水曜日、09月2011 17:08

ケーススタディ: 五大湖におけるカナダのマルチメディア汚染管理と防止

このアイテムを評価
(2票)

チャレンジ

五大湖は、カナダと米国の間の共有資源です (図 1 を参照)。 18 つの大きな湖には、世界の地表水の 8.5% 以上が含まれています。 この盆地には、カナダ人の 27.5 人に 1 人 (約 XNUMX 万人) とアメリカ人の XNUMX 人に XNUMX 人 (XNUMX 万人) が住んでいます。 盆地は両国の産業の中心地であり、米国の産業基盤の XNUMX 分の XNUMX、カナダの産業基盤の半分を占めています。 五大湖流域周辺の経済活動は、毎年推定 XNUMX 兆ドルの富を生み出しています。 時が経つにつれ、人口の増加と産業活動が湖にさまざまなストレスをもたらし、XNUMX 世紀半ばに両国が五大湖を保護するための協調行動の必要性を認識するまでになりました。

図 1. 五大湖の流域: セント ローレンス川

EPC100F1

レスポンス

1950 年代以来、両国は深刻な汚染問題に対処し、より微妙な水質問題に対応するために、国内および二国間プログラムを実施してきました。 これらの行動の結果、五大湖の水は今世紀半ばより明らかにきれいになり、重金属や有機化学物質の負荷が減少し、魚や水鳥の汚染レベルが大幅に低下しました。 五大湖を回復し保護するためのカナダと米国の行動の成功は、資源管理に関する二国間協力のモデルを提供しますが、課題は残っています。

ケーススタディの展望

しかし、残留性有毒物質による脅威は本質的に長期にわたるものであり、それらの管理にはマルチメディアによる包括的なアプローチが必要です。 五大湖から残留性有毒物質を事実上排除するという長期目標を達成するために、流域の環境当局、産業、およびその他の利害関係者は、新しいアプローチとプログラムの開発に挑戦しました。 このケース スタディ レポートの目的は、カナダの公害防止プログラムと 1995 年までに達成された進捗状況の簡単な要約を提供し、五大湖における残留性有毒物を管理するためのイニシアチブを概説することです。 同様の米国のイニシアチブおよびプログラムについては、ここでは説明しません。 興味のある読者は、五大湖を保護するための連邦および州のプログラムに関する情報について、シカゴにある米国環境保護庁の五大湖国家プログラム オフィスにお問い合わせください。

1970〜1980年代

1960 年代にエリー湖に影響を与えていると認められた重要な問題は、栄養の濃縮または富栄養化でした。 二国間行動の必要性が確認されたため、カナダと米国は 1972 年に最初の五大湖水質協定 (GLWQA) に署名しました。この協定では、主に洗濯用洗剤と都市の下水排水からのリン負荷を削減するための削減目標が概説されました。 このコミットメントに応えて、カナダとオンタリオは、点源を管理するための法律とプログラムを制定しました。 1972 年から 1987 年の間に、カナダとオンタリオ州は五大湖流域の下水処理場の建設と改良に 2 億ドル以上を投資しました。

図 2. 産業削減の進展

EPC100F2

1972 年の GLWQA は、産業や流出などの他の発生源からの湖への有毒化学物質の放出を削減する必要性も特定しました。 カナダでは、1970 年代に主要な産業部門 (パルプと製紙、金属鉱業、石油精製など) からの従来の汚染物質に対する連邦排水 (パイプの末端) 規制が公布され、国のベースライン基準が提供されました。一方、オンタリオ州では同様の排水ガイドラインが確立されました。五大湖を含む地元のニーズに合わせて調整されています。 これらの連邦およびオンタリオ州の排水要件を満たすための産業界および地方自治体による行動は、印象的な結果を生み出しました。 たとえば、点源からエリー湖へのリン負荷は 70 年から 1975 年の間に 1989% 削減され、オンタリオ州の 90 つの石油精製所からの従来の汚染物質の排出は 1970 年代初頭から 2% 削減されました。 図 XNUMX は、紙パルプと鉄鋼部門の同様の負荷削減傾向を示しています。

