版 (1998 年) の作成。

                                  内容

                                  人間工学に関する参考文献

                                  Abeysekera、JDA、H Shahnavaz、LJ Chapman。 1990年。発展途上国における人間工学。 産業用人間工学と安全性の進歩、B Das 編。 ロンドン:テイラー&フランシス。

                                  Ahonen、M、M Launis、T Kuorinka。 1989.人間工学的職場分析。 ヘルシンキ: フィンランド産業衛生研究所。

                                  Alvares, C. 1980. Homo Faber: 1500 年から現在までのインド、中国、西洋の技術と文化。 ハーグ:マルティヌス・ナイホフ。

                                  Amalberti, R. 1991. Savoir-faire de l'opérateur: 側面の理論と実践の人間工学。 R Amalberti、M de Montmollin、および J Thereau によって編集された、Model en analyze du travail で。 リエージュ: マルダガ。

                                  Amalberti、R、M Bataille、G Deblon、A Guengant、JM Paquay、C Valot、および JP メニュー。 1989年. パイロットの知的補助者の開発: 形式化心理学と情報伝達モデルのコンポートメント・デュ・ポロガージュ・デ・コンバット・エンガージ・エン・ミッション・デ・ペネトレーション. パリ:ラポートCERMA。

                                  Åstrand, I. 1960. 年齢に特に関連する男性と女性の有酸素運動能力。 Acta Physiol Scand 49 Suppl。 169:1-92。

                                  Bainbridge、L. 1981 年。Le contrôleur de processus。 B サイコル XXXIV:813-832。

                                  —。 1986. 質問をして知識にアクセスする. Future Comput Sys 1:143-149。

                                  Baitsch, C. 1985. Kompetenzentwicklung und partizipative Arbeitsgestaltung. ベルン: ヒューバー。

                                  バンクス、MH、RL ミラー。 1984 年。ジョブ コンポーネント インベントリの信頼性と収束妥当性。 J Occup Psychol 57:181-184。

                                  Baranson, J. 1969. 経済発展のための産業技術。 ニューヨーク:プレーガー。

                                  Bartenwerfer, H. 1970. Psychische Beanspruchung und Erdmüdung. Handbuch der Psychologie で、A Mayer と B Herwig によって編集されました。 ゲッティンゲン: ホグレフェ。

                                  バートルム、CS、E ロック。 1981. Coch とフランスの研究: 批評と再解釈。 Hum Relat 34:555-566.

                                  Blumberg, M. 1988. 仕事設計の新しい理論に向けて。 ハイブリッド自動化システムのエルゴノミクス、W Karwowski、HR Parsaei、および MR Wilhelm によって編集されました。 アムステルダム:エルゼビア。

                                  ブルドン、F と A ヴェイル ファシーナ。 1994. Réseau et processus de coopération dans la gestion du trafic ferroviaire. トラベイル ハム。 Numéro spécial consacré au travail collectif.

                                  Brehmer、B. 1990。マイクロワールドの分類法に向けて。 作業ドメインの分析のための分類法。 B Brehmer、M de Montmollin、および J Leplat によって編集された、最初の MOHAWC ワークショップの議事録。 ロスキレ: リソ国立研究所。

                                  ブラウン DA と R ミッチェル。 1986. ポケット エルゴノミスト。 シドニー: グループ職業健康センター。

                                  ブルーダー。 1993. Entwicklung eines wissensbusierten Systems zur belastungsanalytisch unterscheidbaren Erholungszeit デュッセルドルフ: VDI-Verlag.

                                  カベルニ、JP。 1988年. La verbalisation comme source d'observables pour l'étude du fonctionnnement cognitif. 認知心理学: モデルと方法、JP 編集
                                  カヴェルニ、C バスティエン、P メンデルソン、G ティベルギエン。 グルノーブル: Presss Univ. ド・グルノーブル。

                                  カンピオン、マサチューセッツ州。 1988年。ジョブデザインへの学際的アプローチ:拡張機能を備えた建設的な複製。 J Appl Psychol 73:467-481。

                                  カンピオン、マサチューセッツ州、PW セイヤー。 1985年。ジョブデザインの学際的尺度の開発と現場評価。 J Appl Psychol 70:29-43。

                                  カーター、RC、RJ ビアスナー。 1987. 職位分析質問票から導き出された職務要件と、軍の適性検査のスコアを使用した妥当性。 J Occup Psychol 60:311-321.

                                  チャフィン、DB。 1969.コンピューター化された生体力学的モデルの開発と、身体全体の動作の研究における使用。 J Biomech 2:429-441。

                                  チャフィン、DB、G アンダーソン。 1984.職業バイオメカニクス。 ニューヨーク: ワイリー。

                                  Chapanis, A. 1975. 人間工学における民族変数。 ボルチモア: ジョンズ・ホプキンス大学。

                                  Coch、L、JRP フレンチ。 1948年。変化への抵抗を克服。 Hum Relat 1:512-532.

                                  コーレット、ENおよびRPビショップ。 1976. 姿勢の不快感を評価するための技術。 人間工学 19:175-182。

                                  Corlett, N. 1988. 仕事と職場の調査と評価。 人間工学 31:727-734。

                                  Costa、G、G Cesana、K Kogi、A Wedderburn。 1990 年。交替勤務: 健康、睡眠、パフォーマンス。 フランクフルト: ピーター・ラングです。

                                  Cotton、JL、DA Vollrath、KL Froggatt、ML Lengnick-Hall、および KR Jennings。 1988. 従業員の参加: 多様な形態とさまざまな成果。 Acad 管理改訂 13:8-22。

                                  クッシュマン、WH、DJ ローゼンバーグ。 1991. 製品設計におけるヒューマン ファクター。 アムステルダム:エルゼビア。

                                  Dachler、HP、B Wilpert。 1978. 組織への参加の概念的次元と境界: 批判的評価。 Adm Sci Q 23:1-39。

                                  Daftuar、CN。 1975 年。発展途上国における人的要因の役割、特にインドを参照。 人間工学における民族変数、チャパニス編。 ボルチモア: ジョンズ・ホプキンス大学。

                                  Das、B、RM Grady。 1983a。 工業用職場のレイアウト設計。 工学人体測定の応用。 人間工学 26:433-447。

                                  —。 1983b. 水平面における通常の作業領域。 ファーリーとスクワイアの概念の比較研究。 人間工学 26:449-459。

                                  デシ、エル。 1975年。内因性動機。 ニューヨーク:プレナムプレス。

                                  デコルティス、F、PC カッチャブエ。 1990 年。 R Amalberti、M Montmollin、および J Theureau によって編集された Modèles et pratiques de l'analyse du travail。 ブリュッセル: マルダガ。

                                  DeGreve、TB、MM Ayoub。 1987 年。ワークプレイス デザイン エキスパート システム。 Int J Ind Erg 2:37-48。

                                  De Keyser, V. 1986. De l'évolution des métiers. C Levy-Leboyer と JC Sperandio が編集した Traité de Psychologie du travail で。 パリ: Presses Universitaires de France.

                                  —。 1992. 生産ラインの男。 第 25 回 Brite-EuRam 会議の議事録、27 月 XNUMX ~ XNUMX 日、スペイン、セビリア。 ブリュッセル: EEC.

                                  De Keyser、V、A Housiaux。 1989.人間の専門知識の性質。 Rapport Intermédiaire Politique Scientifique。 リエージュ: リエージュ大学。

                                  De Keyser、V、AS Nyssen。 1993. Les erreurs humanes en anesthésie. Travail Hum 56:243-266.

                                  De Lisi、PS。 1990. 鋼の斧からの教訓: 文化、技術、組織の変化。 Sloan Manage Rev 32:83-93.

                                  Dillon, A. 1992. 紙とスクリーンから読む: 経験的文献の批判的レビュー。 人間工学 35:1297-1326。

                                  ディンゲス、DF. 1992. 機能的能力の限界を探る: 短期間のタスクに対する睡眠不足の影響。 RJ Broughton と RD Ogilvie が編集した「Sleep、Arousal、および Performance」。 ボストン:ビルクホイザー。

                                  ドゥルーリー、CG. 1987. 産業職の反復動作傷害の可能性に関する生体力学的評価。 Sem Occup Med 2:41-49.

                                  Edholm、OG。 1966. 習慣的活動の評価。 K Evang と K Lange-Andersen が編集した「健康と病気における身体活動」。 オスロ: Universitetterlaget.

                                  Eilers、K、F Nachreiner、K Hänicke。 1986. Entwicklung und Überprüfung einer Skala zur Erfassung subjektiv erlebter Anstrengung. Zeitschrift für Arbeitswissenschaft 40:215-224。

                                  Elias, R. 1978. ワークロードに対する医学生物学的アプローチ。 Cahiers De Notes Documentaires—Sécurité Et Hygiène Du Travail の注記番号 1118-9178。 パリ:INRS。

                                  エルジンガ、A、A ジャミソン。 1981年 自然に対する科学的態度における文化的要素:東洋と西洋のモード。 ディスカッション ペーパー No. 146。Lund: Univ. ルンド、研究政策研究所。

                                  エメリー、FE。 1959年。社会技術システムの特徴。 文書番号 527。ロンドン: タヴィストック。

                                  エンプソン、J. 1993年。睡眠と夢。 ニューヨーク:ハーベスターウィートシーフ。

                                  エリクソン、KA および HA サイモン。 1984. プロトコル分析: データとしての口頭報告。 マサチューセッツ州ケンブリッジ: MIT Press.

                                  欧州標準化委員会 (CEN)。 1990. 作業システム設計の人間工学的原則。 EEC 理事会指令 90/269/EEC、荷を手作業で取り扱うための最低限の健康と安全の要件。 ブリュッセル: CEN.

                                  —。 1991. CEN Catalog 1991: 欧州規格のカタログ。 ブリュッセル: CEN.

                                  —。 1994 年。機械の安全性: 人間工学的設計の原則。 パート 1: 用語と一般原則。 ブリュッセル: CEN.

                                  Fadier, E. 1990. Fiabilité humane: method d'analyse et domaines d'application. Les facteurs humains de la fiabilité dans les systèmes complexes では、J Leplat と G De Terssac が編集しました。 マルセイユ: オクタール。

                                  Falzon, P. 1991. 協力的な対話。 分散型意思決定において。 J Rasmussen、B Brehmer、および J Leplat によって編集された共同作業の認知モデル。 チチェスター: ワイリー。

                                  ファベルジュ、JM. 1972年。労苦の分析。 In Traité de Psychologie appliqueé、M Reuchlin 編。 パリ: Presses Universitaires de France.

                                  フィッシャー、S. 1986年。ストレスと戦略。 ロンドン:アールバウム。

                                  フラナガン、JL. 1954. クリティカル インシデント テクニック。 サイコル ブル 51:327-358。

                                  Fleishman、EA、MK Quaintance。 1984. 人間のパフォーマンスの分類法: 人間のタスクの説明。 ニューヨーク:アカデミックプレス。

                                  フリューゲル、B、H グレイル、K ゾンマー。 1986年。人類学者アトラス。 グルンドラーゲンとダテン。 ドイツ民主共和国。 ベルリン: Verlag tribune.