1970 年代半ばまでに、五大湖の魚類および野生生物における有毒化学物質の濃度上昇、魚を食べる鳥類の生殖異常、および多くの種の個体数減少が持続的な生物蓄積性有毒物質に関係しているという証拠があり、二国間保護の新たな焦点となった。努力。 カナダと米国は 1978 年に XNUMX 回目の五大湖水質協定に署名し、両国は「五大湖生態系の水の化学的、物理的、生物学的完全性を回復し維持する」ことを約束しました。 重要な課題は、「有毒な量の有毒物質の排出を禁止し、持続的な有毒物質の排出を実質的に排除する」という方針でした。 残留性の有毒化学物質は食物連鎖に集中して蓄積し、生態系に深刻で取り返しのつかない損害を与える可能性があるため、実質的な排除の呼びかけが必要でした。

カナダとオンタリオは、点源に対するより厳しい管理に加えて、殺虫剤、商業用化学物質、有害廃棄物、およびゴミ捨て場や焼却炉などの非点汚染源に対する管理を策定および/または強化しました。 政府のイニシアチブはよりマルチメディア指向になり、化学物質の「ゆりかごから墓場まで」または「レスポンシブル ケア」の概念が、政府と産業界の両方にとって新しい環境管理哲学になりました。 連邦害虫駆除製品法 (DDT、オルドリン、マイレックス、トキサフェン、クロルデン) の下で多くの残留性有毒農薬が禁止され、環境汚染物質法は (1) 残留性有毒物質 (CFC、CFC、 PPB、PCB、PPT、マイレックス、鉛) および (2) 特定の工業作業からの化学物質の放出を制限する (水銀、塩化ビニル、アスベスト)。

1980 年代初頭までに、これらのプログラムや措置、および同様のアメリカの取り組みの結果が、回復の証拠を生み出し始めました。 五大湖の堆積物、魚類、野生生物の汚染レベルは減少傾向にあり、カナダのエリー湖岸にハクトウワシが戻ってきたこと、鵜の個体数が 200 倍に増加したこと、ジョージアン湾でミサゴが復活したこと、トロント港地域でアジサシが再び生息するようになったこと - すべてのアジサシは、過去に持続的な有毒物質のレベルの影響を受けており、それらの回復は、現在までのこのアプローチの成功を示しています.

図 3. セグロカモメの卵中のマイレックス

EPC100F3

魚類、野生生物、堆積物中の残留性有毒物質の一部の濃度が低下する傾向は、1980 年代半ばまでに横ばいになりました (図 3 のセグロカモメの卵のマイレックスを参照)。 科学者たちは次のように結論付けました。

  1. 実施されている水質汚染および汚染物質管理プログラムは役に立ちましたが、汚染物質濃度をさらに削減するには十分ではありませんでした。
  2. 汚染された堆積物、汚染物質の長距離大気流入、放棄された投棄場所などを含む持続性有毒物の非点源に対しては、追加の対策が必要でした。
  3. 一部の汚染物質は、微量の濃度で生態系に残り、食物連鎖の中で長期間生物蓄積する可能性があります。
  4. 残留性有毒物質に対処するための最も効率的かつ効果的なアプローチは、実質的に放出をなくすのではなく、発生源で発生を防止または排除することです。

 

排出ゼロの哲学を水源に適用することで環境中の事実上の除去を達成すること、および五大湖の水質管理に対する生態系のアプローチをさらに強化し、促進する必要があることが一般的に合意されました。

カナダと米国は、残留性有毒物質の事実上の排除目標へのコミットメントを再確認するために、1978 年 1987 月の議定書を通じて 1987 年協定を修正しました (米国とカナダ XNUMX 年)。 議定書は、五大湖周辺で有益な利用が損なわれている懸念地域を指定し、指定された地域の点源と非点源の両方に対する是正措置計画(RAP)の開発と実施を必要としました。 この議定書はまた、湖全体の有益な利用の障害を解決し、五大湖のそれぞれに影響を与える持続的な有毒物質の管理を調整するための主要な枠組みとして使用される湖全体の管理計画(LAMP)を規定しました。 さらに、この議定書には、空気感染源、汚染された堆積物と投棄場所、流出、および外来種の管理のためのプログラムと対策を確立するための新しい附属書が含まれていました。