                                  フォルカード、SおよびT Akerstedt。 1992. 覚醒眠気の調節の XNUMX プロセス モデル。 RJ Broughton と BD Ogilvie が編集した「睡眠、覚醒、パフォーマンス」。 ボストン:ビルクホイザー。

                                  フォルカード、S、TH モンク。 1985. 労働時間: 作業スケジューリングにおける時間的要因 . チチェスター: ワイリー。

                                  フォルカード、S、TH モンク、MC ロバン。 1978.「常勤」夜間看護師における概日リズムの短期および長期調整。 人間工学 21:785-799。

                                  フォルカード、S、P トッターデル、D マイナー、J ウォーターハウス。 1993. 概日パフォーマンス リズムの分析: 交替勤務への影響。 人間工学 36(1-3):283-88。

                                  Fröberg、JE。 1985. 睡眠不足と長時間労働。 In Hours of Work: Temporal Factors in Work Scheduling、S Folkard と TH Monk が編集。 チチェスター: ワイリー。

                                  Fuglesang, A. 1982. 異文化に関する考えと観察の理解について
                                  コミュニケーション。 ウプサラ: ダグ・ハマーショルド財団。

                                  Geertz、C. 1973。文化の解釈。 ニューヨーク:ベーシックブック。

                                  Gilad, I. 1993. 反復操作の人間工学的機能評価の方法論。 ニールセンとヨルゲンセンが編集した産業経済学と安全性の進歩。 ロンドン:テイラー&フランシス。

                                  Gilad、I、E Messer。 1992. ダイヤモンド研磨におけるバイオメカニクスの考察と人間工学的設計。 産業用人間工学と安全性の進歩、Kumar 編。 ロンドン:テイラー&フランシス。

                                  グレン、ES および CG グレン。 1981.人と人類:文化間の紛争とコミュニケーション。 ニュージャージー州ノーウッド:エイブレックス。

                                  Gopher、D、E ドンチン。 1986 年。ワークロード - 概念の検討。 K Boff、L Kaufman、および JP Thomas によって編集された、知覚と人間のパフォーマンスのハンドブック。 ニューヨーク: ワイリー。

                                  グールド、JD. 1988. 使えるシステムの設計方法。 ヒューマン コンピュータ インタラクションのハンドブック、M Helander 編。 アムステルダム:エルゼビア。

                                  グールド、JD、C・ルイス。 1985 年。ユーザビリティのための設計: 重要な原則と設計者の考え。 Commun ACM 28:300-311。

                                  Gould、JD、SJ Boies、S Levy、JT Richards、および J Schoonard。 1987. 1984 年のオリンピック メッセージ システム: デザインの動作原理のテスト。 Commun ACM 30:758-769。

                                  ガウラー、D、Kレッグ。 1978. コンテキストへの参加: 組織変革の理論と実践の統合に向けて、パート I. J Manage Stud 16:150-175.

                                  Grady、JK、J de Vries。 1994. RAM: 統合製品評価のベースとしてのリハビリテーション技術受容モデル。 Instituut voor Research, Ontwikkeling en Nascholing in de Gezondheidszorg (IRON) および University Twente, Department of Biomedical Engineering.

                                  Grandjean、E. 1988。タスクを男に合わせる。 ロンドン:テイラー&フランシス。

                                  グラント、S および T メイズ。 1991. 認知課題分析? GS Weir と J Alty が編集した Human-Computer Interactionand Complex Systems で。 ロンドン:アカデミックプレス。

                                  グリーンバウム、J および M キング。 1991. Design At Work: コンピュータ システムの共同設計。 ニュージャージー州ヒルズデール:ローレンス・エルバウム。

                                  グルター、マサチューセッツ州、JA アルジェラ。 1989年。基準の開発と仕事の分析。 組織における評価と選択、P Herlot 編集。 チチェスター: ワイリー。

                                  Grote, G. 1994. 高度に自動化された作業システムの補完的な設計への参加型アプローチ。 組織の設計と管理における人的要因、G Bradley と HW Hendrick によって編集されました。 アムステルダム:エルゼビア。

                                  Guelaud、F、MN Beauchesne、J Gautrat、および G Roustang。 1977 年。起業家の労働者の状況を分析してください。 パリ: A. コリン。

                                  Guillerm、R、E Radziszewski、および A Reinberg。 1975 年。4 時間ごとの夜間作業と 48% の CO2 雰囲気での 2 週間にわたる XNUMX 人の健康な若い男性の概日リズム。 P Colquhoun、S Folkard、P Knauth、および J Rutenfranz によって編集されたシフトワークの実験的研究。 Opladen: Westdeutscher Werlag.

                                  Hacker, W. 1986. Arbeitspsychologie. Schriften zur Arbeitpsychologie、E Ulich 編集。 ベルン: ヒューバー。

                                  ハッカー、W および P リヒター。 1994. Psychische Fehlbeanspruchung。 Ermüdung、単調、Sättigung、ストレス。 ハイデルベルク: スプリンガー。

                                  ハックマン、JR、GR オールダム。 1975年 職業診断調査の開発。 J Appl Psychol 60:159-170。

                                  ペンシルベニア州ハンコックと MH チグネル。 1986. 精神作業負荷の理論に向けて: ヒューマンマシン システムにおけるストレスと適応性。 システム、人間、およびサイバネティックスに関する IEEE 国際会議の議事録。 ニューヨーク: IEEE ソサエティ。

                                  ペンシルベニア州ハンコックと N メシュカティ。 1988年。ヒューマン メンタル ワークロード。 アムステルダム: 北オランダ。

                                  ハンナ、A(編)。 1990 年。年次デザイン レビュー ID。 37 (4)。

                                  Härmä, M. 1993. 交替勤務に対する耐性の個人差: レビュー。 人間工学 36:101-109。

                                  ハート、S および LE ステーブランド。 1988. NASA-TLX (タスク負荷指数) の開発: 実証的および理論的研究の結果。 PA Hancock と N Meshkati によって編集された Human Mental Work Load で。 アムステルダム: 北オランダ。

                                  Hirschheim、R および HK Klein。 1989 年。情報システム開発の 32 つのパラダイム。 Commun ACM 1199:1216-XNUMX。

                                  ホック、JM。 1989. プロセス制御への認知的アプローチ。 認知科学の進歩、G Tiberghein 編。 チチェスター: ホーウッド。

                                  Hofstede, G. 1980. 文化の帰結: 仕事に関連する価値観の国際的な違い。 カリフォルニア州ビバリーヒルズ:セージ大学プレス。

                                  —。 1983. 組織の実践と理論の文化的相対性。 J Intスタッド:75-89。

                                  Hornby、P および C Clegg。 1992. コンテキストへのユーザー参加: 英国の銀行での事例研究。 Behav Inf Technol 11:293-307。

                                  ホスニ、DE。 1988. 第三世界へのマイクロエレクトロニクス技術の移転。 Tech Manage Pub TM 1:391-3997。

                                  Hsu、SH、Y Peng。 1993. 四口コンロの制御・表示関係の再検討. ハムファクター 35:745-749.