1990s

1987 年の議定書の調印に続いて、持続的な有毒物質の脅威に対する懸念が高まる中、五大湖の両側の環境保護団体によって仮想排除の目標が強く推進されました。 1909 年の境界水域条約に基づいて設立された二国間の諮問機関である国際合同委員会 (IJC) も、仮想排除アプローチを強く提唱しました。 IJC の二国間の作業部会は、1993 年にバーチャル エリミネーションの戦略を推奨しました (図 4 を参照)。 1990 年代半ばまでに、IJC と当事者は、社会経済的影響の考慮を含め、この戦略を実施するためのプロセスを定義しようとしています。

図 4. 五大湖から残留性有毒物質を事実上排除するための意思決定プロセス

EPC100F4

カナダとオンタリオの政府は、持続性有毒物質の放出を制御または削減するために、さまざまな方法で対応しました。 重要なプログラムとイニシアチブを以下に簡単にまとめます。

カナダ環境保護法 (CEPA)

1989 年、Environment Canada は、その法的義務を 1994 つの法律に統合し、簡素化しました。 CEPA は、化学物質のライフサイクル全体にわたって、連邦政府に包括的な権限 (情報収集、規制の作成、執行など) を提供します。 CEPA の下で、新物質通知規則は、適切に管理できない残留性毒性物質がカナダで輸入、製造、または使用されることを禁止するように、新しい化学物質のスクリーニング手順を確立します。 優先物質リスト (PSL I) 評価プログラムの第 25 段階は 44 年に完了しました。 評価された 56 物質のうち 2000 物質が CEPA の定義の下で有毒であることが判明し、これらの有毒化学物質の管理戦略の開発が戦略的オプション プロセス (SOP) の下で開始されました。 1994 年までに、追加の 178 の優先物質が指名され、PSL プログラムのフェーズ II で評価される予定です。国家汚染物質放出目録 (NPRI) は XNUMX 年に実施され、報告基準を満たす工業施設やその他の施設に毎年放出を報告するよう義務付けました。 XNUMX 物質の大気、水、陸への移動と廃棄物への移行。 米国の有害物質放出目録 (TRI) をモデルにしたこの目録は、汚染防止および軽減プログラムの優先順位付けのための重要なデータベースを提供します。

カナダ・オンタリオ協定 (COA)

1994 年、カナダとオンタリオは、13 年までに 2000 の Tier I 残留性有毒物質の使用、生成、または放出を削減することに重点を置いて、五大湖の生態系を回復、保護、および保全するための協調行動のための戦略的枠組みを設定しました (カナダおよびオンタリオ 1994)。 COA は、26 の優先毒性物質 (Tier II) の追加リストも大幅な削減を目標としています。 特に Tier I 物質については、COA は次のことを行います。 (1) 高レベル PCB の 2% を廃止し、現在保管中の 90% を破壊し、保管中の低レベル PCB の破壊を加速することを目指す。 (50) 残りの 3 つの Tier I 物質 (ベンゾ(a)ピレン、ヘキサクロロベンゼン、アルキル鉛、オクタクロロスチレン、PCDD (ダイオキシン)、PCDF (フラン)、水銀) の放出を 90% 削減することを目指します。

COA のアプローチは、可能な限り量的な削減を求めることであり、排出源は COA の目標を達成するために汚染防止やその他の手段を適用するよう求められます。 Tier I および II 物質の削減/排除を達成するために、オンタリオ連邦政府職員によって XNUMX のプロジェクトがすでに開始されています。

有害物質管理方針

予防的および予防的アプローチの必要性を認識して、カナダ環境省は 1995 年 1995 月に、カナダにおける有毒物質の効率的な管理の枠組みとして、国の有毒物質管理方針を発表しました (Environment Canada 5a)。 このポリシーは、化学物質の特性に合わせて管理アクションを調整する必要があることを認識する XNUMX つのトラックのアプローチ (図 XNUMX を参照) を採用しています。 あれは:

  • 主に人為的、持続性、生物蓄積性、毒性のある物質を環境から事実上排除する (トラック I)
  • その他すべての懸念物質の完全なライフサイクル (ゆりかごから墓場まで) 管理を実施する (トラック II)。

 