                                  国際労働機関 (ILO)。 1990.私たちが働く時間: ポリシーと実践における新しい勤務スケジュール. コンドワーディグ 9.

                                  国際標準化機構 (ISO)。 1980. 人体測定測定のコア リストの草案案 ISO/TC 159/SC 3 N 28 DP 7250. ジュネーブ: ISO.

                                  —。 1996. ISO/DIS 7250 技術設計のための基本的な人体測定。 ジュネーブ: ISO。
                                  日本インダストリアルデザイン振興会(JIDPO)。 1990. グッドデザインプロダクツ 1989. 東京: JIDPO.

                                  Jastrzebowski、W. 1857。Rys ergonomiji czyli Nauki o Pracy、opartej naprawdach poczerpnietych z Nauki Przyrody。 プジョダ・イ・プシェミシル 29:227-231。

                                  ジャヌレ、PR。 1980. 職位分析アンケートによる公正な職務評価と分類。 Rev 1:32-42 を補正します。

                                  Jürgens、HW、IA Aune、および U Pieper。 1990年。人体測定に関する国際データ。 労働安全衛生シリーズ。 ジュネーブ: ILO.

                                  Kadefors, R. 1993. 手動溶接作業場の評価と設計のためのモデル。 手作業の人間工学、WS Marras、W Karwowski、および L Pacholski によって編集されました。 ロンドン:テイラー&フランシス。

                                  カーネマン、D. 1973。注意と努力。 ニュージャージー州エングルウッドクリフ:プレンティスホール。

                                  Karhu、O、P Kansi、I Kuorinka。 1977. 産業界における作業姿勢の修正: 分析のための実用的な方法. Appl Ergon 8:199-201。

                                  Karhu、O、R Harkonen、P Sorvali、および P Vepsalainen。 1981. 産業界での作業姿勢の観察: OWAS の適用例。 Appl Ergon 12:13-17。

                                  Kedia、BL、RS Bhagat。 1988. 国を超えた技術移転に関する文化的制約: 国際的および比較管理における研究への影響。 Acad Manage Rev 13:559-571。

                                  キーシング、RM。 1974年。文化の理論。 Annu Rev Anthropol 3:73-79。

                                  Kepenne, P. 1984. La charge de travail dans une unité de soins de medecine. メモワール。 リエージュ: リエージュ大学。

                                  Kerguelen, A. 1986. L'observation systématique en ergonomy: Élaboration d'un logiciel d'aide au recueil et à l'analyse des données. 人間工学論文の卒業証書、パリ国立芸術・メティエ音楽院。

                                  Ketchum, L. 1984. 第三世界の国における社会技術的設計: スーダンの Sennar にある鉄道整備基地。 Hum Relat 37:135-154.

                                  Keyserling、WM。 1986. 職場での姿勢ストレスを評価するコンピューター支援システム。 Am Ind Hyg Assoc J 47:641-649。

                                  キングスレー、PR。 1983. 技術開発: 社会心理学の問題、役割、方向性。 社会心理学と発展途上国では、ブラッカーによって編集されました。 ニューヨーク: ワイリー。

                                  キニー、JS、BM ヒューイ。 1990年。多色ディスプレイの適用原則。 ワシントン DC: ナショナル アカデミー プレス。

                                  キビ、P、M マティラ。 1991. 建築業界における作業姿勢の分析と改善: コンピュータ化された OWAS 手法の適用. Appl Ergon 22:43-48。

                                  Knauth、P、W Rohmert および J Rutenfranz。 1979年。作業生理学的基準を利用した連続生産のためのシフト計画の体系的な選択。 Appl Ergon 10(1):9-15。

                                  Knauth、P.およびJ Rutenfranz。 1981 年。A Reinberg、N Vieux、および P Andlauer によって編集された、夜間および交替勤務: 生物学的および社会的側面における交替勤務の種類に関連する睡眠時間。 オックスフォード・ペルガモン・プレス。

                                  Kogi, K. 1982. 夜間および交替勤務における睡眠障害。 Ⅱ. Shiftwork: その実践と改善。 J ハム エルゴル: 217-231.

                                  —。 1981. 夜間および交替勤務における産業労働者のさまざまなシフト ローテーション システム間の休憩条件の比較。 A Reinberg、N Vieux、および P Andlauer が編集した生物学的および社会的側面。 オックスフォード:ペルガモン。

                                  —。 1985年。交替勤務の問題の紹介。 In Hours of Work: Temporal Factors in Work-Scheduling、S Folkard および TH Monk によって編集されました。 チチェスター: ワイリー。

                                  —。 1991.仕事内容と勤務時間:共同変更の範囲。 人間工学 34:757-773。

                                  Kogi、K および JE サーマン。 1993年、夜勤・交替勤務への取り組みと新しい国際基準の動向。 人間工学 36:3-13。

                                  Köhler、C、M von Behr、H Hirsch-Kreinsen、B Lutz、C Nuber、および R Schultz-Wild。 1989. Alternativen der Gestaltung von Arbeits- und Personalstrukturen bei rechnerintegrierter Fertigung. Institut für Sozialwissenschaftliche Forschung 編集の Strategische Optionen der Organisations- und Personalentwicklung bei CIM Forschungsbericht KfK-PFT 148。 Karlsruhe: Projektträgerschaft Fertigungstechnik.