図 5. 有害物質管理方針における管理目標の選択

EPC100F5

科学的根拠に基づく一連の基準 (Environment Canada 1995b) (表 1 を参照) を使用して、懸念物質を XNUMX つのトラックに分類します。 いずれかのトラックで特定された物質が既存のプログラムの下で適切に管理されていない場合、マルチステークホルダー戦略オプション プロセスの下で追加の措置が特定されます。 この方針は、五大湖水質協定と一致しており、最終的な環境目標を定義することにより、多くの国内プログラムを方向付け、組み立てますが、最終目標を達成する手段とペースは、化学物質とソースによって異なります。 さらに、持続性有毒物質に対するカナダの立場も、国際的な議論においてこの政策によって形作られるでしょう。

表 1. トラック 1 有害物質管理ポリシーの物質の選択基準

固執

 

生体内蓄積

毒性

主に人為的

M

半減期

     

エアー

堆積物
土壌の浸食

2日以上
182日以上
365日以上
182日以上

BAF≧5,000
or
BCP≧5,000
or
ログKow ≥5.0

CEPA毒性
or
CEPA毒性
同等の

集中
大きく環境に
人間の活動に起因する

 

塩素行動計画

1994 年 1994 月、Environment Canada は、有毒物質管理ポリシーのコンテキスト内で塩素化物質を管理するための包括的なアプローチを発表しました (Environment Canada 1)。 このアプローチは、(2) 重要な用途と製品に的を絞った行動をとること、(3) 塩素とその健康と環境への影響の科学的理解を深めること、(4) ) 社会経済的影響を詳述し、(5) 情報への公共アクセスを改善し、(45) 塩素系物質に関する国際的な行動を促進します。 カナダでは近年、塩素の使用はすでに減少しており、たとえば 1988 年以来、紙パルプ部門では XNUMX% 減少しています。塩素行動計画の実施により、この削減傾向が加速されます。

五大湖汚染防止イニシアチブ

五大湖流域では、強力な汚染防止プログラムが実施されています。 1991 年 1995 月以来、カナダ環境省とオンタリオ州環境エネルギー省は、業界やその他の利害関係者と協力して、廃棄物処理や発生後の汚染の削減とは対照的に、汚染防止プロジェクトの開発と実施に取り組んできました。 96/50 年には、6 以上のプロジェクトが、商業用化学薬品、有害廃棄物管理、連邦施設、産業、地方自治体、およびスペリオル湖流域をカバーする予定です。 図 15 は、これらのプロジェクトの概要を示しています。これらのプロジェクトは、プログラムの統合または自主協定の 2.24 つの主なカテゴリに分類されます。 この図は、前述の他のプログラム (NPRI、RAP、LAMP) や、環境に優しい技術やクリーン プロセス、トレーニング、情報、コミュニケーションに関してカナダ環境省と緊密に協力している多くの機関とのプログラムの連携も示しています。 最近 XNUMX のパイロット プロジェクトを実施した自動車メーカーによって証明されているように、公害防止プロジェクトは印象的な結果を生み出すことができます。これにより、クライスラー、フォード、ゼネラル モーターズのオンタリオ州の施設での自動車製造から XNUMX 万キログラムの対象物質が削減または排除されました。

図 6. 五大湖の汚染防止

EPC100F6

有毒物質の加速削減/排除 (ARET)

ARET は、1994 年に開始された複数の利害関係者による共同イニシアチブであり、14 の優先毒性物質の最終的な排除を目指しており、2000 年までに 90 の有害性の低い有害物質の 50% の削減/排除と排出量の削減 (87%) を目標としています。 (ARET 事務局 1995)。 1995 年現在、200 以上の企業や政府機関がこの自発的なイニシアチブに参加しています。 これらは合わせて、10,300 年の基準年と比較して 1988 トンの排出量を削減し、8,500 年までにさらに 2000 トンの削減を約束しています。

二国間および国際戦略

上記の国内イニシアチブに加えて、カナダと米国は現在、政府機関の行動を調整し、五大湖流域における持続的な有毒物質に対する共通の目標を確立するための二国間戦略を策定しています。 Tier I および II 物質に関するカナダ・オンタリオ協定と同様の目標と目的、および同様の米国リストが採用される予定です。 PCBや水銀などの優先化学物質に関する情報交換と政府機関の行動を促進するために、共同プロジェクトが開発され、実施されます。 上で概説したように事実上の排除に積極的なアプローチを取ることで、カナダは残留性有毒物質に対する国際的な行動を促進する上で主導的な役割を果たすことができるでしょう。 カナダは、1995 年 XNUMX 月にバンクーバーで国連会議を主催し、残留性有機汚染物質 (POP) に関する世界的な対話に焦点を当て、世界中でその排出を削減するための汚染防止アプローチを探りました。 カナダはまた、国連ヨーロッパ経済委員会 (UNECE) ワークグループの共同議長を務め、長期越境大気汚染に関する条約の下で残留性有機汚染物質の議定書を作成しています。

例 — ダイオキシンとフラン

2 年以上にわたり、ポリ塩化ジベンゾ ダイオキシンとフランは、カナダの環境と五大湖に懸念される持続性毒性物質のグループとして認識されてきました。 表 XNUMX は、連邦政府の措置とこれまでに達成された放出の削減をまとめたもので、これらの有毒物質の大幅な削減をもたらしたプログラムとイニシアチブの組み合わせを示しています。 これらの印象的な結果にもかかわらず、ダイオキシンとフランは、有毒物質管理政策、塩素行動計画、カナダ オンタリオ協定、および上で概説した二国間戦略の下で優先事項であり続けるでしょう。

表 2. カナダにおけるダイオキシンとフランの放出削減のまとめ

排出源

削減

報告期間

カナダ政府の取り組み

漂白クラフトパルプ工場廃水

視聴者の38%が

1989-94

CEPA消泡剤、ウッドチップ、
ダイオキシン・フラン規制

2,4,5-T - 農薬

視聴者の38%が

1985

PCPAに基づく使用禁止

2,4-D—農薬

視聴者の38%が

1987-90

ダイオキシン含有と多用
PCPA で制限されている

ペンタクロロフェノール
— 木材の保存

— 木材保護剤


視聴者の38%が

視聴者の38%が


1987-90

1987-90


PCPAに基づく規制

PCPAに基づく使用禁止

PCB類

視聴者の38%が

1984-93

CCME PCB 行動計画

焼却
— 一般廃棄物
— 危険な +
生物医学廃棄物


視聴者の38%が

視聴者の38%が


1989-93

1990-95


CCME運営/
排出ガイドライン
CCME運営/
排出ガイドライン

CCME: カナダ環境大臣評議会。 CEPA: カナダ環境保護法。 PCPA: 害虫駆除製品法。

まとめ

1970 年代初頭以来、カナダと米国の政府と利害関係者が公害防止措置を講じた結果、五大湖の水質は大幅に改善されました。 このケース スタディ レポートは、総汚染物質と従来の汚染物質への対処におけるカナダの取り組みと成功の概要を提供します。 また、五大湖に残留する有毒物質に関するはるかに困難な問題に対処するための新しいアプローチ (有毒物質管理ポリシー、塩素行動計画、汚染防止、自発的行動、利害関係者との協議など) の展開についても概説しています。 事実上の撲滅目標を達成するために実施されている包括的なプログラム(COA、NPRI、SOP、PSLなど)について簡単に説明します。 カナダのアプローチの詳細は、リストされた参考文献に含まれています。

 

戻る

読む 9899 <font style="vertical-align: inherit;">回数</font> 18:先週の木曜日、8月2011 01 18に行わ

免責事項: ILO は、この Web ポータルに掲載されているコンテンツが英語以外の言語で提示されていることについて責任を負いません。英語は、オリジナル コンテンツの最初の制作およびピア レビューに使用される言語です。その後、特定の統計が更新されていません。百科事典の第 4 版 (1998 年) の作成。

内容

環境汚染防止に関する参考資料

アメリカ公衆衛生協会 (APHA)。 1995 年。水および廃水の検査のための標準的な方法。 バージニア州アレクサンドリア:水環境連盟。

ARET事務局。 1995. Environmental Leaders 1、ARET による有毒物質に対する行動への自主的コミットメント。 ケベック州ハル: カナダ環境省の公的調査局。

ビショップ、PL。 1983.海洋汚染とその制御。 ニューヨーク: マグロウヒル。

ブラウン、LC、TO バーンウェル。 1987. 強化河川水質モデル QUAL2E および QUAL2E-UNCAS: ドキュメンテーションおよびユーザー マニュアル。 ジョージア州アテネ: 米国 EPA、環境研究所。

ブラウン、RH。 1993. Pure Appl Chem 65(8):1859-1874.