                                  Koller, M. 1983. 交替勤務に関連する健康リスク。 長期ストレスの時間依存効果の例。 Int Arch Occ Env Health 53:59-75。

                                  Konz, S. 1990. ワークステーションの構成と設計。 人間工学 32:795-811。

                                  Kroeber、AL および C Kluckhohn。 1952年。文化、概念と定義の批判的レビュー。 ピーボディ博物館の論文。 ボストン:ハーバード大学。

                                  Kroemer、KHE。 1993. 5 和音キーの操作。 Int J Hum Comput Interact 267:288-XNUMX。

                                  —。 1994a。 コンピュータ画面の位置: どのくらいの高さですか? 人間工学のデザイン (40 月):XNUMX。

                                  —。 1994b. 代替キーボード。 第 94 回国際科学会議 WWDU 'XNUMX の議事録。 ミラノ: 大学。 ミラノの。

                                  —。 1995. 人間工学。 産業衛生の基礎、BA Ploog 編。 シカゴ:国家安全評議会。

                                  Kroemer、KHE、HB Kroemer、KE Kroemer-Elbert。 1994. 人間工学: 使いやすさと効率を高める設計方法。 ニュージャージー州エングルウッドクリフ:プレンティスホール。

                                  クォン、KS、SY リー、BH アン。 1993. 製品のカラー デザインのためのファジー エキスパート システムへのアプローチ。 Maras、Karwowski、Smith、および Pacholski によって編集された手作業の人間工学。 ロンドン:テイラー&フランシス。

                                  Lacoste, M. 1983. Des states de parole aux activités interprétives. Psychol Franc 28:231-238。

                                  Landau、K および W Rohmert。 1981. AET-A 新しいジョブ分析方法。 ミシガン州デトロイト: AIIE 年次会議。

                                  ローリグ、W. 1970 年。 ベルリン: ベート。

                                  —。 1974 年。 ベルリン: ベート。

                                  —。 1981. Belastung, Beanspruchung und Erholungszeit bei energetisch-muskulärer Arbeit—Literatureexpertise. Forschungsbericht Nr。 272 der Bundesanstalt für Arbeitsschutz und Unfallforschung Dortmund. Bremerhaven: Wirtschaftsverlag NW.

                                  —。 1992. Grundzüge der Ergonomy. Erkenntnisse und Prinzipien。 ベルリン、ケルン: Beuth Verlag.

                                  ローリグ、W および V ロンバッハ。 1989. 人間工学のエキスパート システム: 要件とアプローチ。 人間工学 32:795-811。

                                  リーチ、ER。 1965年。文化と社会的結束:人類学者の見解。 科学と文化では、ホルテンによって編集されました。 ボストン:ホートン・ミフリン。

                                  Leana、CR、EA Locke、DM Schweiger。 1990. 参加型意思決定に関する研究の分析における事実とフィクション: コットン、ヴォルラス、フロガット、レングニック ホール、およびジェニングスの批評。 Acad Manage Rev 15:137-146。

                                  Lewin、K. 1951. 社会科学における場の理論。 ニューヨーク: ハーパー。

                                  Liker、JK、M Nagamachi、YR Lifshitz。 1988. 米国と日本の製造工場における参加型プログラムの比較分析。 ミシガン州アナーバー:大学。 ミシガン州、エルゴノミクス、産業および運用工学センター。

                                  Lillrank、B、N カノ。 1989. 継続的改善: 日本の産業における品質管理サークル。 ミシガン州アナーバー:大学。 ミシガン州日本研究センター。

                                  Locke、EA、DM Schweiger。 1979. 意思決定への参加: もう XNUMX 度見る。 組織行動の研究、BM Staw 編集。 コネチカット州グリニッジ: JAI Press.

                                  Louhevaara、V、T Hakola、H Ollila。 1990 年。郵便小包の手作業による仕分けに伴う肉体労働と負担。 人間工学 33:1115-1130。

                                  Luczak, H. 1982 年。 Forschungsbericht der Bundesanstalt für Arbeitsschutz und Unfallforschung Dortmund . Bremerhaven: Wirtschaftsverlag NW.

                                  —。 1983年。 W Rohmert と J Rutenfranz によって編集された Praktische Arbeitsphysiologie で。 シュトゥットガルト: Georg Thieme Verlag.

                                  —。 1993.アルバイトスイスシャフト。 ベルリン: スプリンガー出版社。

                                  Majchrzak, A. 1988. ファクトリー オートメーションの人間的側面。 サンフランシスコ: Jossey-Bass.

                                  Martin、T、J Kivinen、JE Rijnsdorp、MG Rodd、および WB Rouse。 1991. 技術的、人的、組織的、経済的、文化的要因を統合する適切な自動化。 Automatica 27:901-917。

                                  松本、K、原田。 1994 年。夜勤後の疲労回復に対する昼寝の効果。 人間工学 37:899-907。

                                  Matthews, R. 1982. インドと日本の技術開発における条件の相違。 技術と文化に関するルンドの手紙、第 4 号。 ルンド、研究政策研究所。

                                  マコーミック、EJ。 1979. 仕事の分析: 方法および適用。 ニューヨーク:アメリカ経営協会。

                                  マッキントッシュ、DJ. 1994. 米国のオフィス環境への VDU の統合。 第 94 回国際科学会議 WWDU 'XNUMX の議事録。 ミラノ: 大学。 ミラノの。

                                  マクウィニー。 1990. 計画と組織変更における神話の力、1989 年 IEEE Technics, Culture and Consequences。 カリフォルニア州トーレンス: IEEE ロサンゼルス カウンシル。

                                  Meshkati、N. 1989. ボパール災害におけるミクロおよびマクロエルゴノミクス要因の病因調査: 先進国と発展途上国の両方の産業への教訓。 Int J Ind Erg 4:161-175。

                                  未成年者、DS および JM ウォーターハウス。 1981.異常なルーチンのリズムのシンクロナイザーとしてのアンカー睡眠。 Int J Chronobiology : 165-188。

                                  ミタル、A および W Karwowski。 1991. 人間工学/人間工学の進歩。 アムステルダム:エルゼビア。

                                  モンク、TH。 1991. 睡眠、眠気とパフォーマンス。 チチェスター: ワイリー。

                                  Moray、N、PM Sanderson、K Vincente。 1989. 複雑な作業領域におけるチームの認知課題分析: ケーススタディ。 プロセス制御への認知科学アプローチに関する第 XNUMX 回ヨーロッパ会議の議事録、シエナ、イタリア。

                                  Morgan、CT、A Chapanis、JS III Cork、および MW Lund。 1963年。機器設計の人間工学ガイド。 ニューヨーク: マグロウヒル。

                                  Mossholder、KW、および RD Arvey。 1984. 総合的妥当性: 概念的および比較レビュー。 J Appl Psychol 69:322-333。

                                  マンフォード、E、およびヘンシャル。 1979. コンピュータ システム設計への参加型アプローチ。 ロンドン:Associated Business Press.

                                  永町美知子 1992. 快感と感性工学. 測定基準で。 韓国、テジョン: 韓国標準科学研究院出版。

                                  国立労働安全衛生研究所 (NIOSH)。 1981 年。手作業による持ち上げの作業実施ガイド。 オハイオ州シンシナティ: 米国保健社会福祉省。

                                  —。 1990. OSHA 命令 CPL 2.85: 順守プログラム局: 付録 C、上肢累積外傷障害のワークステーションのビデオテープ評価について NIOSH によって承認されたガイドライン。 ワシントン DC: 米国保健社会福祉省。

                                  Navarro, C. 1990. バス交通規制タスクにおける機能的コミュニケーションと問題解決。 Psychol Rep 67:403-409。

                                  ネガンジー、アート。 1975. 現代の組織行動。 ケント: ケント大学..

                                  ニスベット、RE および TD デ キャンプ ウィルソン。 1977 年。私たちが知っている以上のことを語る。 Psychol Rev 84:231-259。

                                  ノーマン、DA。 1993.私たちを賢くするもの。 読み方:アディソン・ウェズリー。

                                  野呂、K、AS今田。 1991. 参加型人間工学。 ロンドン:テイラー&フランシス。

                                  O'Donnell、RD および FT Eggemeier。 1986 年。作業負荷評価方法論。 知覚と人間のパフォーマンスのハンドブック。 K Boff、L Kaufman、および JP Thomas によって編集された認知プロセスとパフォーマンス。 ニューヨーク: ワイリー。

                                  Pagels、HR。 1984. コンピューター文化: コンピューターの科学的、知的、社会的影響。 Ann NY Acad Sci :426.

                                  Persson、JおよびÅKilbom。 1983. VIRA—エンケル Videofilmteknik För Registrering OchAnalys Av Arbetsställningar Och—Rörelser. ソルナ、スウェーデン: Undersökningsrapport,Arbetraskyddsstyrelsen.

                                  ファム、DT、HH オンダー。 1992. 遺伝的アルゴリズムを使用して職場レイアウトを最適化するための知識ベースのシステム。 人間工学 35:1479-1487。

                                  Pheasant, S. 1986. Bodyspace、Anthropometry、Ergonomics and Design。 ロンドン:テイラー&フランシス。

                                  プール、CJM。 1993年。仕立て屋の指。 Brit J Ind Med 50:668-669。

                                  Putz-Anderson, V. 1988. 累積性外傷性障害。 上肢の筋骨格疾患のマニュアル。 ロンドン:テイラー&フランシス。

                                  Rasmussen, J. 1983. Skills, rules, and knowledge: 人間のパフォーマンス モデルにおける罪、記号、記号、およびその他の区別。 IEEE T Syst Man Cyb 13:257-266。

                                  —。 1986. システム設計における認知タスク分析のフレームワーク。 E Hollnagel、G Mancini、および DD Woods によって編集された、Process Environments における Intelligent Decision Support。 ベルリン: スプリンガー。

                                  Rasmussen、J、A Pejtersen、および K Schmidts。 1990. 作業ドメインの分析のための分類法。 B Brehmer、M de Montmollin、および J Leplat によって編集された、最初の MOHAWC ワークショップの議事録。 ロスキレ: リソ国立研究所。

                                  Reason, J. 1989. ヒューマン エラー。 ケンブリッジ:カップ。

                                  Rebiffé、R、O Zayana、C Tarrière。 1969. ゾーン最適化の決定は、l'emplacement des commandes manuelles dans l'espace de travail を使用します。 人間工学 12:913-924。

                                  Régie nationale des usines Renault (RNUR)。 1976. Les profils de poste: Methode d'analyse des conditions de travail. パリ:マッソン・シルト。

                                  Rogalski, J. 1991. 緊急事態管理における分散型意思決定: 共同作業を分析するためのフレームワークおよび意思決定支援としての方法の使用。 分散型意思決定において。 J Rasmussen、B Brehmer、および J Leplat による共同作業の認知モデル。 チチェスター: ワイリー。

                                  Rohmert, W. 1962. Untersuchungen über Muskelermüdung und Arbeitsgestaltung. ベルン: Beuth-Vertrieb.

                                  —。 1973. 休憩手当の決定に関する問題。 パート I: 静的な筋肉作業におけるストレスと緊張を評価するための最新の方法の使用。 Appl Ergon 4(2):91-95。

                                  —。 1984. Das Belastungs-Beanspruchungs-Konzept。 Z Arb wiss 38:193-200。

                                  Rohmert、WおよびK Landau。 1985. 仕事分析の新しい技術。 ロンドン:テイラー&フランシス。

                                  Rolland, C. 1986. Introduction à la conception des systèmes d'information et panorama des method disponibles. Génie Logiciel 4:6-11。

                                  ロス、EM、DD ウッズ。 1988. 人間のパフォーマンスを支援。 I.認知分析。 Travail Hum 51:39-54.

                                  ルドルフ、E、E シェーンフェルダー、W ハッカー。 1987. Tätigkeitsbewertungssystem für geistige arbeit mit und ohne Rechnerunterstützung (TBS-GA)。 ベルリン: Psychodiagnostisches Zentrum der Humboldt-Universität.

                                  Rutenfranz、J. 1982年。 Ⅱ. Shiftwork: その実践と改善。 J ハム エルゴル: 67-86.