カラブレーゼ、EJ、EM ケニヨン。 1991. 空気毒性とリスク評価。 ミシガン州チェルシー:ルイス。

カナダとオンタリオ。 1994. 五大湖の生態系を尊重するカナダ・オンタリオ協定。 ケベック州ハル: カナダ環境省の公的調査局。

ディロン、PJ。 1974 年。Vollenweider の栄養収支モデルおよびその他の関連モデルの批判的レビュー。 Water Resour Bull 10(5):969-989.

エッケンフェルダー、WW. 1989 年。工業用水汚染管理。 ニューヨーク: マグロウヒル。

エコノモプロス、AP。 1993. 大気水と土地汚染の発生源の評価。 環境制御戦略の策定における迅速なソースインベントリ技術とその使用に関するガイド。 パート 93.1: 環境汚染における迅速な目録技術。 第 XNUMX 部:環境管理戦略の策定における考慮事項のアプローチ。 (未公開文書 WHO/YEP/XNUMX。) ジュネーブ: WHO。

環境保護庁 (EPA)。 1987 年。坑口保護区域の描写に関するガイドライン。 ニュージャージー州イングルウッドクリフ:EPA。

環境カナダ。 1995a。 汚染防止 - 行動のための連邦戦略。 オタワ: 環境カナダ。

—。 1995b. 汚染防止 - 行動のための連邦戦略。 オタワ: 環境カナダ。

フリーズ、RA、JAチェリー。 1987年。地下水。 ニュージャージー州エングルウッドクリフ:プレンティスホール。

地球環境モニタリングシステム (GEMS/Air)。 1993. 都市大気質の監視と評価のためのグローバル プログラム。 ジュネーブ: UNEP。

ホスカー、RP. 1985.孤立した構造物と建物群の周りの流れ、レビュー。 ASHRAE トランス 91。

国際合同委員会 (IJC)。 1993. 持続性有毒物質の事実上の排除のための戦略。 巻。 1、2、オンタリオ州ウィンザー:IJC。

Kanarek, A. 1994. 都市排水による地下水涵養、涵養盆地 Soreq、Yavneh 1 & Yavneh 2. イスラエル: Mekoroth Water Co.

Lee, N. 1993. ヨーロッパにおける EIA の概要と新連邦州におけるその適用。 UVPで

V Kleinschmidt が編集した Leitfaden。 ドルトムント。

Metcalf と Eddy、I. 1991 年。廃水工学の処理、廃棄、および再利用。 ニューヨーク: マグロウヒル。

ミラー、JM、A スーディン。 1994 年。WMO 地球大気監視システム。 Hvratski meteorolski casopsis 29:81-84。

ウムヴェルト省。 1993. Raumordnung Und Landwirtschaft Des Landes Nordrhein-Westfalen、Luftreinhalteplan
Ruhrgebiet West [Clean Air Implementation Plan West-Ruhr Area]。

Parkhurst, B. 1995. リスク管理方法、水環境および技術。 ワシントンDC:水環境連盟。

Pecor、CH。 1973年。ホートン湖の年間窒素およびリン予算。 ミシガン州ランシング:天然資源局。

Pielke、RA。 1984年。メソスケール気象モデリング。 オーランド:アカデミックプレス。

Preul、HC。 1964. 土壌中の窒素化合物の移動。 博士号論文、ミネソタ大学、ミネアポリス、ミネソタ州。

—。 1967. 窒素の地下移動。 巻。 1. ロンドン:国際水質協会。

—。 1972. 地下汚染の分析と制御。 水の研究。 J Int Assoc Water Quality (1141 月):1154-XNUMX。

—。 1974 年。Sunapee 湖流域における地下廃棄物処理の影響。 ニューハンプシャー州のスナピー湖保護協会の研究と報告、未発表。

—。 1981. 皮なめし工場廃水のリサイクル計画。 国際水資源協会。

—。 1991. 米国の水資源中の硝酸塩。 :水資源協会。

Preul、HC、および GJ Schroepfer。 1968年。土壌中の窒素化合物の移動。 J Water Pollut Contr Fed (XNUMX 月)。