                                  ルテンフランツ、J、J イルマリネン、F クリマー、H キリアン。 1990年。さまざまな産業労働条件下での作業負荷と要求される身体能力。 高齢者、障害者、および産業労働者のフィットネス、金子 M 編。 シャンペーン、イリノイ: ヒューマン キネティクスの本。

                                  Rutenfranz、J、P Knauth、D Angersbach。 1981年。シフト勤務の研究問題。 LC Johnson、DI Tepas、WP Colquhoun、および MJ Colligan が編集した Biological Rhythms、Sleep and Shift Work。 ニューヨーク:Spectrum Publications の医学および科学書。

                                  齋藤祐一、松本浩一。 1988. 生理機能のバリエーションと心理的対策、および睡眠時間のシフトの遅れに対するそれらの関係。 Jap J Ind Health 30:196-205。

                                  酒井、K、渡辺、大西、進藤、肝付、齊藤、K Kogl. 1984. 夜勤疲労回復に有効な昼寝の条件. J Sci Lab 60: 451-478.

                                  サベージ、CM、D アップルトン。 1988. CIM および第 XNUMX 世代管理。 ディアボーン: CASA/SME テクニカル カウンシル。

                                  Savoyant、A および J Leplat。 1983. Statut et fonction des communication dans l'activité des equipes de travail. Psychol Franc 28:247-253。

                                  スカブロー、H および JM コーベット。 1992. テクノロジーと組織。 ロンドン: ルートレッジ。

                                  Schmidtke, H. 1965. Die Ermüdung. ベルン: ヒューバー。

                                  —。 1971 年。 ベルリン:Beuth-Vertrieb。

                                  セン、RN。 1984年。産業発展途上国への人間工学の応用。 人間工学 27:1021-1032。

                                  Sergean, R. 1971. 交替勤務の管理。 ロンドン:ガワープレス。

                                  Sethi、AA、DHJ Caro、RS Schuler。 1987. 情報社会におけるテクノストレスの戦略的管理。 ルイストン: ホグレフ。

                                  Shackel, B. 1986. ユーザビリティのための設計における人間工学。 MD Harrison と AF Monk が編集した People and Computer: Design for Usability の中で。 ケンブリッジ: ケンブリッジ大学プレス。

                                  Shahnavaz, H. 1991. 工業発展途上国への技術移転と人的要因の考察 TULEÅ 1991: 22, 23024. ルレオ大学、ルレオ、スウェーデン: 発展途上国の人間工学センター。

                                  Shahnavaz、H、J Abeysekera、および A Johansson。 1993. 参加型人間工学による多要素作業環境問題の解決: ケーススタディ: VDT オペレーター。 E Williams、S Marrs、W Karwowski、JL Smith、および L Pacholski によって編集された手作業の人間工学。 ロンドン:テイラー&フランシス。

                                  Shaw、JB、JH Riskind。 1983. 職位分析アンケート (PAQ) のデータを使用した仕事のストレスの予測。 J Appl Psychol 68:253-261。

                                  Shugaar, A. 1990. Ecodesign: より環境に優しい文化のための新製品。 Int Herald Trib、17歳。

                                  シナイコ、WH。 1975. 人間工学における言語的要因: いくつかの文化的および心理的データ。 人間工学における民族変数、A Chapanis 編。 ボルチモア: Johns Hopkins Univ..

                                  シングルトン、WT。 1982年。仕事で体。 ケンブリッジ:カップ。

                                  スナイダー、HL。 1985a。 画質: 測定値とビジュアル パフォーマンス。 フラット パネル ディスプレイおよび CRT で、LE Tannas によって編集されました。 ニューヨーク:ヴァン・ノストランド・ラインホールド。

                                  —。 1985b. 視覚システム: 機能と制限。 フラット パネル ディスプレイおよび CRT で、LE Tannas によって編集されました。 ニューヨーク:ヴァン・ノストランド・ラインホールド。

                                  ソロモン、CM. 1989 年。労働力の多様性に対する企業の対応。 Pers J 68:42-53。

                                  Sparke, P. 1987. 現代日本のデザイン。 ニューヨーク:EP ダットン。

                                  スペランディオ、J.C. 1972. Charge de travail et régulation des processus opératoires. Travail Hum 35:85-98.

                                  Sperling、L、S Dahlman、L Wikström、A Kilbom、R Kadefors。 1993年。ハンドツールを使用した作業の分類と機能要件の定式化のためのキューブモデル。 Appl Ergon 34:203-211。

                                  Spinas, P. 1989. ユーザー指向のソフトウェア開発とダイアログの設計。 In Work With Computers: Organizational, Management, Stress and Health Aspects、MJ Smith および G Salvendy 編集。 アムステルダム:エルゼビア。

                                  スタラムラー、JH. 1993. 人間工学辞典。 ボカラトン:CRCプレス。

                                  ストローム、オー、JK クアーク、A シリング。 1993. Integrierte Produktion: Arbeitspsychologische Konzepte und empirische Befunde, Schriftenreihe Mensch, Technik, Organisation. In CIM—Herausforderung an Mensch, Technik, Organisation、G Cyranek および E Ulich 編集。 シュトゥットガルト、チューリッヒ: Verlag der Fachvereine.

                                  ストローム、O、P トロクスラー、E ウリッヒ。 1994. Vorschlag für die Restrukturierung eines
                                  プロダクションbetriebes。 チューリッヒ: Institut für Arbietspsychologie der ETH.