リード、G、R ウッド。 1976.内陸水域と河口の生態学。 ニューヨーク:ヴァン・ノストランド。

Reish, D. 1979. 海洋および河口の汚染。 J Water Pollut Contr Fed 51(6):1477-1517。

ソーヤー、CN。 1947. 農業排水と都市排水による湖の肥沃化。 J New Engl Waterworks Assoc 51:109-127。

Schwela、DH、I Köth-Jahr。 1994. Leitfaden für die Aufstellung von Luftreinhalteplänen [クリーン エアー実施計画の実施に関するガイドライン]。 Landesumweltamt des Landes Nordrhein Westfalen。

オハイオ州。 1995 年。水質基準。 章で。 行政コードの 3745-1。 オハイオ州コロンバス: オハイオ州 EPA。

テイラー、ST。 1995. OMNI 日周モデルを使用して、根を張った植生が流入栄養素と溶存酸素のダイナミクスに与える影響のシミュレーション。 WEF年次会議の議事録。 バージニア州アレクサンドリア:水環境連盟。

米国とカナダ。 1987. 1978 年 18 月 1987 日に署名された議定書により修正された XNUMX 年の五大湖水質協定の改訂。ケベック州ハル: カナダ環境省の公的調査局。

ヴェンカットラム、A アンド J ウィンガード。 1988. 大気汚染モデリングに関する講義。 マサチューセッツ州ボストン:アメリカ気象学会。

ヴェンツィア、RA。 1977年。土地利用と交通計画。 ACスターンが編集した大気汚染。 ニューヨーク:アカデミックプレス。

Verein Deutscher Ingenieure (VDI) 1981. ガイドライン 3783、パート 6: 複雑な列車を介した汚染物質の地域分散。
風場のシミュレーション。 デュッセルドルフ: VDI.

—。 1985. ガイドライン 3781、パート 3: プルーム上昇の決定。 デュッセルドルフ: VDI.

—。 1992. ガイドライン 3782、パート 1: 大気質管理のためのガウス分散モデル。 デュッセルドルフ: VDI.

—。 1994. ガイドライン 3945、パート 1 (ドラフト): ガウス パフ モデル。 デュッセルドルフ: VDI.

—。 nd ガイドライン 3945、パート 3 (準備中): 粒子モデル。 デュッセルドルフ: VDI.

Viessman、W、GL Lewis、および JW Knapp。 1989年。水文学入門。 ニューヨーク:ハーパー&ロウ。

フォレンヴァイダー、RA。 1968. 湖と流れる水の富栄養化の科学的基礎、特に
富栄養化における窒素およびリン因子への言及。 パリ:OECD。

—。 1969. Möglichkeiten と Grenzen エレメンタラー Modelle der Stoffbilanz von Seen. Arch Hydrobiol 66:1-36。

ウォルシュ議員。 1992 年。自動車の排気ガス規制対策とその有効性の見直し。 D Mage と O Zali が編集した、自動車の大気汚染、公衆衛生への影響と対策。 ジュネーブ共和国および州: WHO-Ecotoxicology Service、公衆衛生局。

水環境連盟。 1995 年。公害防止と廃棄物最小化ダイジェスト。 バージニア州アレクサンドリア:水環境連盟。

世界保健機関 (WHO)。 1980. 大気汚染に関する用語集。 ヨーロピアン シリーズ、No. 9。コペンハーゲン: WHO 地域刊行物。

—。 1987年。ヨーロッパの大気質ガイドライン。 ヨーロピアン シリーズ、No. 23。コペンハーゲン: WHO 地域刊行物。

世界保健機関 (WHO) および国連環境計画 (UNEP)。 1994. GEMS/AIR 方法論レビュー ハンドブック シリーズ。 巻。 1-4. 都市大気質モニタリングにおける品質保険、ジュネーブ:WHO。

—。 1995a。 都市の大気質の傾向。 巻。 1-3. ジュネーブ: WHO.

—。 1995b. GEMS/AIR 方法論レビュー ハンドブック シリーズ。 巻。 5. GEMS/AIR 共同レビューのガイドライン。 ジュネーブ: WHO.

ヤマルティーノ、RJ、G ウィーガンド。 1986. 都市のストリート キャニオン内の流れ、乱流、および汚染物質濃度フィールドの単純なモデルの開発と評価。 アトモス エンビロン 20(11):S2137-S2156。