                                  サリバン、LP。 1986. 品質機能展開: 顧客のニーズが製品設計と生産プロセスを推進することを保証するためのシステム。 品質プログラム:39-50。

                                  Sundin、A、J Laring、J Bäck、G Nengtsson、R Kadefors。 1994. 手動溶接のための歩行可能な職場: 人間工学による生産性。 原稿。 ヨーテボリ: Lindholmen 開発。

                                  タルデュー、H、D ナンシー、D パスコ。 1985年。情報システムの構想。 パリ: Editions d'Organisation。

                                  Teiger、C、A Laville、および J Durafourg。 1974年。タッシュ・レペティティブ・スー・コントレイント・ド・テンプとチャージ・ド・トラベイル。 ラポート番号 39。Laboratoire dephysiologie du travail et d'ergonomy du CNAM。

                                  Torsvall、L、T Akerstedt、および M. Gillberg。 1981 年。年齢、睡眠、および不規則な労働時間: EEG 記録、カテコールアミン排泄および自己評価によるフィールド調査。 Scand J Wor Env Health 7:196-203。

                                  Ulich, E. 1994. Arbeitspsychologie 3. Auflage。 チューリッヒ: Verlag der Fachvereine と Schäffer-Poeschel。

                                  Ulich、E、M Rauterberg、T Moll、T Greutmann、および O Strohm。 1991. タスク指向とユーザー指向の対話設計。 Int J Human-Computer Interaction 3:117-144。

                                  国連教育科学文化機関 (UNESCO)。 1992. 社会に対する科学のエルゴノミクスの影響。 巻。 165. ロンドン:テイラー&フランシス。

                                  Van Daele, A. 1988. L'écran de visuals ou la communication verbale? 使用率の比較を分析します。 Travail Hum 51(1):65-80.

                                  —。 1992. La réduction de la complexité par les opérateurs dans le control de processus continus. コントリビューション・ア・レチュード・デュ・コントロール・パー・アンティシペーション・エ・デ・デス・コンディション・ド・ミズ・エン・ヴヴル。 リエージュ: リエージュ大学。

                                  Van der Beek、AJ、LC Van Gaalen、および MHW Frings-Dresen。 1992. トラック運転手の作業姿勢と活動: 現場観察とポケコン記録の信頼性研究. Appl Ergon 23:331-336。

                                  Vleeschdrager, E. 1986. 硬度 10: ダイヤモンド。 パリ。

                                  Volpert, W. 1987. Psychische Regulation von Arbeitstätigkeiten. Arbeitspsychologie で。 Enzklopüdie der Psychologie、U Kleinbeck および J Rutenfranz によって編集されました。 ゲッティンゲン: ホグレフェ。

                                  Wagner, R. 1985. ARBED での職務分析。 人間工学 28:255-273。

                                  ワーグナー、JA、RZ グッディング。 1987年。参加研究に対する社会的傾向の影響。 Adm Sci Q 32:241-262。

                                  Wall、TD、JA Lischeron。 1977. 労働者の参加: 文学といくつかの新鮮な証拠の批評。 ロンドン: マグロウヒル。

                                  王、WM-Y。 1992. ヒューマン コンピュータ インタラクション (HCI) のユーザビリティ評価。 ルレオ、スウェーデン: ルレオ大学。 技術の。

                                  ウォーターズ、TR、V プッツ アンダーソン、A ガーグ、LJ ファイン。 1993. 手動操作タスクの設計と評価のための NIOSH 式の改訂。 人間工学 36:749-776。

                                  Wedderburn, A. 1991. 交替制労働者のためのガイドライン。 欧州シフトワーク トピックの速報 (BEST) No. 3. ダブリン: 生活および労働条件の改善のための欧州財団。

                                  ウェルフォード、AT。 1986. 需要、能力、戦略、およびスキルの関数としての精神的負荷。 人間工学 21:151-176。

                                  ホワイト、PA。 1988 年。10 年後の「内省的アクセス」と因果報告の正確さについて、私たちが語ることについてより多くのことを知る。 ブリット J サイコル 79:13-45。

                                  Wickens, C. 1992. 工学心理学と人間のパフォーマンス。 ニューヨーク:ハーパー・コリンズ。

                                  ウィッケンズ、CD、YY イェー。 1983. 主観的な作業負荷とパフォーマンスの分離: 複数のリソースによるアプローチ。 ヒューマン ファクター ソサイエティ第 27 回年次総会の議事録。 カリフォルニア州サンタモニカ:ヒューマンファクター協会。

                                  Wieland-Eckelmann、R. 1992年。 ゲッティンゲン: ホグレフェ。

                                  Wikström.L、S Byström、S Dahlman、C Fransson、R Kadefors、Å Kilbom、E Landervik、L Lieberg、L Sperling、J Öster。 1991.ハンドツールの選択と開発の基準。 ストックホルム: 国立産業衛生研究所。

                                  ウィルキンソン、RT。 1964 年。最大 60 時間の睡眠不足がさまざまな種類の仕事に及ぼす影響。 人間工学 7:63-72。

                                  Williams, R. 1976. Keywords: A Vocabulary of Culture and Society. グラスゴー: フォンタナ。

                                  Wilpert, B. 1989. Mitbestimmung. Arbeits- und Organisationspsychologie で。 Schlüsselbegriffen の Internationales Handbuch、S Greif、H Holling、および N Nicholson によって編集されました。 ミュンヘン:Psychology Verlags Union。

                                  ウィルソン、J. 1991. 参加: 人間工学のフレームワークと基礎。 J Occup Psychol 64:67-80.

                                  ウィルソン、JR および EN コーレット。 1990. 人間の仕事の評価: 実用的な人間工学の方法論。 ロンドン:テイラー&フランシス。

                                  Wisner, A. 1983. 人間工学または人類学: 技術移転における労働条件への限定的または広範なアプローチ。 Shahnavaz と Babri が編集した、発展途上国の人間工学に関する第 XNUMX 回国際会議の議事録。 ルレオ、スウェーデン: ルレオ大学。 技術の。

                                  Womack、J、T Jones、および D Roos。 1990年 世界を変えた機械。 ニューヨーク:マクミラン。

                                  Woodson、WE、B Tillman、および P Tillman。 1991.ヒューマンファクターデザインハンドブック。 ニューヨーク:マグロウヒル。

                                  張、YK、JS タイラー。 1990. 開発途上国での近代的な電話ケーブル生産施設の設立。 ケーススタディ。 International Wire and Cable Symposium Proceedings で。 イリノイ。

                                  ジンチェンコ、V、V ムニポフ。 1989.人間工学の基礎。 モスクワ: 進歩。